【月詠サーヤ】追加要素:ドールの反応

レッスン(月詠サーヤ)

 

■「追加要素:反応」について

「追加要素:反応」は、「バーチャルドールの反応」を追加するために用意しています。

 

【使用例】
〇「ローターを装着する」→「お出かけ」→「感じる」→「よろける」→「潮を吹く」

〇「手マンをする」→「イク」→「おもらしする」

 

お出かけ時の反応

① 足をもじもじさせる ② よろける
③ しがみつく ④ もたれかかる
⑤ 前かがみになる ⑥ 突っ伏す
⑦ 座り込む ⑧ しゃがみ込む

.

① 足をもじもじさせる

 

サーヤは足をもじもじさせている。

 

私は少し心配になり、サーヤに大丈夫かと尋ねる。

 

サーヤ「んふっ♥ マスターにいじめられてるみたいで、すっごく興奮してきちゃう……♥」

 

.

② よろける

 

サーヤがよろけたので、私はサーヤの肩を抱いて支える。

 

私は少し心配になり、サーヤに大丈夫かと尋ねる。

 

サーヤ「んふっ♥ マスター♥ 実は、もう何度もイッちゃってるの……♥」

 

.

③ しがみつく

 

サーヤは私の腕にしがみつく。

 

私は少し心配になり、サーヤに大丈夫かと尋ねる。

 

サーヤ「マスター、サーヤもうイキすぎて立ってられないよぅ~♥」

 

.

④ もたれかかる

 

サーヤは私の肩にもたれかかる。

 

私は少し心配になり、サーヤに大丈夫かと尋ねる。

 

サーヤ「ねぇ、マスター……♥ ここでいいからサーヤを気持ち良くしてほしいな……♥」

 

.

⑤ 前かがみになる

 

サーヤはがくっと前かがみになる。

 

私は少し心配になり、サーヤに大丈夫かと尋ねる。

 

サーヤ「大丈夫、大丈夫♥ 軽くイッちゃっただけだから♥」

 

.

⑥ 突っ伏す

 

サーヤは突っ伏した状態で、ピクンピクンと震えている。

 

私は少し心配になり、サーヤに大丈夫かと尋ねる。

 

サーヤ「ねぇ、マスター♥ サーヤ、もうエッチな事しか考えられなくなっちゃってるの~♥」

 

.

⑦ 座り込む

 

サーヤは崩れるように座り込む。

 

私は少し心配になり、サーヤに大丈夫かと尋ねる。

 

サーヤ「サーヤ、すっごくイっちゃったから、ひとりじゃ立てな~い♥」

 

私はサーヤに手を貸して立たせる。

 

.

⑧ しゃがみ込む

 

サーヤが急にしゃがみ込む。

 

私は少し心配になり、サーヤに大丈夫かと尋ねる。

 

サーヤ「あっ♥ あっ♥ 今、イッてるの~♥ イクの終わるまで少しだけ待って~♥」

 

深く呼吸をして気持ちを落ち着けた後、サーヤはさしのべた私の手を取ってゆっくりと立ち上がる。

 

 

快感時の反応

① 感じる(軽) ② 感じる(激)
③ イク(軽) ④ イク(激)
⑤ 挿入中にイク(軽) ⑥ 挿入中にイク(激)
⑦ 潮を吹く ⑧ おもらしする

.

① 感じる(軽)

 

サーヤはいやらしい顔で、私を見つめてくる。

 

サーヤ「あ~ん♥ マスター、気持ち良い~♥」

 

.

② 感じる(激)

 

サーヤは恍惚とした表情をして、快感を楽しんでいる。

 

サーヤ「あっ♥ 気持ち良すぎて♥ イッちゃいそう~♥」

 

.

③ イク(軽)

 

サーヤは軽く体を震わせた後、楽しそうにする。

 

サーヤ「んふっ♥ 軽くイッちゃった♥」

 

.

④ イク(激)

 

サーヤは体を反らすようにして、ビクンッビクンッと体を跳ねさせてイク。

 

サーヤ「あんっ♥ あっ♥ イクっ♥ イッちゃう~♥ イッちゃうの~♥」

 

.

⑤ 挿入中にイク(軽)

 

サーヤのオマンコがひくひくと痙攣した後、きゅ~っと締め付けてくる。

 

サーヤ「んふっ♥ マスターのオチンチンが気持ち良くて、サーヤ、イっちゃった~♥」

 

サーヤは満足そうな顔で笑う。

 

.

⑥ 挿入中にイク(激)

 

サーヤのオマンコがひくひくと何度も激しく痙攣した後、ぎゅーっと強く締め付けてくる。

 

仰け反った状態で、びくんびくんとサーヤの体が跳ね上がる。

 

サーヤ「あぁ~んっ♥ あっ♥ イクぅ~♥ もぅ、マスターのオチンチンだ~い好き♥」

 

.

⑦ 潮を吹く

 

サーヤはイクと同時に、ぷしゅっぷしゅっと勢い良く潮を吹く。

 

サーヤ「んふっ♥ すっごぉ~い♥ あっ♥ あっ♥ まだ出るぅ~♥」

 

.

⑧ おもらしする

 

サーヤ「あっ♥ あっ♥ マスター、サーヤの恥ずかしい姿見て~♥ 出ちゃうの~♥」

 

言うと、サーヤはおもらしをしてしまう。

 

私もサーヤも、おしっこでビショ濡れになってしまった。

 

サーヤ「ごめんね、マスター♥ マスターがおしっこしたくなった時は、サーヤが飲んであげるから許して~♥」

 

私は飲まなくていいよと呆れて言うと、システィさんに片づけてもらった。

 

 

その他

① 襲いたい気分 ② 襲われたい気分

.

① 襲いたい気分

 

さっきから、サーヤがものすごくいやらしい顔で私の事を見ている。

 

サーヤ「ねぇねぇ、マスター♥ サーヤ、今すっご~く発情してるんだけど~♥」

 

ぎゅ~っと私に抱き着いてくるサーヤは、胸をむにゅっと押し付けながら、私の股間に腹部をグリグリと刺激してくる。

 

サーヤ「マスターの事、襲っちゃってもいい~?」

 

.

② 襲われたい気分

 

さっきから、サーヤがものすごくいやらしい顔で私の事を見ている。

 

サーヤ「ねぇねぇ、マスター♥ サーヤ、今すっご~く発情してるんだけど~♥」

 

足をもじもじさせて腰をくねらせながら、上目遣いで私を見てくる。

 

サーヤ「マスターに、めちゃくちゃに襲われたいな~♥」