【星川シズク】追加要素:ドールの反応

レッスン(星川シズク)
「追加要素:反応」について

「追加要素:反応」は、「バーチャルドールの反応」を追加するために用意しています。
 

【使用例】
〇「ローターを装着する」→「お出かけ」→「感じる」→「よろける」→「潮を吹く」

〇「手マンをする」→「イク」→「おもらしする」

お出かけ時の反応

① 足をもじもじさせる② よろける
③ しがみつく④ もたれかかる
⑤ 前かがみになる⑥ 突っ伏す
⑦ 座り込む⑧ しゃがみ込む

.

① 足をもじもじさせる

シズクは足をもじもじさせている。

私は少し心配になり、シズクに大丈夫かと尋ねる。

シズク「あっ……♥ あっ……♥」

.

② よろける

シズクがよろけたので、私はシズクの肩を抱いて支える。

私は少し心配になり、シズクに大丈夫かと尋ねる。

シズク「……んくっ……♥ あぁんっ……♥」

.

③ しがみつく

シズクは私の腕にしがみつく。

私は少し心配になり、シズクに大丈夫かと尋ねる。

シズク「……はぁ……はぁ……♥」

.

④ もたれかかる

シズクは私の肩にもたれかかる。

私は少し心配になり、シズクに大丈夫かと尋ねる。

シズク「……ふぅ……ふぅ……♥」

.

⑤ 前かがみになる

シズクはがくっと前かがみになる。

私は少し心配になり、シズクに大丈夫かと尋ねる。

シズク「……あぁっ♥ ……あぁ……あん……♥」

.

⑥ 突っ伏す

シズクは突っ伏した状態で、ピクンピクンと震えている。

私は少し心配になり、シズクに大丈夫かと尋ねる。

シズク「……はぁはぁ……♥ ……はぁはぁ……♥」

.

⑦ 座り込む

シズクは崩れるように座り込む。

私は少し心配になり、シズクに大丈夫かと尋ねる。

シズク「……あっ……♥ あんっ……♥ んんっ……♥」

私はシズクに手を貸して立たせる。

.

⑧ しゃがみ込む

シズクが急にしゃがみ込む。

私は少し心配になり、シズクに大丈夫かと尋ねる。

シズク「……ふぅ……ふぅ……♥ ふぅ~~~……♥ ふぅ~~~……♥」

深く呼吸をして気持ちを落ち着けた後、シズクはさしのべた私の手を取ってゆっくりと立ち上がる。

快感時の反応

① 感じる(軽)② 感じる(激)
③ イク(軽)④ イク(激)
⑤ 挿入中にイク(軽)⑥ 挿入中にイク(激)
⑦ 潮を吹く⑧ おもらしする

.

① 感じる(軽)

シズクは身を縮めるようにして、小刻みに体を震わせる。

シズク「あんっ……♥ あぁん……♥」

.

② 感じる(激)

シズクは快感から逃れるように、何度も大きく身をよじらせる。

シズク「あっ♥ あぁ~♥ んあぁぁんっ♥ あっあっあぁ~♥ もうダメ! もうダメ~!」

.

③ イク(軽)

シズクは身を縮めるようにして、ピクンッピクンッと体を小さく震わせてイク。

シズク「あっ♥ あぁぁあんっ♥ ……はぁ……はぁ……♥ マスター、あまりこっちを見るなぁ~……」

.

④ イク(激)

シズクは体を反らすようにして、ビクンッビクンッと体を跳ねさせてイク。

シズク「あぁぁんっ♥ んぁあぁぁぁ~っ♥ ……はぁ……はぁ……♥ ……はぁ……はぁ……♥ マスター……、少し休ませて……。……はぁ……はぁ……♥」

.

⑤ 挿入中にイク(軽)

シズクの中がひくひくと痙攣した後、きゅ~っと締め付けてくる。

ピクンピクンとシズクの体が震える。

シズク「んんっ♥ あぁ~っ♥」

.

⑥ 挿入中にイク(激)

シズクの中がひくひくと何度も激しく痙攣した後、ぎゅーっと強く締め付けてくる。

仰け反った状態で、びくんびくんとシズクの体が跳ね上がる。

シズク「あっ♥ あぁっ♥ あぁっあぁぁぁ~っ♥」

.

⑦ 潮を吹く

シズクはイクと同時に、ぷしゅっぷしゅっと勢い良く潮を吹く。

シズク「ひっ……♥ いっ……♥ あっあっあぁぁ~……♥」

.

⑧ おもらしする

シズクは快感で体の力が抜けてしまったのか、おもらしをしてしまう。

シズク「あぁ~♥ ダメっ! それ以上はダメっ! あぁっ……♥ あぁ~~……♥」

私もシズクも、おしっこでビショ濡れになってしまった。

シズク「……だから、ダメって言ったのに……。マスターのバカ……」

私は大丈夫だよと言ってシズクを安心させてから、システィさんに片づけてもらった。

その他

① 相談される 

.

① 相談される

私は、シズクが悩んでいる様子なので、どうしたのかと尋ねてみる。

シズク「……マスター、恥ずかしがるクセを治すには……どうしたらいいのか教えてくれ……」

真剣に悩んでいるようなので、恥ずかしがりなのは悪い事ではなく、それは魅力とも言えると、私も真剣に答える。

シズク「でも治したいんだ……! 恥ずかしくてできないと、レッスンにも支障が出てしまう……」

私は、これからは恥ずかしがるクセを治す事も考えて、レッスンをしていこうと言う。

シズク「本当かマスター! すごく頼りにしてるぞ!」