【星川シズク】アダルトグッズを使用する(快楽系)

レッスン(星川シズク)
「アダルトグッズを使用する」について

バーチャルドールと「アダルトグッズを使用したレッスン」を行います。


【使用例】
〇「追加要素:体位」と組み合わせる事で、いろんな体位でアダルトグッズを使用している状態になります。
「M字開脚」→「バイブ」

〇「クリップを乳首に付ける」→「バイブを挿入する」→「フェラチオ」→「バイブを抜く」→「セックスをする」

〇「浣腸液を注入する」→「アナルプラグを挿入する」→「お出かけする」→「アナルプラグを抜く」→「浣腸液を排出させる」

ローター

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクにローターを使用する。

【ミコトのミニ講座】
ローターとは、コントローラーのスイッチを入れると、小さな卵型の先端がブルブル振動するアダルトグッズなのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「ローター」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○他のアダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。
○ローターを付けたまま、他のレッスンをする。
○ローターを付けたまま、服を着せる。
○ローターを付けたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① ローターを乳首に当てる② ローターをクリトリスに当てる
③ ローターをオマンコに挿入する④ ローターをアナルに挿入する
⑤ ローターをクリトリスに貼り付ける⑥ ローターを乳首に張り付ける
⑦ ローターをはずす 

.

① ローターを乳首に当てる

私はシズクの乳首に、ローターを押し当てる。

シズクは乳首への刺激に、くすぐったさと気持ち良さで身をよじる。

シズク「あっ♥ あぁん♥ あんまり強く当てないで~」

.

② ローターをクリトリスに当てる

私はシズクのクリトリスに、ローターを押し当てる。

ローターを上下に動かしたり、円を描くようにして、クリトリスに当てる。

シズクは、快感に体をくねらせながら、ビクンビクンと体を跳ねさせる。

シズク「あっ♥ あっ♥ やぁ~♥ もうダメ! やめてくれぇ~!」

.

③ ローターをオマンコに挿入する

シズクに少し足を開かせて、オマンコの中にローターをゆっくり挿入していく。

シズク「あぁ……♥ あっ♥ ん……♥」

スイッチを入れるよと伝え、カチカチとスイッチのダイヤルを回す。

シズク「あっ♥ あぁ~♥ やぁ~っ♥ くふぅ……♥」

シズクはオマンコの中の振動に身もだえする。

.

④ ローターをアナルに挿入する

シズクに少し足を開かせて、アナルの中にローターをゆっくり挿入していく。

シズク「マスター……そんな所に入れるのか……。あぁっ♥ んあぁ~……♥」

スイッチを入れるよと伝え、カチカチとスイッチのダイヤルを回す。

シズク「ひっ♥ いっ♥ あ……♥ あぁ~っ♥」

シズクはアナルの中の振動に身もだえする。

.

⑤ ローターをクリトリスに貼り付ける

シズクに、前を向かせて少し足を開かせる。

シズクのクリトリスに、テープを使ってローターをしっかりと貼り付ける。

シズク「あっ♥ んんっ♥ こんなトコに貼り付けて……。だ、大丈夫なのか……?」

スイッチを入れるよと伝え、カチカチとスイッチのダイヤルを回す。

シズク「ひぃっ♥ あ~♥ あ~♥ やぁぁ~♥」

シズクはクリトリスに伝わる振動に身もだえする。

.

⑥ ローターを乳首に張り付ける

シズクの乳首に、テープを使ってしっかりとローターを貼り付ける。

シズク「んっ♥ んぁっ♥ そんなピッタリ貼られると……」

スイッチを入れるよと伝え、カチカチとスイッチのダイヤルを回す。

シズク「んひぃっ♥ あっ……あぁ~……♥」

シズクは乳首の振動に身もだえする。

.

⑦ ローターをはずす

シズクからローターをゆっくりとはずす。

シズク「ひっ♥ やぁ……♥ お願い、もっと優しく……。はぁ……はぁ……」

電マ

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクに電マを使用する。

【ミコトのミニ講座】
電マとは、大きな棒状の持ち手部分にスイッチがあり、先端に振動する球状の部分が付いておるアダルトグッズなのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「電マ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○他のアダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 電マを胸に軽く当てる② 電マを胸に強く当てる
③ 電マをオマンコに軽く当てる④ 電マをオマンコに強く当てる

.

① 電マを胸に軽く当てる

私はシズクの胸に、電マを軽く当てる。

電マが微かに触れるようにして動かしたり、軽く押し当てたりする。

時折、乳首に軽く当てると、シズクは快感にビクンと反応する。

シズク「んあぁっ♥ あ~っ♥ あ~っ♥」

.

② 電マを胸に強く当てる

私はシズクの胸に、電マを強く押し当てる。

激しい振動がシズクの胸をブルブル揺らす。

激しく揉まれているような刺激に、シズクは身をよじらせる。

シズク「ひゃぁぁ~っ♥ あっ♥ あっ♥ あぁ~♥ もうダメ~!」

.

③ 電マをオマンコに軽く当てる

私はシズクのオマンコに、電マを軽く当てる。

電マが微かに触れるようにしたり、軽く押し当てたりする。

電マを軽く上下させてオマンコをマッサージすると、シズクは快感にビクッと震えて、逃れようと体をくねらせる。

時折、クリトリスに軽く当てると、快感にガクガクっと体を震わせる。

シズク「あぁぁっ♥ あぁん♥ ひゃんっ♥」

.

④ 電マをオマンコに強く当てる

私はシズクのオマンコに、電マを強く押し当てる。

激しい振動がシズクのオマンコをブルブルと刺激する。

激しい振動は、オマンコの中や子宮も揺らすため、尋常ではない快感を与える。

シズクは激しい快感に、体をくねらせたり、ビクビクと跳ねさせたりと激しく反応する。

シズク「あっ♥ あぁっ♥ あ~っ♥ あ~っ♥ つ、強すぎ~っ! もうとめて~!」

ディルド

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクにディルドを使用する。

【ミコトのミニ講座】
ディルドとは、基本的には電動ではなく、勃起した男性器のような形状をしたアダルトグッズなのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「ディルド」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○他のアダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。
○ディルドを入れたまま、他のレッスンをする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① ディルドを固定して座らせる② ディルドを抜く
③ 腰を前後に動かしてオナニーをさせる④ 腰を上下に動かしてオナニーをさせる

.

① ディルドを固定して座らせる

私は、ディルドの裏にある吸盤を使ってディルドを立たせ、シズクに座るように言う。

シズクはオマンコにディルドを当てると、ゆっくりと挿入する。

シズク「あ、あまり見ないでくれ……。恥ずかしい……。んっ……♥ んん……♥ はぁ~……♥ これでいいか?」

.

② ディルドを抜く

私は、シズクにディルドを抜くように言う。

ゆっくりと腰を上げて、シズクの腟内から抜かれたディルドは愛液でベッタリと濡れて、下にまで愛液の水溜まりができていた。

シズク「んぁ……♥ あ……♥」

.

③ 腰を前後に動かしてオナニーをさせる

私はシズクに、腰を前後に動かしてオナニーをするように言う。

シズクが、腰を前後に動かすと、ディルドがシズクのオマンコの中を掻き回す。

ぺったんと座り込んでいるため、クリトリスもディルドの根元部分に当たって擦れる。

シズク「あぁ……♥ んん~っ……♥ あっ♥ くぅ……♥」

.

④ 腰を上下に動かしてオナニーをさせる

私はシズクに、腰を上下に動かしてオナニーをするように言う。

シズクが、腰を上下に動かすと、ディルドがシズクのオマンコの中を擦り上げる。

快感に力が抜けて腰をぺったりと落とすと、子宮口がデイルドに突き上げられて、激しい快感が身体中に巡る。

シズク「あっ♥ んぁっ♥ ひっ♥ いっ♥」

バイブ

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクにバイブを使用する。

【ミコトのミニ講座】
バイブとは、男性器のような形をしておって、スイッチを入れると、うねうねと先端部分が動くようになっておるアダルトグッズなのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「バイブ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○他のアダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。
○バイブを入れたまま、他のレッスンをする。
○バイブを入れたまま、服を着せる。
○バイブを入れたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① バイブを挿入する② バイブを抜く
③ バイブをゆっくりと出し入れする④ バイブを激しく出し入れする

.

① バイブを挿入する

シズクに少し足を開かせる。

シズクのオマンコに、ゆっくりとバイブを挿入していく。

シズク「あ……♥ あぁん♥ あっ……♥」

全部入れ終わった後、バイブのスイッチを入れる。

シズク「んひぃっ♥ きゅっ、急に動かさないで……。あぁんっ♥ あぁ~♥」

シズクは体を縮めながら、身もだえする。

.

② バイブを抜く

バイブの快感に内股気味になっているシズクに、足を少し開かせる。

私がバイブに触れると振動が伝わって、シズクはビクンとはねる。

柄の部分を掴んで、ゆっくりと引き抜く。

シズク「あっ……♥ あぁ……♥」

バイブは愛液でねっとりと濡れていた。

.

③ バイブをゆっくりと出し入れする

私は、バイブをゆっくりと出し入れする。

オマンコの奥に押し当てると、動いている先端部分がクリクリと子宮口をこねくり回して刺激し、オマンコの側面はパールが埋め込まれた竿の側面で撫でるように刺激される。

さらにクリトリスは、根元にある小さな突起した部分が高速で振動してペロペロと刺激する。

ゆっくりと動かす事で、バイブの刺激をじっくりと味わいながら、快感で身をよじる。

シズク「んあっ……♥ あっ♥ マスター、その動かし方、ダメ……! あっ♥ あぁんっ♥ 気持ちいい~っ……!」

.

④ バイブを激しく出し入れする

私は、バイブを激しく出し入れする。

バイブの先端部分が、オマンコの側面を激しく擦り上げながら進み、オマンコの奥にぶつかると子宮口が刺激され、根元の小さな突起もクリトリスを激しく刺激する。

何度も出し入れをするほど、シズクの快感が高まって、仰け反るほど悶える。

シズク「んあぁっ♥ あっ♥ あっ♥ あぁ~♥ 激しすぎっ! あっ♥ もうダメ! ダメ~っ!」

リモコン式アダルトグッズ

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクにリモコン式アダルトグッズを使用する。

【ミコトのミニ講座】
リモコン式アダルトグッズとは、リモコンを操作する事で、離れた場所にあるローターやバイブのスイッチをオン・オフできるアダルトグッズなのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「リモコン式アダルトグッズ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○スイッチをオン・オフする。
○リモコン式アダルトグッズを付けたまま、他のレッスンをする。
○リモコン式アダルトグッズを付けたまま、服を着せる。
○リモコン式アダルトグッズを付けたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① リモコン式グッズを装着する② リモコン式グッズをはずす
③ スイッチをオンにする④ スイッチをオフにする

.

① リモコン式アダルトグッズを装着する

リモコン式アダルトグッズを装着してる最中、くすぐったがってシズクは身をよじる。

装着し終えたので、試しにスイッチをオンにしてみる。

シズク「あぁっ♥ くぅ~っ……♥」

スイッチと同時に、声を上げて内股気味になる。

シズクの反応で、ちゃんとリモコンが機能している事が確認できたので、一旦スイッチをオフにする。

.

② リモコン式アダルトグッズをはずす

リモコン式アダルトグッズをはずすと、糸を引くほど愛液で濡れていた。

シズク「もう……。あまり見ないでくれ……」

.

③ スイッチをオンにする

リモコン式アダルトグッズのスイッチをオンにする。

シズク「んひぃっ♥ くぅ~……♥ あっ……♥ あっ……♥」

急に振動し始めた事で、一瞬ビクっと体を震わせた後、太ももをもじもじとさせる。

.

④ スイッチをオフにする

リモコン式アダルトグッズのスイッチをオフにする。

シズク「あっ……♥ はぁ……はぁ……」

快感から解放されたシズクは、ほっとして脱力する。

オナホール

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクにオナホールを使用する。

【ミコトのミニ講座】
オナホールとは、男性がオナニーをする時に使用するもので、穴の中が女性器のようになっていて快感を得る事ができるアダルトグッズなのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「オナホール」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○他のアダルトグッズを使用する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① オナホールを馴染ませる② オナホールの入口で亀頭をこねる
③ オナホールを握る力を強くする④ オナホールを握る力を弱くする
⑤ オナホールをゆっくりとピストンする⑥ オナホールを激しくピストンする

.

① オナホールを馴染ませる

シズクは、オナホールの入口にたっぷりとローションを塗ると、ローションを馴染ませながら私のチンコを挿入していく。

それだけでも気持ちが良く、思わず声が出てしまう。

シズク「あ、あまり変な声を出さないでくれ……」

.

② オナホールの入口で亀頭をこねる

シズクは、オナホールの入口を使って、私の亀頭をくにゅくにゅとこねる。

ローションでぬるぬるになっているため滑りが良く、ぷちゅっぷちゅっという音を立てながら、私のチンコを刺激する。

シズク「ど、どうだ? ……その、気持ちいいか?」

.

③ オナホールを握る力を強くする

シズクがオナホールを握る力を強くすると、オナホール内の圧力が上がる。

締まりの良い腟のように、私のチンコをきゅむきゅむと締め付けてくる。

シズク「強くすれば良いんだな……。こ、これぐらいか?」

.

④ オナホールを握る力を弱くする

シズクがオナホールを握る力を弱くすると、オナホール内の圧力が下がる。

ソフトな感触に包まれて、気持ちが良い。

シズク「弱くすれば良いんだな……。こ、これぐらいか?」

.

⑤ オナホールをゆっくりとピストンする

シズクは、オナホールをゆっくりと上下させる。

ねっとりとした刺激に、私のチンコはぴくんぴくんと反応する。

ゆっくりと往復するため、オナホール内のおうとつを実感して、曲がりくねった場所やイボイボが付いた場所を通る度に、オナホールならではの複雑な快感がチンコを刺激してくる。

シズク「あっ、あまり動かさないでくれ……。反応されると、その……なんだか恥ずかしくなってしまう……」

.

⑥ オナホールを激しくピストンする

シズクは、オナホールを激しく上下させる。

ローションがぐちゅっぐちゅっと鳴りながら、時々、飛沫のように飛ぶ。

波のように押し寄せる快感に、私は耐えられずに腰を浮かせる。

シズク「んっ。んっ。こっ、こんな感じでいいのか? ダメだったら遠慮なく言ってくれ。んっ。んっ。」