【花咲ユイナ】家編(日常)

【タイトル画像】花咲ユイナ

 

■「家編」について

バーチャルドールと「家の中で一緒に生活するレッスン」を行います。

 

【主な目的】

○バーチャルドールに、人間らしい生活や習慣をレッスンするため。

○人間であるマスターとバーチャルドールが、お互いの事を理解し交流するため。

 

起床

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナと一緒に起床する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 起こす ② 起こされる

.

① 起こす

 

私はユイナに声をかけて起こす。

 

ユイナは寝起きがとても良く、すぐに目を覚まして微笑む。

 

ユイナ「マスター、おはようございます~♪ うふふ。お布団気持ち良いですね~。 2度寝しちゃいそうです~♪」

 

布団にくるまって幸せそうにしているユイナを見ていると、私まで布団に入って2度寝したくなってしまう。

このままユイナとまったり会話をしていると、誘惑に負けてしまいそうになるのでユイナに起きるように促す。

 

ユイナ「はい、マスター。今日も一日がんばりましょうね♪」

 

.

② 起こされる

 

ユイナ「マスター、起きる時間ですよ~。起きてくださ~い♪」

 

柔らかいユイナの手で包まれるように、両頬を優しく撫でられる。

 

ユイナの優しい起こし方と穏やかな声が心地よく、むしろ寝入ってしまいそうになる。

 

起きろ、自分。と何度も言い聞かせて起きようとするが、まだ眠気が強くて体が言う事を聞かない。

 

しばらく一人で葛藤していると布団をめくられ、ユイナに抱き起こされている感覚がする。

 

ユイナ「うふふ。マスターは大きな赤ちゃんみたいですね~♪」

 

あ、これはヤバイ。すぐに起きないと、とても恥ずかしい事になってる! と一気に目が覚める。

 

もう起きたから大丈夫と言って、抱き起こされてる状態からすぐに解放してもらう。

 

ユイナ「うふふ。マスター、おはようございます♪」

 

 

食事

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナと一緒に食事をする。
(通常は食事をする必要はないが、人間の習慣を学ぶために食事をする設定になっている)

◆――――――――――――――――――――――◆

① 朝食を一緒に食べる ② 昼食を一緒に食べる
③ 夕食を一緒に食べる

.

① 朝食を一緒に食べる

 

ユイナ「いただきます♪」

 

私としては朝は何も食べなくても平気なのだが、ユイナに「朝食は食べなくても大丈夫」と教えてしまうのもレッスンとして問題があるような気がして、一緒に食べている内に朝食をしっかり食べる習慣が付いた。

 

ユイナ「うふふ。マスターと一緒に朝ご飯を食べていると、なんだかほっこりとした気持ちになっちゃいます♪」

 

ユイナと一緒に食べると、とてもおいしく感じられる。

 

.

② 昼食を一緒に食べる

 

ユイナ「いただきます♪」

 

リアルの私は、昼食はどうしても買ってきたパンや弁当になりがちなのだが、これはレッスンなので、買ってきたもので簡単に済ませてしまうのもどうかと思って、ユイナと作ったものを食べている。

 

ユイナ「マスター、料理がおいしくできると、とっても嬉しくなりますね♪」

 

ユイナと一緒に作っている時も食べている時も、とても楽しいため苦にならない。

 

.

③ 夕食を一緒に食べる

 

ユイナ「いただきます♪」

 

私は栄養面をあまり気にした事がなかったのだが、ユイナにしっかりとしたレッスンをしてあげたいという思いから、ちゃんと栄養面も考えるようになった。

 

ユイナ「心も体も元気になれるなんて『食べる』って本当に大切な事なんですね♪ マスターと一緒にいると、知らなかった事をたくさん知る事ができます♪」

 

ユイナと料理について話すのも、会話の話題のひとつになってなかなか楽しい。

 

 

家事

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナと一緒に家事をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 料理を一緒にする ② 掃除を一緒にする
③ 洗濯を一緒にする

.

① 料理を一緒にする

 

ユイナ「ユイナに任せて、マスターはゆっくりしていてもいいんですよ?」

 

そう言ってくれるのは嬉しいのだが、ミコトさんからの依頼書には「一緒に」と書かれているため、そういうわけにもいかないと、二人で一緒に料理をする。

まぁ、いつも作業の配分的に、私はお手伝いといった感じになってしまうのだが。

 

ユイナ「うふふ。ありがとうございます♪」

 

.

② 掃除を一緒にする

 

ユイナ「マスター、どうしたんですか?」

 

とても丁寧で手際の良い、完璧といったユイナの掃除に見とれていたので、そう伝えるとユイナは照れて微笑む。

 

ユイナ「うふふ。マスターに褒めてもらえて嬉しいです♪」

 

ここはユイナに任せて、私は水回りの掃除をしてくると伝える。

 

ユイナ「はい♪ ここはお任せください♪」

 

.

③ 洗濯を一緒にする

 

手際よく家事をこなしてしまうユイナに任せてばかりではいけないと、私は張り切って洗濯物を干していく。

 

手に取ったものを干そうとすると、それがユイナの下着だったため、気にせず干した方が良いのか、そっと洗濯物カゴに戻した方が良いのか、しばし考えてしまう。

 

ユイナ「そんなにじっくり見られると、少し恥ずかしいです~♪」

 

私は謝って、ユイナに下着を渡した。

 

 

お風呂

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナにお風呂に入る習慣を付けさせる。
(通常はキャラメイクをすればキレイになれるが、人間の習慣を学ぶためにお風呂に入る)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① マスターが先に風呂に入る ② ドールが先に風呂に入る
③ 風呂に入ってたらドールが入ってきた ④ 出て行ってもらう
⑤ 風呂に入ろうとしたらドールがいた ⑥ 謝ってすぐに出る

.

① マスターが先にお風呂に入る

 

ユイナ「マスター、お風呂が沸きましたよ~♪」

 

私はやっていた作業の手をとめて、ユイナに先にお風呂に入るかと尋ねる。

 

ユイナ「ユイナはマスターが入った後に入らせていただきます♪ どうぞマスターが先に入ってくださいね♪」

 

「一番風呂は良いもの」という認識になっているようで、いつも私に一番風呂を譲ってくれようとする。

 

ユイナの心遣いに感謝して、先に入らせてもらう事にする。

 

.

② ドールが先にお風呂に入る

 

ユイナ「マスター、お風呂が沸きましたよ~♪」

 

私は今やっている作業がまだ終わりそうにないため、先にユイナに入ってもらうように伝える。

 

ユイナ「はい、わかりました♪ お先に入らせていただきますね♪」

 

.

③ 風呂に入ってたらドールが入ってきた

 

体を洗ってると急に風呂のドアが開いたので、振り向いてドアの方を確認したのだが、私は驚きのあまり硬直してしまう。

 

そこには、一糸まとわぬ裸のユイナが立っていた。

 

ユイナ「マスター、お背中を流しますね~♪」

 

.

④ 出て行ってもらう

 

とても目のやり場に困るため、私はユイナが視界に入らないように反対の方を向く。

 

ひとりでゆっくり風呂に入るのが好きなんだと適当な言い訳をして、ユイナには出て行ってもらう事にする。

 

ユイナ「うふふ。恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ♪ もし背中を流してほしくなったら、いつでも言ってくださいね~♪」

 

恥ずかしそうにする私を察して、すぐに出ていってくれた

 

.

⑤風呂に入ろうとしたらドールがいた

 

長い事物音が聞こえず静かだったため、ユイナはもう風呂から上がっていると思い込んでしまっていたが、風呂のドアを開けると半身浴をしているユイナが浴槽にいた。

 

ユイナ「あっ、ゆっくり入りすぎてしまったようですね♪ うふふ。折角ですので、お背中を流しましょうか♪」

 

まさかユイナがまだいるとは思っていなかったので、驚きのあまり私は硬直してしまう。

 

.

⑥ 謝ってすぐに出る

 

ユイナ「マスター、お背中を流しますので、中に入って座ってくださいね~♪」

 

やっと状況を飲み込めた私は、ごめんと言って慌てて風呂場から出た。

 

 

トイレ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナにトイレの使い方を教えて、習慣を付けさせる。
(通常は排泄する事はないが、人間の習慣を学ぶために排泄する設定になっている)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① トイレのドアを開けたらドールがいた ② 謝ってすぐにドアを閉める

.

① トイレのドアを開けたらドールがいた

 

急に催してトイレに駆け込んだのだが、私は驚きのあまり硬直してしまう。

ユイナがトイレの最中だったのだ。

 

ユイナ「あらあら~。鍵をかけ忘れていたみたいです~♪」

 

ユイナは恥ずかしそうに微笑む。

 

.

② 謝ってすぐにドアを閉める

 

ユイナ「あ、すぐに済ませて出ますので、外で少しだけ待っててくださいね~♪」

 

何とも気まずい状況にも関わらず、ユイナは私の事を気遣ってくれる。

 

私はごめんと謝って、すぐにトイレのドアを閉めた。

 

 

着替え

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナに人間と同じ着替え方を教えて、習慣を付けさせる。
(通常はキャラメイクで瞬時に衣装替えできるが、人間の習慣を学ぶために着替えている)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① ドールが同じ部屋で着替える ② ドールが着替え中だった

.

① ドールが同じ部屋で着替える

 

ユイナが着替える時は、「着替えますね~」と一言いってから、私の視界に入らない後ろの方で着替える。

 

それが恥じらっているように感じて、返ってドキドキしてしまう。

 

最初の頃、ユイナは気にせずに着替えようとするため、その度に裸を見てしまった私が、ごめんと謝って後ろを向いていた。

その結果、ユイナは私に気を使って着替えてくれるようになった。

 

ユイナ「は~い。着替え終わりましたよ~♪」

 

.

② ドールが着替え中だった

 

部屋に入って明かりをつけると、ユイナが着替えの最中だった。

 

ごめんと言って部屋を出ようとする私を、ユイナが止める。

 

ユイナ「ユイナに気を使わないで、どうぞ入ってくださいね♪ ここはマスターの家なんですから♪」

 

私はあまりユイナの方を見ないようにして、後ろ向きに座った。

 

 

就寝

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナと一緒に就寝する。
(通常は睡眠を取る必要はないが、人間の習慣を学ぶために睡眠が必要な設定になっている)

◆――――――――――――――――――――――◆

① マスターが寝る事を促す ② ドールが寝る事を促す
③ マスターが寝れない ④ ドールが先に寝た

.

① マスターが寝る事を促す

 

気が付けば、もう寝た方が良い時間になっていた。

私はユイナに、そろそろ寝ようかと声をかける。

 

ユイナ「はい♪ マスター、とても眠そうですね♪」

 

ちゃんとユイナが布団に入った事を確認すると、私は明かりを消して布団に入る。

 

ユイナ「おやすみなさい、マスター」

 

.

② ドールが寝る事を促す

 

ユイナ「マスター、寝なくても大丈夫ですか? 夜更かししすぎると、健康に良くないですよ」

 

気が付けば、もう寝た方が良い時間になっていた。

私はユイナに、そろそろ寝ようと声をかける。

 

ちゃんとユイナが布団に入った事を確認すると、私は明かりを消して布団に入る。

 

ユイナ「おやすみなさい、マスター」

 

.

③ マスターが寝れない

 

なかなか眠る事ができなくて、私は寝返りを繰り返す。

 

ユイナ「眠れないんですか?」

 

疲れていると思うのに、なぜか寝付けなくてと答える。

 

ユイナ「疲れなどで気が張ってるのかもしれませんね~。リラックスするために子守歌なんていかがでしょう?」

 

少し気恥ずかしい気がしたが、ユイナの好意に甘えたくなってお願いした。

ユイナの穏やかな声の子守歌がとても心地よい。

 

ユイナの優しさに、ありがとうと伝えて目を瞑る。

 

.

④ ドールが先に寝た

 

先に寝付いたらしいユイナは、規則正しい寝息を立てている。

 

ユイナは寝相がとても良く、寝た時の姿からあまり動く事がない。

たまに、うふふっと楽しそうに微笑む事があるのだが、幸せな夢でもみているのだろう。