【風舞アスカ】追加要素:ドールの反応

レッスン(姫宮アリス)
「追加要素:反応」について

「追加要素:反応」は、「バーチャルドールの反応」を追加するために用意しています。
 

【使用例】
〇「ローターを装着する」→「お出かけ」→「感じる」→「よろける」→「潮を吹く」

〇「手マンをする」→「イク」→「おもらしする」

お出かけ時の反応

① 足をもじもじさせる② よろける
③ しがみつく④ もたれかかる
⑤ 前かがみになる⑥ 突っ伏す
⑦ 座り込む⑧ しゃがみ込む

.

① 足をもじもじさせる

アスカは足をもじもじさせている。

私は少し心配になり、アスカに大丈夫かと尋ねる。

アスカ「マスター……、後で覚えてなさいよね♥」

.

② よろける

アスカがよろけたので、私はアスカの肩を抱いて支える。

私は少し心配になり、アスカに大丈夫かと尋ねる。

アスカ「誰のせいでこんな事になってるのか……、わかってるわよね♥」

.

③ しがみつく

アスカは私の腕にしがみつく。

私は少し心配になり、アスカに大丈夫かと尋ねる。

アスカ「こんな事してタダで済むと思ってないわよね……♥ 後でお仕置きしてあげるわ……♥」

.

④ もたれかかる

アスカは私の肩にもたれかかる。

私は少し心配になり、アスカに大丈夫かと尋ねる。

アスカ「レッスンを終了させて、今すぐマスターを襲ってやろうかしら♥」

.

⑤ 前かがみになる

アスカはがくっと前かがみになる。

私は少し心配になり、アスカに大丈夫かと尋ねる。

アスカ「……お仕置きを楽しみにしてなさいよ♥」

.

⑥ 突っ伏す

アスカは突っ伏した状態で、ピクンピクンと震えている。

私は少し心配になり、アスカに大丈夫かと尋ねる。

アスカ「ねぇ、マスター……♥ 痛~いお仕置きがいいかしら……♥ 気持ち良~いお仕置きがいいかしら……♥」

.

⑦ 座り込む

アスカは崩れるように座り込む。

私は少し心配になり、アスカに大丈夫かと尋ねる。

アスカ「……もう、レッスンが終わったら、一晩中付き合ってもらうから、覚悟してなさいよ♥」

私はアスカに手を貸して立たせる。

.

⑧ しゃがみ込む

アスカが急にしゃがみ込む。

私は少し心配になり、アスカに大丈夫かと尋ねる。

アスカ「マスターがこんなにしたんだから……、後でちゃんと責任取りなさいよ……♥」

深く呼吸をして気持ちを落ち着けた後、アスカはさしのべた私の手を取ってゆっくりと立ち上がる。

快感時の反応

① 感じる(軽)② 感じる(激)
③ イク(軽)④ イク(激)
⑤ 挿入中にイク(軽)⑥ 挿入中にイク(激)
⑦ 潮を吹く⑧ おもらしする

.

① 感じる(軽)

アスカは身を縮めるようにして、小刻みに体を震わせる。

アスカ「あっ♥ あっ♥ あんっ♥」

.

② 感じる(激)

アスカは快感から逃れるように、何度も大きく身をよじらせる。

アスカ「あんっ♥ んっんんっ♥ あぁんっ♥」

.

③ イク(軽)

アスカは身を縮めるようにして、ピクンッピクンッと体を小さく震わせてイク。

アスカ「あっ♥ あっ……♥ もう、軽くイっただけじゃない♥」

.

④ イク(激)

アスカは体を反らすようにして、ビクンッビクンッと体を跳ねさせてイク。

アスカ「あんっ♥ あぁんっ♥ ヤバっ♥ イキそう♥ あっ♥ イク、イク、イっクぅ~~♥」

.

⑤ 挿入中にイク(軽)

アスカのオマンコがひくひくと痙攣した後、きゅ~っと締め付けてくる。

ピクンピクンとアスカの体が震える。

アスカ「あぁんっ♥ あぁっ♥ あっあっ♥」

.

⑥ 挿入中にイク(激)

アスカのオマンコがひくひくと何度も激しく痙攣した後、ぎゅーっと強く締め付けてくる。

仰け反った状態で、びくんびくんとアスカの体が跳ね上がる。

アスカ「あぁっ♥ あぁっ♥ すごっ♥ イクっ、イクっ、イっクぅ~~♥」

.

⑦ 潮を吹く

アスカはイクと同時に、ぷしゅっぷしゅっと勢い良く潮を吹く。

アスカ「あっ♥ あっ♥ あぁっ♥ あぁ……♥」

.

⑧ おもらしする

アスカは快感で体の力が抜けてしまったのか、おもらしをしてしまう。

アスカ「あっ、あぁっ、ヤバっ♥ 出るっ、出ちゃう……♥」

私もアスカも、おしっこでビショ濡れになってしまった。

アスカ「もう、なに興奮してんのよ♥ ドスケベ、ヘンターイ♥ さっさと片づけてよ。それともマスターが舐めてキレイにしてくれるの?」

私は慌てて、システィさんに片づけてもらった。

その他

① ご褒美をあげる② お仕置きをしてあげる

.

① ご褒美をあげる

アスカ「あはっ♥ マスター、可愛くてたまらないわ♥」

私を見つめながら、アスカは高揚する。

アスカ「ご褒美は何がいいかしら♥」

.

② お仕置きをしてあげる

アスカ「あ~あ、ダメじゃない♥ これはお仕置き決定ね♥」

私を見つめながら、アスカはほくそ笑む。

アスカ「どんなお仕置きをしようかしら♥」