【星川シズク】家編(日常)

【タイトル画像】星川シズク

 

■「家編」について

バーチャルドールと「家の中で一緒に生活するレッスン」を行います。

 

【主な目的】

○バーチャルドールに、人間らしい生活や習慣をレッスンするため。

○人間であるマスターとバーチャルドールが、お互いの事を理解し交流するため。

 

起床

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクと一緒に起床する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 起こす ② 起こされる

.

① 起こす

 

布団を抱き枕のように丸めて、両手両足で抱き着いた格好で寝ているシズクを、私は声をかけて起こす。

 

シズク「う~ん……んん~……」

 

ぎゅ~っと布団を抱き締める力を強めて、シズクは布団に顔をすりすりする。

 

私はシズクの腕をトントンと叩きながら、起きなさいともう一度声をかける。

 

少しけだる気にむくりと体を起こしたシズクは、まだ眠そうに目をこすりながら、ぼ~っとした無防備な顔をしている。

 

シズク「マスター、おはよう~……」

 

.

② 起こされる

 

シズク「マスター、起きてくれ。昨日、マスターが起こしてくれと言っていた時間だぞ」

 

まだしっかり目が覚めない私は、あと5分とシズクに言う。

 

シズク「あと5分待っても、また5分と言うのだろう? 横になったままだから頭が覚めないんだ。ほら、座って」

 

シズクに半ば強引に座らされるが、ぼ~っとしているためシズクにもたれかかってしまう。

 

シズク「わわっ! そんな、抱き着かれると困る……」

 

 

食事

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクと一緒に食事をする。
(通常は食事をする必要はないが、人間の習慣を学ぶために食事をする設定になっている)

◆――――――――――――――――――――――◆

① 朝食を一緒に食べる ② 昼食を一緒に食べる
③ 夕食を一緒に食べる

.

① 朝食を一緒に食べる

 

シズク「それでは、いただきます」

 

私としては朝は何も食べなくても平気なのだが、シズクに「朝食は食べなくても大丈夫」と教えてしまうのもレッスンとして問題があるような気がして、一緒に食べている内に朝食をしっかり食べる習慣が付いた。

 

シズク「バーチャルでの食事も、おいしいと感じれば心の元気につながるらしい。バーチャルドールのシズクたちも食べる習慣をつけると良いかもしれないな」

 

シズクと一緒に食べると、とてもおいしく感じられる。

 

.

② 昼食を一緒に食べる

 

シズク「それでは、いただきます」

 

リアルの私は、昼食はどうしても買ってきたパンや弁当になりがちなのだが、これはレッスンなので、買ってきたもので簡単に済ませてしまうのもどうかと思って、シズクと作ったものを食べている。

 

シズク「バーチャルドールと人間の味覚って違いがあるのか気になっていたけど、マスターと同じものを食べていて感想を言い合っていると、違いがないって事がわかって安心する」

 

シズクと一緒に作っている時も食べている時も、とても楽しいため苦にならない。

 

.

③ 夕食を一緒に食べる

 

シズク「それでは、いただきます」

 

私は栄養面をあまり気にした事がなかったのだが、シズクにしっかりとしたレッスンをしてあげたいという思いから、ちゃんと栄養面も考えるようになった。

 

シズク「人間は栄養のために、苦手なものでも我慢して食べるんだな。がんばってる感じが、とても好感が持てる」

 

シズクと料理について話すのも、会話の話題のひとつになってなかなか楽しい。

 

 

家事

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクと一緒に家事をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 料理を一緒にする ② 掃除を一緒にする
③ 洗濯を一緒にする

.

① 料理を一緒にする

 

シズク「おいしくできているか、マスターにも味見してほしい」

 

味見をして、おいしいと伝えると安心して笑顔になる。

 

シズク「よかった。マスターにおいしいと言ってもらえると安心する」

 

シズクはいつも真面目に努力してがんばるので、ちゃんとできているのだが、あまり自分に自信がないようなので、うまくできていたらちゃんと褒めて、自信が持てるようにしてあげたいと思う。

 

.

② 掃除を一緒にする

 

真面目なシズクは、掃除もキッチリ丁寧にやるため、文句の付け所もないと言った感じだ。

 

シズク「マスター、さっきから手が止まってないか? ちゃんとやらないとシズクが全部やってしまうぞ」

 

正直に、掃除をするシズクに見とれていたと理由を話すと、シズクは顔を赤くする。

 

シズク「あ、あまり見ないでくれ! 掃除に集中できなくなってしまうじゃないか……」

 

.

③ 洗濯を一緒にする

 

真面目にテキパキと洗濯物を干していくシズクを手伝って、私は洗濯物をカゴから取り出してシズクに渡していく。

 

シズクの下着を手に取ってしまったが、私は全く気にしてないという素ぶりでシズクに手渡す。

 

シズク「あ……」

 

顔を真っ赤にしながら、あきらかに動揺した様子で下着を受け取る。

 

次の洗濯物までの少しの間、妙な空気が流れた。

 

 

お風呂

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクにお風呂に入る習慣を付けさせる。
(通常はキャラメイクをすればキレイになれるが、人間の習慣を学ぶためにお風呂に入る)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① マスターが先に風呂に入る ② ドールが先に風呂に入る
③ 風呂に入ってたらドールが入ってきた ④ 出て行ってもらう
⑤ 風呂に入ろうとしたらドールがいた ⑥ 謝ってすぐに出る

.

① マスターが先にお風呂に入る

 

シズク「マスター、お風呂が沸いたぞ」

 

私はやっていた作業の手をとめて、シズクに先にお風呂に入るかと尋ねる。

 

シズク「マスターには、ぜひ一番風呂に入ってほしい。シズクはマスターの後で構わないよ」

 

「一番風呂は良いもの」という認識になっているようで、いつも私に一番風呂を譲ってくれようとする。

 

シズクの心遣いに感謝して、先に入らせてもらう事にする。

 

.

② ドールが先にお風呂に入る

 

シズク「マスター、お風呂が沸いたぞ」

 

私は今やっている作業がまだ終わりそうにないため、先にシズクに入ってもらうように伝える。

 

シズク「そうか。今日は、シズクが一番風呂に入らせてもらうとしよう」

 

.

③ 風呂に入ってたらドールが入ってきた

 

体を洗ってると急に風呂のドアが開いたので、振り向いてドアの方を確認したのだが、私は驚きのあまり硬直してしまう。

 

そこには、一糸まとわぬ裸のシズクが立っていた。

 

シズク「あわわわっ……! 違うんだ、静かだからいないと思って……!」

 

.

④ 出て行ってもらう

 

とても目のやり場に困るため、私はシズクが視界に入らないように反対の方を向く。

 

ひとりでゆっくり風呂に入るのが好きなんだと適当な言い訳をして、シズクには出て行ってもらう事にする。

 

シズク「勘違いしないでくれ! マスターと一緒に入りたかったわけじゃなくて……。わ、わざとじゃないから~っ!」

 

顔を真っ赤にしながら、シズクは急いで出ていった。

 

.

⑤風呂に入ろうとしたらドールがいた

 

長い事物音が聞こえず静かだったため、シズクはもう風呂から上がっていると思い込んでしまっていたが、風呂のドアを開けると半身浴をしているシズクが浴槽にいた。

 

シズク「えっ? マスター!? なななな、なんで!?」

 

まさかシズクがまだいるとは思っていなかったので、驚きのあまり私は硬直してしまう。

 

.

⑥ 謝ってすぐに出る

 

シズク「マスター……、あまりじっと見られると困るのだが……」

 

やっと状況を飲み込めた私は、ごめんと言って慌てて風呂場から出た。

 

 

トイレ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクにトイレの使い方を教えて、習慣を付けさせる。
(通常は排泄する事はないが、人間の習慣を学ぶために排泄する設定になっている)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① トイレのドアを開けたらドールがいた ② 謝ってすぐにドアを閉める

.

① トイレのドアを開けたらドールがいた

 

急に催してトイレに駆け込んだのだが、私は驚きのあまり硬直してしまう。

シズクがトイレの最中だったのだ。

 

シズク「え……? なんでマスターが……? え、ええっ?! か、鍵は?」

 

シズクは私以上に混乱している。

 

.

② 謝ってすぐにドアを閉める

 

シズク「あわわ、あわわわわわ……」

 

シズクは慌てすぎていて、言葉になっていない。

 

私はごめんと謝って、すぐにトイレのドアを閉めた。

 

 

着替え

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクに人間と同じ着替え方を教えて、習慣を付けさせる。
(通常はキャラメイクで瞬時に衣装替えできるが、人間の習慣を学ぶために着替えている)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① ドールが同じ部屋で着替える ② ドールが着替え中だった

.

① ドールが同じ部屋で着替える

 

シズク「今から着替えるから、絶対後ろを見てはダメだぞ」

 

私にそう伝えてから、シズクは私の背後で着替えを始める。

衣擦れの音が妙に艶めかしくて、なんだかドキドキしてしまう。

 

以前、シズクが着替える時は部屋の外に出ておくよと言ったのだが、それならシズクが外で着替えるといって聞かないので、妥協案として着替えている間は後ろを向いておくという事になった。

 

シズク「よし、もう着替え終わったから大丈夫だぞ、マスター」

 

.

② ドールが着替え中だった

 

部屋に入って明かりをつけると、シズクが着替えの最中だった。

 

ごめんと言って部屋を出ようとする私を、シズクが止める。

 

シズク「あまり気を使われると、シズクも気を使ってしまうから……。その、普通にしてくれると助かる……」

 

私はあまりシズクの方を見ないようにして、後ろ向きに座った。

 

 

就寝

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクと一緒に就寝する。
(通常は睡眠を取る必要はないが、人間の習慣を学ぶために睡眠が必要な設定になっている)

◆――――――――――――――――――――――◆

① マスターが寝る事を促す ② ドールが寝る事を促す
③ マスターが寝れない ④ ドールが先に寝た

.

① マスターが寝る事を促す

 

気が付けば、もう寝た方が良い時間になっていた。

私はシズクに、そろそろ寝ようかと声をかける。

 

シズク「そうだな。シズクもそろそろ眠くなってきていた所だ」

 

ちゃんとシズクが布団に入った事を確認すると、私は明かりを消して布団に入る。

 

シズク「マスター、おやすみなさい」

 

.

② ドールが寝る事を促す

 

シズク「マスター……。もう……、シズクは眠気が限界だ……」

 

私を待って、今まで起きていてくれたようだ。

 

気が付けば、もう寝た方が良い時間になっていた。

私はシズクに、そろそろ寝ようと声をかける。

 

ちゃんとシズクが布団に入った事を確認すると、私は明かりを消して布団に入る。

 

シズク「マスター、おやすみなさい……」

 

.

③ マスターが寝れない

 

なかなか眠る事ができなくて、私は寝返りを繰り返す。

 

シズク「マスター、眠れないのか?」

 

疲れていると思うのに、なぜか寝付けなくてと答える。

 

シズク「マスターが眠くなるまでの間、シズクが話し相手になるから、マスターは眠くなったらそのまま寝てくれ」

 

シズクの優しさに、ありがとうと伝えて目を瞑る。

 

それから少しの間、たわいもない会話をしている内に眠くなってきて、私は寝てしまった。

 

.

④ ドールが先に寝た

 

先に寝付いたらしいシズクは、規則正しい寝息を立てている。

 

しばらくして腕を掴まれたので、まだ起きているのかと思ったが、シズクは寝たままのようだ。

私はシズクを起こさないように、そっと腕を引き抜く。

 

シズクは抱き着き癖があるようで、朝起きるとたまに抱き着かれている事がある。

その場合、シズクが目を覚ますと大騒ぎしてしまいそうなので、そ~っと絡みついている手足を解くようにしている。