【星川シズク】アダルトグッズを使用する(SM系)

レッスン(星川シズク)
「アダルトグッズを使用する」について

バーチャルドールと「アダルトグッズを使用したレッスン」を行います。


【使用例】
〇「追加要素:体位」と組み合わせる事で、いろんな体位でアダルトグッズを使用している状態になります。
「M字開脚」→「バイブ」

〇「クリップを乳首に付ける」→「バイブを挿入する」→「フェラチオ」→「バイブを抜く」→「セックスをする」

〇「浣腸液を注入する」→「アナルプラグを挿入する」→「お出かけする」→「アナルプラグを抜く」→「浣腸液を排出させる」

拘束具

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクに拘束具を使用する。

【ミコトのミニ講座】
拘束具とは、相手を動けなくするためのアダルトグッズなのじゃ。
縄・手錠をはじめ、たくさんの種類があるぞ。
動けなくする事で、支配する側・される側の状況を楽しむ事ができるのぅ。

ミコトのアダルト講座:「拘束具」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○拘束具をつけたまま、他のレッスンをする。
○拘束具をつけたまま、服を着せる。
○拘束具をつけたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 拘束具で拘束する② 拘束具の拘束を解く

.

① 拘束具で拘束する

私は、シズクに拘束具を装着する。

シズクは動かせない事を確認するように、拘束された箇所を動かしてみる。

私は痛くないかと確認する。

シズク「……だ、大丈夫だ。……それより、こんな物を付けて、何をするつもりなんだ……」

.

② 拘束具の拘束を解く

私は、シズクの拘束を外す。

シズクは拘束されていた箇所を手でさする。

私は大丈夫かと確認する。

シズク「ふぅ~……。やっと解放された……」

目隠し

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクに目隠しを使用する。

【ミコトのミニ講座】
目隠しをすると視覚からの情報がさえぎられて、他の聴覚や触覚などから情報を得ようとして、いつもより敏感になるのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「拘束具」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○目隠しをしたまま、他のレッスンをする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 目隠しを付ける② 目隠しをはずす

.

① 目隠しを付ける

私は、シズクに目隠しを付ける。

シズクは少し怯えたように、体をすくめて固くする。

シズク「マ、マスター……、目隠しをして一体何をするつもりなんだ……?」

見えなくても、私が教えるので大丈夫と安心させる。

.

② 目隠しをはずす

私は、シズクの目隠しをはずす。

シズク「……見えないと……とても不安になってしまうものなんだな……」

首輪

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクに首輪を使用する。

【ミコトのミニ講座】
首輪は、付けた側がご主人様で、付けられた側がペット(下僕)となる、役割を明確にさせるための小道具みたいなものじゃ。
支配する側・される側の状況を楽しむ事ができるのぅ。

ミコトのアダルト講座:「拘束具」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○首輪をしたまま、他のレッスンをする。
○首輪をしたまま、お出かけする。
○獣耳・アナルプラグ(尻尾付き)を付ける。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 首輪をつける② 首輪をはずす

.

① 首輪をつける

私は、シズクの首に首輪を付ける。

シズク「これを付けて……、マスターのペットにでもなれと言うのか……?」

シズクは、これからの事を想像したのか、恥ずかしそうに顔を赤くしている。

.

② 首輪をはずす

私は、シズクの首輪をはずす。

シズク「……ふぅ~……。すごく恥ずかしかった~……」

恥ずかしかったと言うわりには、まんざらでもない感じだ。

亀甲縛り

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクに亀甲縛りをする。
(今回は、胴体のみ縛り、手足は自由にする)

【ミコトのミニ講座】
亀甲縛りとは、縄を使って亀の甲羅のような形に体を縛る事なのじゃ。
縄で体が強調される羞恥心や、縄の締め付けによる快感を与える事ができるぞ。

ミコトのアダルト講座:「拘束具」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○亀甲縛りをしたまま、他のレッスンをする。
○亀甲縛りをしたまま、服を着せる。
○亀甲縛りをしたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 亀甲縛りをする② 亀甲縛りを解く

.

① 亀甲縛りをする

私は、縄を使ってシズクの体を縛っていく。

シズク「あんっ♥ あっ♥ あまり肌に触れられると……」

縄が擦れるたびに、身をよじる。

シズク「んん……♥ なんだか体がきゅっとして、恥ずかしい……」

.

② 亀甲縛りを解く

私は、結び目に苦戦しながらも縄をほどいていく。

何度も指が肌に当たるので、シズクはくすぐったさと快感に体を震わせる。

シズク「あっ……♥ あっ……♥ やっ……♥ マスター、早く解いてくれ……」

なんとか、全部はずす事ができた。

クリップ

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクにクリップを使用する。

【ミコトのミニ講座】
クリップとは、乳首やクリトリスなど敏感な所を挟むアダルトグッズなのじゃ。
チェーンなどでクリップ同士が繋がっているものは、チェーンが揺れると快感が伝わるようになっておるぞ。
クリップで挟んでいた部分は、クリップをはずしてしばらくは、とても敏感になっておるのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「クリップ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○クリップをしたまま、他のレッスンをする。
○クリップをしたまま、服を着せる。
○クリップをしたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① クリップを乳首に付ける② クリップをクリトリスに付ける
③ クリップにチェーンを付ける④ クリップをはずす
⑤ クリップのローターをオンにする⑥ クリップのローターをオフにする

.

① クリップを乳首に付ける

私は、シズクになかなかうまくクリップを付けられず、何度も乳首をつまんだり、こすってしまう。

乳首をいじりすぎてしまったためか、乳首が固くなっていた。

シズク「あっ♥ んっ♥ あぁ……♥ もっ、もう! 早くしてくれ……。あんっ♥」

なんとか乳首にクリップを付ける事ができた。

シズク「うぅ……。あぁ……。乳首がすごくジンジンする……」

.

② クリップをクリトリスに付ける

私は、シズクになかなかうまくクリップを付けられず、何度もクリトリスをつまんだり、こすってしまう。

クリトリスをいじりすぎてしまったためか、クリトリスはぷっくりと勃起していた。

シズク「あっ♥ あぁんっ♥ ダメダメ……! あっ♥ も、もう……、あまり触らないでくれ……」

なんとかクリトリスにクリップを付ける事ができた。

シズク「うぅ……♥ うぅ~……♥ くぅ~……♥ クリトリスがすごくジンジンする~……」

.

③ クリップにチェーンを付ける

私は、シズクに付けた乳首とクリトリスのクリップに、チェーンを付ける。

付ける際に何度もクリップが揺れてしまい、シズクは身悶えする。

シズク「あっ♥ あんっ♥ マスター、あまり揺らさないで……。引っ張られてしまって……。あっ♥」

ようやくチェーンを付け終わる事ができた。

シズク「あっ……♥ んっ……♥ あぁ……♥」

チェーンが揺れる度にクリップも揺れるため、シズクは快感に喘ぐ。

.

④ クリップをはずす

私は、挟んでいる部分にあまり刺激を与えないように、シズクに付いているクリップをそっとはずす。

シズク「あっ……♥ んんっ♥ ……っはぁん♥」

あまり刺激しないように、うまくクリップを取る事ができた。

シズク「うぅ……。まだ、クリップの付いてた所が、ジンジンする……」

.

⑤ クリップのローターをオンにする

私は、クリップに付いているローターのスイッチをオンにする。

シズク「あぁ~っ♥ あぁ~んっ♥ やっぁあ~♥」

シズクは敏感に反応する。

.

⑥ クリップのローターをオフにする

私は、クリップに付いている小型バイブのスイッチをオフにする。

シズク「ふぅ……ふぅ……」

低周波治療器

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクに低周波治療器を使用する。

【ミコトのミニ講座】
低周波治療器とは、元々は肩こりなどの治療に使われるものじゃが、電気刺激によりビリビリさせる事ができるため、SMで使用される事もあるのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「低周波治療器」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○低周波治療器をつけたまま、他のレッスンをする。
○低周波治療器をつけたまま、服を着せる。
○低周波治療器をつけたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 低周波治療器を使用する② 低周波治療器をはずす
③ スイッチをオンにする④ スイッチをオフにする

.

① 低周波治療器を使用する

私は、シズクの体に低周波治療器の電極パッドを貼り付けていく。

シズク「あっ♥ あんっ♥ あぁっ♥ あ~っ♥」

敏感なため、体に触れる度に体をよじるので、貼るのに苦戦したが、なんとか貼り終える事ができた。

.

② 低周波治療器をはずす

私は、シズクの体から低周波治療器のパッドをはずす。

しっかりとくっついているパッドを肌からはがす度に、敏感になっているシズクはピクンと反応する。

シズク「あっ……♥ あぁっ……♥ あっ……♥ あ~っ……♥」

.

③ スイッチをオンにする

私は、低周波治療器のスイッチをオンにする。

電気刺激によって体を揉まれ、シズクの体がビクンッビクンッと跳ねるように動く。

シズク「あ~っ♥ あぁ~っ♥ あぅあぁ~♥ あぁ~っ♥」

.

④ スイッチをオフにする

私は、低周波治療器のスイッチをオフにする。

電気刺激によって揉まれていた状態から解放され、シズクは脱力してぐったりとする。

シズク「ふぅ……。ふぅ……。」

ムチ

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクにムチを使用する。

【ミコトのミニ講座】
ムチとは、相手に痛みを与えて、被支配感や被虐心を感じさせる事ができるアダルトグッズなのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「ムチ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○他のアダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① ムチで軽く叩く② ムチで強く叩く

.

① ムチで軽く叩く

私は、シズクの体を何度もムチで軽く叩く。

パシンパシンという軽い音が響き、シズクはその度にピクンピクンと反応する。

シズク「あっ……♥ あっ……♥」

.

② ムチで強く叩く

私は、シズクの体を何度もムチで強く叩く。

パシーンパシーンと大きな音が響き、シズクはその度に大きく仰け反る。

シズク「ひぃっ♥ はぁんっ♥ ひんっ♥ あぁんっ♥」

ロウソク

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクにロウソクを使用する。

【ミコトのミニ講座】
ロウソクとは、相手に熱さを与えて、被支配感や被虐心を感じさせる事ができるアダルトグッズなのじゃ。
ロウを垂らす高さによって、熱さを調節できるぞ。

ミコトのアダルト講座:「ロウソク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○他のアダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① ロウを一滴垂らす② ロウをたくさん垂らす

.

① ロウを一滴垂らす

私は、シズクの体にロウソクのロウを一滴垂らす。

ロウの熱に、シズクの体は小さくピクンと反応する。

シズク「あっ♥」

ロウはシズクの肌の上に落ちると、冷えて固まった。

シズク「少し熱くて痛い……」

.

② ロウをたくさん垂らす

私は、シズクの体にロウソクのロウをたくさん垂らす。

ロウが肌に当たる度に、シズクの体は小さくピクンピクンと反応する。

シズク「あぁぁんっ♥ んひぃぃっ♥ あぁ~っ♥」

ロウは肌の上にいくつも重なって固まっていく。

シズク「はぁ……はぁ……」