【花咲ユイナ】セックスをする

レッスン(花咲ユイナ)
「セックスをする」について

バーチャルドールと「セックスのレッスン」を行います。
 

【使用例】
〇「追加要素:体位」と組み合わせる事で、いろんな体位でセックスしている状態になります。

「後背位」→「腟内に挿入する」→「ピストンする」

セックス(マスター主体)

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
マスターが主体で、ユイナとセックス(アナルセックス)をする。

【ミコトのミニ講座】
「追加要素:体位」を組み合わせる事で、正常位や後背位など、体位を変えてセックス(アナルセックス)ができるのじゃ。
いろいろ試してみると良いぞ。

ミコトのアダルト講座:「セックス」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○体位を変えて、セックス(アナルセックス)をする。
○キスをする。
○愛撫をする。
○アダルトグッズを使用する。
○お掃除フェラをしてもらう。

◆――――――――――――――――――――――◆

① オマンコに挿入する② アナルに挿入する
③ ゆっくりピストンする④ 激しくピストンする
⑤ 入口から奥まで一気に突く⑥ 弱い所を小刻みに攻める
⑦ ピストンをとめる⑧ 中から抜く

.

① オマンコに挿入する

私は、ユイナのオマンコにゆっくりとチンコを挿入していく。

中は温かく愛液で濡れていて、私のチンコをスムーズに受け入れてくれる。

ユイナ「うふふっ♥ マスターのオチンチンがユイナの中に入っちゃいましたね♥」

.

② アナルに挿入する

私は、ユイナのアナルにゆっくりとチンコを挿入する。

ローションで滑りを良くしているため、難なくユイナのアナルに入っていく。

ユイナ「うふふっ♥ なんだか不思議な感覚です♥」

.

③ ゆっくりピストンする

私はゆっくりと腰を動かしてピストンする。

ユイナの中はとても暖かくて柔らかく、快感よりも包み込まれている満足感がとても心地よい。

ユイナは微笑みながら、私が気持ち良さそうにしているのを穏やかに見守っている。

ユイナ「うふふっ♥ マスター、好きなだけ気持ち良くなってくださいね♥」

.

④ 激しくピストンする

私は激しく腰を動かしてピストンする。

ユイナのために優しくしなければと頭の中では思っているのだが、ユイナの中が気持ち良すぎるため、自然と腰が早くなっていってまう。

ユイナも呼吸が乱れて、感じてくれているのがわかり、さらに興奮と快感が増していく。

ユイナ「んっ……♥ んんっ……♥ いいんですよ……♥ マスターが気持ち良くなってくれたら……ユイナも嬉しいです……♥ ふぅ……ふぅ……♥」

.

⑤ 入口から奥まで一気に突く

私は入口から奥まで、一気にチンコを挿入する。

ユイナの柔らかい内壁に擦られ、チンコがビクンビクンと中で跳ねあがる。

その後すぐに、柔らかい内壁がきゅうっと包み込むように締め付けてきて、私は得も言われぬ快感にユイナに抱き着いてしまう。

ユイナ「ふぅ……ふぅ……♥ うふふっ♥ マスター、ユイナとっても幸せです♥」

.

⑥ 弱い所を小刻みに攻める

あまり感じている事を大きく表現しないユイナだが、弱い部分はちゃんとある事がわかる。

ユイナにも気持ち良くなってもらいたくて、そこを重点的に小刻みに攻める。

ユイナ「はぁん……♥ あっ……♥ はぁ~~ん……♥」

いつも穏やかに微笑んでいるユイナが今は余裕がなくなり、困り顔のようになって控え目な喘ぎ声を上げている。

その姿に、私は満足感を得ると共にとても興奮する。

.

⑦ ピストンをとめる

ユイナの中がとても気持ちが良く、このままではすぐに射精してしまいそうだと思い、一旦ピストンをとめる。

ユイナ「うふふっ♥ ユイナに気を使わないで、お好きなだけしてくださいね♥」

.

⑧ 中から抜く

私はユイナの中から、まだ固く反り立ったままのチンコをゆっくりと引き抜く。

ユイナの中が気持ち良すぎて、抜く時の刺激で危うく射精してしまいそうになった。

ユイナ「うふふっ♥ マスターのしたいようにしてくださいね♥」

セックス(ドール主体)

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナが主体で、ユイナとセックス(アナルセックス)をする。

【ミコトのミニ講座】
「追加要素:体位」を組み合わせる事で、正常位や後背位など、体位を変えてセックス(アナルセックス)ができるのじゃ。
いろいろ試してみると良いぞ。

ミコトのアダルト講座:「セックス」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○体位を変えて、セックス(アナルセックス)をする。
○キスをする。
○愛撫をする。
○アダルトグッズを使用する。
○お掃除フェラをしてもらう。

◆――――――――――――――――――――――◆

① オマンコに挿入する② アナルに挿入する
③ ゆっくりピストンする④ 激しくピストンする
⑤ 入口から奥まで一気に入れる⑥ 気持ちが良い所を小刻みに擦る
⑦ ピストンをとめる⑧ 中から抜く

.

① オマンコに挿入する

私はユイナに、自分でオマンコに挿入するように言う。

ユイナは私に気を使いながら、ゆっくりとオマンコに挿入していく。

ユイナ「うふふっ♥ マスターのオチンチン、入っちゃいましたね♥」

.

② アナルに挿入する

私のチンコをアナルにあてがうと、ユイナはゆっくりと挿入していく。

ローションで滑りが良くなっているため、飲み込まれるようにスムーズに入っていく。

ユイナ「うふふっ♥ 自分で入れるのは、なんだか恥ずかしいです♥」

.

③ ゆっくりピストンする

ユイナは、ゆっくりと腰を動かしてピストンする。

とてもゆったりとしたピストンで、ユイナの中で優しく撫でられているような気分になり、快感だけでなく、気持ちも癒される。

ユイナ「うふふっ♥ マスターのしてほしい事があったら、遠慮せずに言ってくださいね♥」

.

④ 激しくピストンする

私はユイナに、激しくピストンをしてみてほしいとお願いしてみる。

ユイナ「はい♥ がんばってみますね♪」

ユイナの感覚からすると激しくでも、一般的にはゆっくりなピストンは、それはそれでユイナの良さでもあるのかなと思う。

一生懸命ピストンしてくれている姿と、気持ち良くなってもらいたいという想いが伝わってきて、快感以上に心が満たされて満足する。

ユイナ「マスター、どうでしたか? 気持ち良くなってもらえましたか?」

.

⑤ 入口から奥まで一気に入れる

私はユイナに、入口から奥まで一気に挿入してみてほしいとお願いしてみる。

ユイナ「はい♥ やってみますね♪」

ユイナは入口から奥まで挿入する。

入口から奥までズンっと来るかと思いきや、私への配慮のためか、それともユイナのゆったりとしたテンポのためか、長いストロークでずにゅにゅにゅにゅ~っという感じだった。

思ったのと違ったが、すごく気持ち良かったので、これはこれで良い気がする。

ユイナ「マスター、どうでしたか? うまくできていましたか?」

.

⑥ 気持ちが良い所を小刻みに擦る

私はユイナに、自分が気持ちの良い所を小刻みに擦ってみてとお願いしてみる。

ユイナ「はい♥ やってみますね♪」

目を瞑って自分の気持ちの良い所を探って、ユイナ自身がここが気持ちが良いと思う所を何度も擦りつける。

ユイナ「ん……♥ ん……♥ はぁ……はぁ……♥ んぁっ……♥ ふぅ……ふぅ……♥」

自分のために快楽を求める事がなさそうなユイナが、自分のために快楽を得ている姿に、私はユイナの恥ずかしい秘め事を見てしまっているような気分になり、とても興奮する。

興奮と快感のため、思わずチンコがピクンピクンと反応してしまい、そのせいでユイナが閉じていた目を開いてしまう。

私と目が合うと、ユイナの顔はだんだんと赤くなっていく。

ユイナ「マスター、そんなにじっと見られてると恥ずかしいです♥」

.

⑦ ピストンをとめる

ユイナの中がとても気持ちが良く、このままではすぐに射精してしまいそうだと思い、私はユイナに言って一旦ピストンをとめてもらう。

ユイナ「うふふっ♥ 出したくなったら、いつでも出してくださいね♥」

.

⑧ 中から抜く

私はユイナに言って、ゆっくりとチンコを引き抜いてもらう。

ユイナの中が気持ち良すぎて、抜く時の刺激で危うく射精してしまいそうになってしまったた。

ユイナ「うふふっ♥ 遠慮せずに、何でも言ってくださいね♥」