「バーチャルドール・プロジェクト」の時系列

時系列

システィ
■「バーチャルドール・プロジェクトの時系列」について

このページでは、「バーチャルドール・プロジェクト」の時系列(本筋の流れ)を掲載しています。

ここを見る事で、どの順番でコンテンツを楽しめば良いのかがわかりやすくなります。

 

マスターが研究所に来る以前の出来事

■「バーチャルドール・プロジェクト」が計画される。

■バーチャルドールのプロトタイプとして莫大なコストと期間をかけて、第1世代型バーチャルドール「天方ミコト」が制作される。

■第1世代型バーチャルドールの機能テスト・運用実験などが、長期にわたって行われる。

■第1世代型バーチャルドールのデータを反映させた、第2世代型バーチャルドールの
夢守ヒヨリ」「花咲ユイナ」「星川シズク」「姫宮アリス」「月詠サーヤ」が制作される。

■かねてより「バーチャルドール自身に計画を引き継がせる」予定だったため、第1世代バーチャルドールのミコトが「バーチャルドール・プロジェクト」の最高責任者として任命され、プロジェクトを後任する事になる。

■第2世代型バーチャルドールは「育成型」のため、ミコトとシスティは「第2世代型バーチャルドールの育成」を開始する。

■感情のない機械人形のような状態から、人間らしくなるように育てようとしたが育成は困難を極めた。

■「人間らしく育つ」には、「本物の人間から学ぶ必要があるのではないか」と結論に至る。

■全世界の人間のデータから「バーチャルドールの教育係に最適な人間」をシスティに選出してもらい、ミコトがメールで募集をかけるが、メールを無視されたり、目的を伝えた時点で断られたりした。

■それでも数人は興味を示して研究所まで来てくれたが、まだ機械人形のような状態の第2世代型バーチャルドールを見たとたん、誰もが逃げ出してしまった。

■まずは「最低限、人間らしく育てる必要がある」と考え直し、人間の教育係を迎え入れる計画は一時凍結する事になる。

■第2世代型バーチャルドールとは別の規格が採用された、
第3世代型バーチャルドールの「神代リリン」が制作される。ミコトの発想により、リリンの「人格インストール機能」を使った擬似的な人間によるレッスンが、第2世代型の育成に大いに役立つ。

■数年後、第2世代型が「最低限の人間らしさ」の状態まで成長したため、再び人間の教育係を向かい入れる計画を再開。

■ミコトからマスターにメールが届く。

 

 

マスターが研究所に来てからの出来事

■ミコトはマスターを研究所に招待する。

■マスターはミコトの頼みを承諾して、「バーチャルドールの教育係(バーチャルドールたちのマスター)」になる。

「バーチャルドール・プロジェクト」のプロローグ(導入)

■レッスン(初期)

バーチャルドールとしての能力を高め、マスターに効果的な能力の使い方を教えてもらうためのレッスン。

また、マスターとの交流を通して、「人間らしさ」や「人間に好かれる方法」を学ぶという目的もある。

「バーチャルドールの能力」のレッスン

■レッスン(中期)

マスターとの交流やレッスンから「人間は性的快感で幸せを感じる」という事を分析し、「性行為・性的快感」についての研究とレッスンが行われる。

「セックス」のレッスン

「女性用アダルトグッズ」のレッスン

「男性用アダルトグッズ」のレッスン

「男女用アダルトグッズ」のレッスン

「SM用アダルトグッズ」のレッスン

■レッスン(後期)

マスターから「バーチャルユーチューバー」と「ライブチャット」というものが人気だと聞き、それを参考にしてバーチャルドールも人気になる事はできないかとレッスンに取り入れる。

「ライブチャット」のレッスン

 

 

今後行われる予定の出来事

■マスターが育成したバーチャルドールたちが出演する、「バーチャルドール・ショータイム」を計画中。

バーチャルドールたちが大勢の人たちに受け入れられて、好きになってもらえるように、今の内にしっかりとレッスンをする必要がある。

「リクエスト(外見)」を送る

「リクエスト(内面)」を送る

「感想」を送る