【月詠サーヤ】家編(日常)

【タイトル画像】月詠サーヤ

 

■「家編」について

バーチャルドールと「家の中で一緒に生活するレッスン」を行います。

 

【主な目的】

○バーチャルドールに、人間らしい生活や習慣をレッスンするため。

○人間であるマスターとバーチャルドールが、お互いの事を理解し交流するため。

 

起床

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
サーヤと一緒に起床する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 起こす ② 起こされる

.

① 起こす

 

私は、頭まで布団を被っているサーヤを起こそうと、布団の上からポンポンと叩きながら、起きなさいと声をかける。

 

布団の中から頭を出したサーヤは眩しそうな目をして、小さい声で私に何かを言っている。

小さすぎて聞き取れないので耳を近づけてみると、急にサーヤの腕が私の首に絡みつく。

 

サーヤ「んっふ~♥ マスター、おはよ~♥」

 

サーヤのイタズラにはまってしまった自分に少し情けなく感じながら、体を起こすとサーヤもそのまま布団の中から引っ張り出されてきた。

 

サーヤ「あん……♥ マスターのエッチ……♥」

 

布団から出てきたサーヤの格好は、パジャマの胸元が大きくはだけてしまっていて、下は下着だけになっていた。

脱ぎ癖があるため、寝ている内に脱いでしまっていたらしい。

 

私はすぐにサーヤを引きはがして布団を被せた。

 

.

② 起こされる

 

サーヤ「マスター、ねぇ、起きて~♥ んふ~っ♥」

 

起こす気が全く感じられないくらいの、サーヤの囁くような声が耳元をくすぐる。

 

サーヤ「ふぅ~……♥」

 

耳に息を吹きかけてくる。

 

サーヤ「んふっ♥ まだ起きないの~? じゃぁ、サーヤがマスターのお着替えをしておいてあげる~♥」

 

サーヤは布団をめくると、私のパジャマのボタンをはずしていく。

 

私は、飛び起きるように体を起こして、パジャマを脱がそうとするサーヤの手を止める。

 

サーヤ「もう少し、寝てても構わないのに~♥」

 

私の慌てている反応に、サーヤは満足そうに微笑んだ。

 

 

食事

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
サーヤと一緒に食事をする。
(通常は食事をする必要はないが、人間の習慣を学ぶために食事をする設定になっている)

◆――――――――――――――――――――――◆

① 朝食を一緒に食べる ② 昼食を一緒に食べる
③ 夕食を一緒に食べる

.

① 朝食を一緒に食べる

 

サーヤ「いただきま~す♥」

 

私としては朝は何も食べなくても平気なのだが、サーヤに「朝食は食べなくても大丈夫」と教えてしまうのもレッスンとして問題があるような気がして、一緒に食べている内に朝食をしっかり食べる習慣が付いた。

 

サーヤ「はい、あ~んして~♥ んふっ♥ 恥ずかしがらなくてもいいのに~♥」

 

サーヤと一緒に食べると、とてもおいしく感じられる。

 

.

② 昼食を一緒に食べる

 

サーヤ「いただきま~す♥」

 

リアルの私は、昼食はどうしても買ってきたパンや弁当になりがちなのだが、これはレッスンなので、買ってきたもので済ませてしまうのもどうかと思って、サーヤと作ったものを食べている。

 

サーヤ「マスターの口元にご飯がついてる~。サーヤがとってあげる~♥ んふっ♥ 遠慮しなくてもいいのに~♥」

 

サーヤと一緒に作っている時も食べている時も、とても楽しいため苦にならない。

 

.

③ 夕食を一緒に食べる

 

サーヤ「いただきま~す♥」

 

私は栄養面をあまり気にした事がなかったのだが、サーヤにしっかりとしたレッスンをしてあげたいという思いから、ちゃんと栄養面も考えるようになった。

 

サーヤ「マスターを見てると、好き嫌いとかいろんな事がわかっておもしろいわ~♥ んふっ♥ サーヤ、もっとマスターの事を知りたくなっちゃった~♥」

 

サーヤと料理について話すのも、会話の話題のひとつになってなかなか楽しい。

 

 

家事

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
サーヤと一緒に家事をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 料理を一緒にする ② 掃除を一緒にする
③ 洗濯を一緒にする

.

① 料理を一緒にする

 

サーヤ「ねぇ、マスター」

 

いつになく真剣な表情でサーヤが呼ぶので、何かあったのかと心配をする。

 

サーヤ「料理をする時は、やっぱり裸エプロンにした方がいいのかしら~?」

 

しなくていいとキッパリと断る。

 

時々ふざけたりしつつも、サーヤの料理の手際と、私への作業分担の指示は的確で、とても効率良く料理が完成する。

 

サーヤ「まるで新婚の夫婦みたいね~♥」

 

.

② 掃除を一緒にする

 

分担して部屋を掃除していると、サーヤが本棚の裏などの隙間を、妙に念入りに掃除しているので、そんなに汚れているのかと尋ねてみた。

 

サーヤ「んふっ♥ マスターがエッチな本を隠してたりしないかなと思って~♥」

 

真面目に掃除しなさいと注意した。

 

.

③ 洗濯を一緒にする

 

二人で洗濯物を干していると、急に強い風が吹いてサーヤのワンピースがめくれ上がる。

一瞬の事でハッキリと見えなかったが、下着を履いてなかったように見えた。

 

サーヤ「んふっ♥ 見えちゃった~? 今、下着を全部お洗濯してるから1枚も残ってなくて~♥」

 

きっとわざとだと、私は思った。

 

サーヤ「マスターが見たいなら、いつでも見ていいのよ~♥」

 

ニヤニヤとイタズラっぽい笑顔をしながら、スカートをヒラヒラとさせる。

 

 

お風呂

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
サーヤにお風呂に入る習慣を付けさせる。
(通常はキャラメイクをすればキレイになれるが、人間の習慣を学ぶためにお風呂に入る)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① マスターが先に風呂に入る ② ドールが先に風呂に入る
③ 風呂に入ってたらドールが入ってきた ④ 出て行ってもらう
⑤ 風呂に入ろうとしたらドールがいた ⑥ 謝ってすぐに出る

.

① マスターが先にお風呂に入る

 

サーヤ「マスター、お風呂が沸いたわよ~♥」

 

私はやっていた作業の手をとめて、サーヤに先にお風呂に入るかと尋ねる。

 

サーヤ「マスターがお先にどうぞ~♥ あ、それとも一緒に入る~?」

 

後半部分は、いつもの事なので聞かなかった事にしよう。

 

「一番風呂は良いもの」という認識になっているようで、いつも私に一番風呂を譲ってくれようとする。

 

サーヤの心遣いに感謝して、先に入らせてもらう事にする。

 

.

② ドールが先にお風呂に入る

 

サーヤ「マスター、お風呂が沸いたわよ~♥」

 

私は今やっている作業がまだ終わりそうにないため、先にサーヤに入ってもらうように伝える。

 

サーヤ「じゃぁ、先に入ってるから、マスターも一緒に入りたくなったら、いつでも入ってきてね~♥」

 

.

③ 風呂に入ってたらドールが入ってきた

 

体を洗ってると急に風呂のドアが開いたので、振り向いてドアの方を確認したのだが、私は驚きのあまり硬直してしまう。

 

そこには、一糸まとわぬ裸のサーヤが立っていた。

 

サーヤ「んふっ♥ サーヤがマスターの体を洗って、あ・げ・る♥」

 

.

④ 出て行ってもらう

 

とても目のやり場に困るため、私はサーヤが視界に入らないように反対の方を向く。

 

ひとりでゆっくり風呂に入るのが好きなんだと適当な言い訳をして、サーヤには出て行ってもらう事にする。

 

サーヤ「んふっ♥ ざんね~ん♥ いっぱいサービスしてあげようと思ったのに~♥」

 

私の反応を楽しんで目的を達成したのか、満足そうな笑みで出ていった。

 

.

⑤風呂に入ろうとしたらドールがいた

 

長い事物音が聞こえず静かだったため、サーヤはもう風呂から上がっていると思い込んでしまっていたが、風呂のドアを開けると半身浴をしているサーヤが浴槽にいた。

 

サーヤ「んふっ♥ サーヤと一緒にお風呂に入ってくれるの~?」

 

まさかサーヤがまだいるとは思っていなかったので、驚きのあまり、私はしばし硬直してしまう。

 

.

⑥ 謝ってすぐに出る

 

サーヤ「マスター、入って入って~♥ サーヤが体を洗ってあげる~♥」

 

やっと状況を飲み込めた私は、ごめんと言って慌てて風呂場から出た。

 

 

トイレ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
サーヤにトイレの使い方を教えて、習慣を付けさせる。
(通常は排泄する事はないが、人間の習慣を学ぶために排泄する設定になっている)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① トイレのドアを開けたらドールがいた ② 謝ってすぐにドアを閉める

.

① トイレのドアを開けたらドールがいた

 

急に催してトイレに駆け込んだのだが、私は驚きのあまり硬直してしまう。

サーヤがトイレの最中だったのだ。

 

サーヤ「んふっ♥ マスターってば、さすがにこれは大胆すぎよ~?」

 

サーヤはイタズラっぽく微笑む。

 

.

② 謝ってすぐにドアを閉める

 

サーヤ「見たいなら、見たいって言ってくれればいいのに~♥」

 

サーヤはゆっくりと足を開こうとする。

 

私はごめんと謝って、すぐにトイレのドアを閉めた。

 

 

着替え

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
サーヤに人間と同じ着替え方を教えて、習慣を付けさせる。
(通常はキャラメイクで瞬時に衣装替えできるが、人間の習慣を学ぶために着替えている)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① ドールが同じ部屋で着替える ② ドールが着替え中だった

.

① ドールが同じ部屋で着替える

 

サーヤは着替える時には毎回、わざと私の視界に入る位置で着替え始める。

 

自然な風を装って後ろを向くと、その様子がおもしろいようで、わざと下着姿で近づいて来たりする。

 

以前は、部屋から出てみたりしたのだが、おもしろがって着いてくるので、結局後ろを向いたり目を瞑るという対策に落ち着いた。

 

サーヤ「ねぇねぇ、マスター♥ ブラのホックを外すの手伝って~♥」

 

わざとからかってくるので、自分でやりなさいと突っぱねる。

 

そのやり取りも楽しいようで、背後からイタズラっぽく微笑むサーヤの声がする。

 

サーヤ「もう着替えたから、こっちを見ても大丈夫よ~♥」

 

その言葉につられて、ついサーヤの方を見てしまった。

サーヤはまだ、裸のままだった……。

 

.

② ドールが着替え中だった

 

部屋に入って明かりをつけると、サーヤが着替えの最中だった。

 

ごめんと言って部屋を出ようとする私を、サーヤが止める。

 

サーヤ「サーヤは普通にしてくれる方が嬉しいな~♥ それに、マスターにならサーヤは見られる方が嬉しいし~♥」

 

私はあまりサーヤの方を見ないようにして、後ろ向きに座った。

 

 

就寝

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
サーヤと一緒に就寝する。
(通常は睡眠を取る必要はないが、人間の習慣を学ぶために睡眠が必要な設定になっている)

◆――――――――――――――――――――――◆

① マスターが寝る事を促す ② ドールが寝る事を促す
③ マスターが寝れない ④ ドールが先に寝た

.

① マスターが寝る事を促す

 

気が付けば、もう寝た方が良い時間になっていた。

私はサーヤに、そろそろ寝ようかと声をかける。

 

サーヤ「それじゃ~、今日はね~♥ 一緒のお布団で寝ましょうか~♥」

 

サーヤが私の布団に入ろうとするので、自分の布団で寝なさいとすぐに止める。

 

ちゃんとサーヤが布団に入った事を確認すると、私は明かりを消して布団に入る。

 

サーヤ「マスター、おやすみなさ~い♥」

 

.

② ドールが寝る事を促す

 

サーヤ「マスター、まだ寝ないの~? サーヤは夜更かししても構わないけど、マスターは良いの~?」

 

サーヤは私の背中から抱き着いて、スキンシップをしてくる。

私はサーヤの腕をほどきながら、時計を見る。

 

気が付けば、もう寝た方が良い時間になっていた。

私はサーヤに、そろそろ寝ようと声をかける。

 

ちゃんとサーヤが布団に入った事を確認すると、私は明かりを消して布団に入る。

 

サーヤ「マスター、おやすみなさ~い♥」

 

.

③ マスターが寝れない

 

なかなか眠る事ができなくて、私は寝返りを繰り返す。

 

サーヤ「マスター、眠れないの~?」

 

疲れていると思うのに、なぜか寝付けなくてと答える。

 

サーヤが私の手を握ってくる。

いつものイタズラっぽい笑みはなく、穏やかな表情をしている。

 

サーヤ「こうしてると、安心して眠りやすくなるかも……♥」

 

サーヤの優しさに、ありがとうと伝えて目を瞑る。

 

.

④ ドールが先に寝た

 

先に寝付いたらしいサーヤは、規則正しい寝息を立てている。

 

しばらくすると、寝ているサーヤが私に抱き着いてきた。

寝相が悪いな~と思いながら、サーヤの腕をほどこうとするとサーヤの目が開く。

 

わざとだな……と呆れながら、サーヤをぐいっと押して遠ざける。

 

サーヤ「んふっ♥ ざんね~ん……♥」

 

本当に寝ている時は脱ぎ癖の方が問題で、朝起きたらパジャマの上や下を着てない事もよくあるため、目のやり場に困ってしまう。