【夢守ヒヨリ】アダルトグッズを使用する(アナル系)

レッスン(夢守ヒヨリ)

 

■「アダルトグッズを使用する」について

バーチャルドールと「アダルトグッズを使用したレッスン」を行います。

 

【使用例】
〇「追加要素:体位」と組み合わせる事で、いろんな体位でアダルトグッズを使用している状態になります。

「M字開脚」→「バイブ」

〇「クリップを乳首に付ける」→「バイブを挿入する」→「フェラチオ」→「バイブを抜く」→「セックスをする」

〇「浣腸液を注入する」→「アナルプラグを挿入する」→「お出かけする」→「アナルプラグを抜く」→「浣腸液を排出させる」

 

アナルビーズ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
マスターが、ヒヨリにアナルビーズを使用する。

【ミコトのミニ講座】
アナルビーズとは、アナルに入れるための球がいくつも連なっているアダルトグッズなのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「アナルビーズ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○アナルビーズを入れたまま、他のレッスンをする。
○アナルビーズを入れたまま、服を着せる。
○アナルビーズを入れたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① アナルビーズをアナルに挿入する ② アナルビーズをゆっくり引き抜く
③ アナルビーズを一気に引き抜く

.

① アナルビーズをアナルに挿入する

 

アナルビーズにローションを塗った後、ヒヨリのアナルに挿入していく。

ヒヨリのアナルに丸い部分を押し当てて、少し力を入れてぐりぐりとねじ込むと、にゅるんと飲み込まれていく。

 

ヒヨリ「あ……♥ あんっ♥ お尻にどんどん入ってくるよぅ~♥」

 

アナルビーズが全部入ったヒヨリのアナルからは、引っ張るためのヒモと丸い引手部分だけが見えている。

 

.

② アナルビーズをゆっくり引き抜く

 

アナルの異物感にもじもじしているヒヨリに、少し足を開くように言う。

 

アナルビーズの引手部分を引っ張って、ゆっくり1つ1つ球の部分を引き抜いていく。

ヒヨリのアナルの中から、球が出てくる度に快感にお尻が動く。

 

ヒヨリ「あっ……♥ あん……♥ あぁ……♥ あん……♥」

 

アナルビーズが全部抜けたが、ヒヨリのアナルはまだ物欲しそうにひくひくしている。

 

.

③ アナルビーズを一気に引き抜く

 

アナルの異物感にもじもじしているヒヨリに、少し足を開くように言う。

 

アナルビーズの引手部分を引っ張って、一気に引き抜く。

 

ヒヨリ「あぁぁあぁ~んっ♥」

 

ヒヨリはびくんとはねた後、ぐったりと脱力する。

 

 

アナルバイブ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
マスターが、ヒヨリにアナルバイブを使用する。

【ミコトのミニ講座】
アナルバイブとは、アナルに挿入する目的で作られたバイブで、膣内用のバイブよりも先端が細く作られているアダルトグッズなのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「アナルバイブ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○他のアダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① アナルバイブを挿入する ② アナルバイブを抜く
③ アナルバイブを出し入れする ④ アナルバイブをこね回す

.

① アナルバイブを挿入する

 

ヒヨリに少し足を開かせる。

アナルバイブにたっぷりとローションを塗った後、ヒヨリのアナルにアナルバイブをゆっくりと挿入していく。

 

ヒヨリ「んんっ♥ ……んっ♥」

 

全部入れ終わった後、バイブのスイッチを入れる。

 

ヒヨリ「んあっ♥ あぁ……♥ お尻の中がブルブル震えてるよぅ♥」

 

ヒヨリは体を縮めながら、身もだえする。

 

.

② アナルバイブを抜く

 

アナルバイブの快感に腰をくねらせているヒヨリに、足を少し開かせる。

 

私がアナルバイブに触れると振動が伝わって、ヒヨリはビクンとはねる。

柄の部分を掴んで、ゆっくりと引き抜く。

 

ヒヨリ「んっ……♥ んんっ……♥ あっ♥」

 

アナルバイブはねっとりと濡れていた。

 

.

③ アナルバイブを出し入れする

 

私は、アナルバイブをゆっくりと出し入れする。

 

挿入の際には、アナルバイブがアナルの内壁を掻き分け、根元に向かって太くなる形状がアナルを押し広げる快感を与える。

また、引き抜く際には、排泄しているような感覚に、羞恥心と快楽を与える。

 

ゆっくりと動かす事で、アナルバイブの刺激をじっくりと味わいながら、快感で身をよじる。

 

ヒヨリ「ん……んっ♥ あっ……♥ あぁ……♥」

 

.

④ アナルバイブをこね回す

 

私は、アナルバイブの柄を持って、ゆっくりとこね回す。

 

円を描くように回して、アナル内の内壁をそっとなでるように掻き回したり、上側や下側の内壁に当てたままにして振動で刺激したりと、快感を与える。

アナルバイブの動きに反応して、ヒヨリは快感で腰をくねらせる。

 

ヒヨリ「あんっ……♥ あっ……♥ んんんっ……ん~♥」

 

 

アナルプラグ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
マスターが、ヒヨリにアナルプラグを使用する。

【ミコトのミニ講座】
アナルプラグとは、アナルに挿入するアダルトグッズなのじゃ。
アナルで快感を得るため以外にも、アナル拡張や浣腸液を入れた後の栓としても使用されるぞ。

ミコトのアダルト講座:「アナルプラグ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○アナルプラグを入れたまま、他のレッスンをする。
○アナルプラグを入れたまま、服を着せる。
○アナルプラグを入れたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① アナルプラグ(非電動)を挿入する ② アナルプラグ(電動)を挿入する
③ アナルプラグ(尻尾付き)を挿入する ④ アナルプラグを抜く

.

① アナルプラグ(非電動)を挿入する

 

アナルプラグにローションを塗って滑りを良くした後、ゆっくりとヒヨリのアナルへと挿入していく。

 

ヒヨリ「あっ……♥ ん……っ♥」

 

ヒヨリの中に、アナルプラグが全部入った。

 

.

② アナルプラグ(電動)を挿入する

 

アナルプラグにローションを塗って滑りを良くした後、ゆっくりとヒヨリのアナルへと挿入していく。

 

ヒヨリ「んっ……♥ あ……♥ あぁ……♥」

 

ヒヨリの中に、アナルプラグが全部入った。

アナルプラグのスイッチを入れる。

 

ヒヨリ「あんっ……♥ あぁ……♥」

 

ヒヨリはアナル内の振動に体をくねらせる。

 

.

③ アナルプラグ(尻尾付き)を挿入する

 

アナルプラグにローションを塗って滑りを良くした後、ゆっくりとヒヨリのアナルへと挿入していく。

 

ヒヨリ「あ……♥ あんっ♥」

 

ヒヨリの中に、アナルプラグが全部入った。

しっかりと入っているか、尻尾をさわって確認する。

 

ヒヨリ「あっ♥ んんっ♥ マスター、しっぽを触るとお尻の中がキュンってなっちゃうよ~♥」

 

お尻を振ってもじもじする。

 

.

④ アナルプラグを抜く

 

私は、ヒヨリのアナルからゆっくりとアナルプラグを引き抜いていく。

 

ヒヨリ「あっ♥ んっんんっ♥ あぁっ♥」

 

ヒヨリは、アナルの刺激に腰をくねらせる。

 

 

浣腸器

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
マスターが、ヒヨリに浣腸器を使用する。

【ミコトのミニ講座】
浣腸とは、元々医療器具なのじゃが、浣腸液を注入している時の恥ずかしさや、便意を我慢している時の苦しさ、強制的に排便させる行為でもあるため、SMプレイとして行われておるのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「浣腸器」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○浣腸液を入れたまま、他のレッスンをする。
○浣腸液が漏れないように、アナルプラグを挿入する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 浣腸液を注入する ② 浣腸液を排出させる

.

① 浣腸液を注入する

 

ヒヨリのアナルに、注射器型の浣腸器をゆっくりと挿入する。

 

ヒヨリ「あっ……♥」

 

私は、ヒヨリの様子を見ながら、ゆっくりと浣腸液を入れていく。

 

ヒヨリ「あぁ~っ……♥ あぁ~~っ……♥ お尻の中に……温かいものが入ってくるよぅ~……♥」

 

全部入れ終わると、浣腸器をゆっくりと引き抜く。

 

排泄したいという生理現象で、ヒヨリのアナルがヒクヒクとひくついている。

 

.

② 浣腸液を排出させる

 

私はヒヨリに、もう出してもいいよと言う。

 

ヒヨリは、少しためらいつつも、もう我慢する事はできず、アナルから白い浣腸液を排出する。

 

ブシューッ、ブシューッと、アナルの力を抜くたびに勢いよく噴出する。

 

ヒヨリ「あっ♥ あぁ……♥ あぁ~……、あぁ~……♥ 止まらないよぅ~……♥」

 

全て出し終えると、足元には白い水たまりができていた。

 

次のレッスンのため、私はシスティさんに声をかけて片づけてもらう。