【夢守ヒヨリ】家編(日常)

レッスン(夢守ヒヨリ)

 

■「家編」について

バーチャルドールと「家の中で一緒に生活するレッスン」を行います。

 

【主な目的】

○バーチャルドールに、人間らしい生活や習慣をレッスンするため。

○人間であるマスターとバーチャルドールが、お互いの事を理解し交流するため。

 

起床

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリと一緒に起床する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 起こす ② 起こされる

.

① 起こす

 

私はヒヨリを起こすために、起きなさいと声をかけながら布団をポンポンと軽く叩く。

 

ヒヨリは頭を隠して布団の中に潜っていってしまった。

もぞもぞと温かい布団の感触を楽しんでいる。

 

まるで猫のようだと思いつつ、私は布団の中に両手を入れると、ヒヨリを布団の中から引っ張り出す。

また、布団の中に戻ろうとするので、背中からしっかりと抱きしめるようにして阻止する。

 

そのまま寝てしまわないように、声をかけながらヒヨリの体をゆすって覚醒を促す。

 

ヒヨリ「マスター、おはよぅ~……」

 

.

② 起こされる

 

ヒヨリ「マスター、朝だよ~♪ 起きないの~? まだ寝るの~?」

 

布団の上からゆすって、ヒヨリが起こそうとしてくれている。

 

起きるよ~とヒヨリに返事をしつつも、まだ覚醒しきってない頭が起きるか寝るかの葛藤をしている。

 

ヒヨリ「マスター、もう少し寝るの~? ヒヨリも一緒に寝ようかな~♪」

 

私の布団にヒヨリが潜り込んでくる。

 

ヒヨリ「マスターのお布団、とってもぬくぬく~♪」

 

このままだと二人で二度寝してしまうと思い、私は意思を強くもって体を起こした。

そして、すでに寝てしまいそうになっているヒヨリを抱き起す。

 

 

食事

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリと一緒に食事をする。
(通常は食事をする必要はないが、人間の習慣を学ぶために食事をする設定になっている)

◆――――――――――――――――――――――◆

① 朝食を一緒に食べる ② 昼食を一緒に食べる
③ 夕食を一緒に食べる

.

① 朝食を一緒に食べる

 

ヒヨリ「いただきま~す♪」

 

私としては朝は何も食べなくても平気なのだが、ヒヨリに「朝は食べなくても大丈夫」と教えてしまうのもレッスンとして問題があるような気がして、一緒に食べている内に朝食をしっかり食べる習慣が付いた。

 

ヒヨリ「マスター、おいしいものを食べると朝から元気になるね♪」

 

ヒヨリと一緒に食べると、とてもおいしく感じられる。

 

.

② 昼食を一緒に食べる

 

ヒヨリ「いただきま~す♪」

 

リアルの私は、昼食はどうしても買ってきたパンや弁当になりがちなのだが、これはレッスンなので、買ってきたもので簡単に済ませてしまうのもどうかと思って、ヒヨリと作ったものを食べている。

 

ヒヨリ「マスター、今日のご飯は特別おいしくできたね~♪」

 

ヒヨリと一緒に作っている時も食べている時も、とても楽しいため苦にならない。

 

.

③ 夕食を一緒に食べる

 

ヒヨリ「いただきま~す♪」

 

私は栄養面をあまり気にした事がなかったのだが、ヒヨリにしっかりとしたレッスンをしてあげたいという思いから、ちゃんと栄養面も考えるようになった。

 

ヒヨリ「マスターの一番好きな料理は何かな~? 次はマスターの1番好きなものを作って食べようよ~♪」

 

ヒヨリと料理について話すのも、会話の話題のひとつになってなかなか楽しい。

 

 

家事

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリと一緒に家事をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 料理を一緒にする ② 掃除を一緒にする
③ 洗濯を一緒にする

.

① 料理を一緒にする

 

ヒヨリ「マスター、味見して~♪ ねぇ、おいしい?」

 

人間がおいしいと思う料理が作れているかを確かめるために、ちゃんと二人で味見をするようにしている。

 

私がおいしいというと、ヒヨリもおいしいと感じていたようで嬉しそうにする。

私と同じものを共有している事が嬉しいらしい。

 

ヒヨリ「おいしい料理を、もっとたくさん作れるようになりたいな~♪」

 

.

② 掃除を一緒にする

 

ヒヨリ「ふむふむ♪ 窓はこんな感じに拭けばいいんだね♪」

 

ヒヨリは私のマネをしながら掃除のやり方を学んでいるようなので、近くで一緒に掃除をする。

普段なら適当にぱぱっと済ませてしまうのだが、ヒヨリに雑な掃除を教えてしまいかねないので、正しい見本になるように丁寧に掃除をする。

 

ヒヨリ「マスターとお掃除するの、すごく楽しい~♪」

 

ヒヨリと一緒に掃除をすると、普段はめんどくさいとしか思わないはずが、不思議と楽しく感じる。

 

.

③ 洗濯を一緒にする

 

ヒヨリ「んっ……っしょ……。ん~……っしょ……」

 

現在のステータスは「普通の女の子くらい」に設定されているようで、洗濯物が入ったカゴを重たそうに運んでいる。

あまり手出ししない方が良いのかなと思ったが、フラフラと危なっかしい感じのヒヨリを見てられなくなったため、物干し台の所まで私が持つ事にした。

 

ヒヨリ「マスターありがとう~♪ マスターは力持ちだね~♪」

 

自分の事は何でも自分でやろうとするヒヨリだが、手助けしてあげるととても嬉しそうにするため、過保護すぎるかなと悩みつつも、いろいろしてあげたいと思ってしまう。

 

 

お風呂

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリにお風呂に入る習慣を付けさせる。
(通常はキャラメイクをすればキレイになれるが、人間の習慣を学ぶためにお風呂に入る)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① マスターが先に風呂に入る ② ドールが先に風呂に入る
③ 風呂に入ってたらドールが入ってきた ④ 出て行ってもらう
⑤ 風呂に入ろうとしたらドールがいた ⑥ 謝ってすぐに出る

.

① マスターが先にお風呂に入る

 

ヒヨリ「マスター、お風呂が沸いたよ~♪」

 

私はやっていた作業の手をとめて、ヒヨリに先にお風呂に入るかと尋ねる。

 

ヒヨリ「ヒヨリは後でもいいから、マスターがお先に入って~♪」

 

「一番風呂は良いもの」という認識になっているようで、いつも私に一番風呂を譲ってくれようとする。

 

ヒヨリの心遣いに感謝して、先に入らせてもらう事にする。

 

.

② ドールが先にお風呂に入る

 

ヒヨリ「マスター、お風呂が沸いたよ~♪」

 

私は今やっている作業がまだ終わりそうにないため、先にヒヨリに入ってもらうように伝える。

 

ヒヨリ「それじゃ、ヒヨリが先に入るね~♪」

 

.

③ 風呂に入ってたらドールが入ってきた

 

体を洗ってると急に風呂のドアが開いたので、振り向いてドアの方を確認したのだが、私は驚きのあまり硬直してしまう。

 

そこには、一糸まとわぬ裸のヒヨリが立っていた。

 

ヒヨリ「マスター、ヒヨリも一緒に入って良い~?」

 

.

④ 出て行ってもらう

 

とても目のやり場に困るため、私はヒヨリが視界に入らないように反対の方を向く。

 

ひとりでゆっくり風呂に入るのが好きなんだと適当な言い訳をして、ヒヨリには出て行ってもらう事にする。

 

ヒヨリ「えぇ~。ふたりでゆっくり入るのも、きっと楽しいのに~……」

 

ヒヨリはとても残念そうに出ていった。

 

.

⑤ 風呂に入ろうとしたらドールがいた

 

長い事物音が聞こえず静かだったため、ヒヨリはもう風呂から上がっていると思い込んでしまっていたが、風呂のドアを開けると半身浴をしているヒヨリが浴槽にいた。

 

ヒヨリ「あ、マスターだ~♪ マスターも一緒に入るの~?」

 

まさかヒヨリがまだいるとは思っていなかったので、驚きのあまり私は硬直してしまう。

 

.

⑥ 謝ってすぐに出る

 

ヒヨリ「ねぇねぇ、マスターも一緒に入ろうよ~♪」

 

やっと状況を飲み込めた私は、ごめんと言って慌てて風呂場から出た。

 

 

トイレ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリにトイレの使い方を教えて、習慣を付けさせる。
(通常は排泄する事はないが、人間の習慣を学ぶために排泄する設定になっている)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① トイレのドアを開けたらドールがいた ② 謝ってすぐにドアを閉める

.

① トイレのドアを開けたらドールがいた

 

急に催してトイレに駆け込んだのだが、私は驚きのあまり硬直してしまう。

ヒヨリがトイレの最中だったのだ。

 

ヒヨリ「えへへ……♪ 鍵をかけ忘れちゃったみたいだね~♪」

 

ヒヨリが照れ笑いをする。

 

.

② 謝ってすぐにドアを閉める

 

ヒヨリ「マスター、ずっと居られるとヒヨリ恥ずかしいよ~……」

 

ヒヨリは照れながら、私の顔を見上げている。

 

私はごめんと謝って、すぐにトイレのドアを閉めた。

 

 

着替え

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリに人間と同じ着替え方を教えて、習慣を付けさせる。
(通常はキャラメイクで瞬時に衣装替えできるが、人間の習慣を学ぶために着替える)

【ミコトからの一言】
これは必ずしも「一緒に」しなくても良いぞ。
したかったらしても良いがの……♪

◆――――――――――――――――――――――◆

① ドールが同じ部屋で着替える ② ドールが着替え中だった

.

① ドールが同じ部屋で着替える

 

ヒヨリは私がいても、部屋の中で平気で着替える。

以前に、人前で着替えるのは恥ずかしくないかと、ヒヨリに尋ねた事がある。

 

ヒヨリ「全然知らない人に見られたら、恥ずかしくなるかも~?」

 

考えた事もなかったという感じで、ヒヨリはう~んと考え込んだ後、そんな答えを返してきた。

 

ヒヨリが着替え始めると、私は何気ない自然な動作で後ろを向く事にしている。

 

ヒヨリ「マスターって、いつもヒヨリが着替える時に後ろを向いてるね♪」

 

気付かれていたようだ……。

 

.

② ドールが着替え中だった

 

部屋に入って明かりをつけると、ヒヨリが着替えの最中だった。

 

ごめんと言って部屋を出ようとする私を、ヒヨリが止める。

 

ヒヨリ「マスター、部屋から出てなくていいよ~。すぐに着替え終わるから~♪」

 

私はあまりヒヨリの方を見ないようにして、後ろ向きに座った。

 

 

就寝

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリと一緒に就寝する。
(通常は睡眠を取る必要はないが、人間の習慣を学ぶために睡眠が必要な設定になっている)

◆――――――――――――――――――――――◆

① マスターが寝る事を促す ② ドールが寝る事を促す
③ マスターが寝れない ④ ドールが先に寝た

.

① マスターが寝る事を促す

 

気が付けば、もう寝た方が良い時間になっていた。

私はヒヨリに、そろそろ寝ようかと声をかける。

 

ヒヨリ「は~い♪」

 

ちゃんとヒヨリが布団に入った事を確認すると、私は明かりを消して布団に入る。

 

ヒヨリ「マスター、おやすみなさ~い♪」

 

.

② ドールが寝る事を促す

 

ヒヨリ「マスター……。ヒヨリ、もう眠くなっちゃったよぅ~……」

 

私のあぐらの上に体を預けるようにしていたヒヨリは、むにゃむにゃと甘えた声を出す。

 

気が付けば、もう寝た方が良い時間になっていた。

私はヒヨリに、そろそろ寝ようと声をかける。

 

ちゃんとヒヨリが布団に入った事を確認すると、私は明かりを消して布団に入る。

 

ヒヨリ「マスター、おやすみなさ~い……」

 

.

③ マスターが寝れない

 

なかなか眠る事ができなくて、私は寝返りを繰り返す。

 

ヒヨリ「マスター、眠れないの?」

 

疲れていると思うのに、なぜか寝付けなくてと答える。

 

もぞもぞと布団の中を潜って私の布団に入ってきたヒヨリは、私のすぐ横から顔を出す。

 

ヒヨリ「くっついて寝ると、温かくて眠りやすいよ~♪」

 

ヒヨリの優しさに、ありがとうと伝えて目を瞑る。

 

.

④ ドールが先に寝た

 

先に寝付いたらしいヒヨリは、規則正しい寝息を立てている。

 

寝ている時のヒヨリは、布団をもふもふしたり、布団の中をもぞもぞと動いたりする癖がある。

朝起きたら上下逆さまになっていたり、私の布団に入っている事もよくあったりする。