【星川シズク】前戯をする(コキ・パイズリ・フェラチオ)

レッスン(星川シズク)

 

■「前戯をする」について

バーチャルドールと「前戯のレッスン」を行います。

 

【使用例】
〇「追加要素:体位」と組み合わせる事で、いろんな体位で前戯をしている状態になります。

「シックスナイン」→「クリトリスを舐める」→「フェラチオをする」

 

手コキ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクが、マスターに手コキをする。

【ミコトのミニ講座】
手コキとは、男性器を手を使って擦る行為の事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「○コキ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○フェラ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 両手で上下に擦る ② 両手でこねるように擦る
③ 両手で亀頭をなでまわす ④ 玉を撫でたり揉んだりする

.

① 手で上下に擦る

 

顔を真っ赤にしながら、シズクは私のチンコを手で上下に擦る。

ぎこちない手付きだが、それがかえって気持ちが良い。

 

シズク「あっ。すご……。すごく硬い……」

 

.

② 手でこねるように擦る

 

難しい問題を解いてるような顔をしながら、シズクは両手で竿や亀頭をこねるようにして擦る。

不慣れなために少し乱暴な感じになっているが、それがかえって良い刺激になっている。

 

こねる手がカリ首や裏筋にも当たるため、快感で強すぎてチンコがピクンと跳ねる。

 

シズク「わっ……! マ、マスター、急に動かさないでくれ……。ビックリするじゃないか~……」

 

.

③ 亀頭をなでまわす

 

シズクは亀頭を覆うようにしてなでまわす。

なでまわしながら、ぷにぷにと亀頭の感触を確かめているように感じて、どうしたのかと尋ねる。

 

シズク「えっ……。その……、触り心地が……気持ち良くて……」

 

顔を真っ赤にしたシズクは、顔を伏せながら小さな声で白状する。

 

.

④ 玉を撫でたり揉んだりする

 

シズクは玉袋を、恐る恐るといった様子で手の平で触る。

玉袋は男の急所という知識はあるようで、そっと手の平や指の腹でなでる程度にとどめる。

 

シズク「マスター、痛くないか……? 痛かったら、すぐに言ってくれ……」

 

 

足コキ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクが、マスターに足コキをする。

【ミコトのミニ講座】
足コキとは、男性器を足を使って擦る行為の事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「○コキ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○フェラ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 両足で挟んで擦る ② 両足でこねるように擦る
③ 足の指の間に挟んで擦る ④ 足で踏みつけて擦る

.

① 両足で挟んで擦る

 

シズクは恐る恐る足を延ばして、そっと私のチンコに触れる。

触れた瞬間、シズクはすぐに足を引っ込める。

 

もう一度、そっと両方の足の裏でチンコを挟むと、ぎこちない動きで擦る。

 

シズク「マ、マスター……、痛くないか……? 痛かったらすぐに言ってくれ……」

 

.

② 両足でこねるように擦る

 

シズクはぎこちない足の動きで、私のチンコをこねるように擦る。

 

シズク「マスター、できるだけこっちを見ないでくれ……」

 

足コキをしながらシズクは恥ずかしそうに、手で股の部分を見えないように隠している。

見えていないから大丈夫だよと、シズクを安心させる。

 

シズク「よかった……」

 

実はしっかりと見えているのだが、レッスンに集中できなくなりそうなので、つい嘘をついてしまった。

 

.

③ 足の指の間に挟んで擦る

 

シズクは足の指の間に、私のチンコを挟んで擦る。

 

ぎこちない足の動きで、時々、足の指でチンコがギュっと締めあげられたり、キツく皮を引っ張られたりして、結構痛い。

だが、シズクが申し訳なく感じて萎縮してしまわないように、私はできるだけ顔に出さないようにしている。

 

シズク「マ、マスター……、強くし過ぎてないか……?」

 

我慢している事に気付いてしまったらしいシズクが、心配そうに尋ねてくる。

 

私は、少し痛いかもと、やんわり伝える。

 

シズク「マスター、すまない……。ちゃんと気持ち良くするから」

 

自分の発言に、シズクは顔を真っ赤にする。

 

.

④ 足で踏みつけて擦る

 

シズクは私のチンコを、遠慮しながら恐る恐るといった様子で踏みつける。

 

私は、もっと強く踏んだり、足をグリグリするようにアドバイスする。

 

どれくらいの加減が良いのかわかっていないシズクは、結構強い力でぐっと踏み付けて、グリグリとする。

 

痛みと快感に反応して、私のチンコはギンギンに勃起してしまう。

 

シズクはそれを見て、顔を赤くして視線を逸らす。

 

シズク「ふ……、踏みつけられるのが良いなんて……、シズクには理解できないな……」

 

 

尻コキ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクが、マスターに尻コキをする。

【ミコトのミニ講座】
尻コキとは、男性器を尻を使って擦る行為の事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「○コキ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○フェラ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① お尻に当て擦る ② お尻に挟んで擦る
③ お尻を押し当ててこねる ④ お尻を押し当てて擦る

.

① お尻に当て擦る

 

私はシズクのお尻を掴んで動かし、シズクのお尻にチンコを当てたり擦ったりする。

 

シズクのお尻にチンコを当てると、柔らかく押し返してきたり弾力にはじかれて、とても気持ちが良い。

 

シズク「あっ♥ ……あぁ♥ マスターのが…… シズクのお尻に当たってる……」

 

.

② 尻に挟んで擦る

 

私はシズクのお尻を掴んで、自分のチンコを押し当てて上下に擦る。

 

シズクの柔らかいお尻に包まれた状態で上下に擦ると、心地よい圧迫感と共に、亀頭や裏筋が擦られて気持ちが良い。

 

シズク「あっ♥ そこはダメ……! あっ♥ そんな所を擦らないでくれ……! あんっ♥」

 

.

③ 尻を押し当ててこねる

 

シズクは恥ずかしそうに私のチンコにお尻を押し当てながら、ゆっくりと腰を動かす。

 

顔を真っ赤にしているシズクが、お尻を動かしてチンコを気持ち良くさせようとしている姿に、ついついチンコが反応してピクンピクンと動いてしまう。

 

シズク「マ、マスター……。あまりそれを動かさないでくれ~……。お尻を撫でられているようで、ヘンな気持ちになってしまう……」

 

.

④ お尻を押し当てて擦る

 

顔を真っ赤にしてシズクは、私のチンコに尻を押し当てながら、ぎこちない動きで腰を上下に擦るように動かす。

 

すでにシズクのお尻の気持ち良さで、私のチンコはお尻を押し返そうとするほどそそり立っている。

 

ぎこちないながらもお尻を動かしていたシズクだったが、次第に、動きを止めたりお尻を離したりする。

私は、どうしたのかと尋ねると、シズクはさらに顔を赤くしてうつむく。

 

シズク「マスターのが……その……。シズクのを擦るから……、気持ち良くなってきて……」

 

 

素股

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクが、マスターに素股をする。

【ミコトのミニ講座】
素股とは、男性器を性器を使って擦る行為の事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「○コキ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○フェラ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① オマンコと太ももの間に挟む ② 太ももに挟んでこする
③ オマンコと太ももの間に入れて擦る ④ オマンコに押し当てながら擦る

.

① オマンコと太ももの間に挟む

 

シズクの太ももとオマンコの間にチンコを潜り込ませる。

顔を真っ赤にしているシズクは、股の間にあるチンコを意識しているのか、硬直したままピクリとも動かない。

 

シズク「マ、マスター……。これは一体、どういう状況なんだ……」

 

.

② 太ももに挟んでこする

 

私はシズクの太ももにチンコを挟んで、間から出し入れするように腰を動かす。

 

柔らかい太ももに擦れる度に、気持ち良さにチンコがピクンと動いてしまう。

その度にシズクも、ビクっと驚いたように震える。

 

シズク「マスタ~……。シズクの太ももの間で、あまりそれを動かさないでくれ~……」

 

.

③ オマンコと太ももの間に入れて擦る

 

シズクの股と太ももの間にチンコを挿入すると、きゅっと締まっていてそれだけで気持ちが良い。

 

私が腰を振ると、シズクも興奮しているのか息が荒くなる。

 

シズク「んっ♥ んっ♥ あっ♥ マスター、あまり強くしないで……」

 

.

④ オマンコに押し当てながら擦る

 

顔を真っ赤にしたシズクは、少し躊躇した後、私のチンコにオマンコを押し当てる。

 

ゆっくりと腰を動かし始めるシズクは、恥ずかしいのか顔をそむけて目を合わせないようにしている。

時折、腰の動きが乱れるのは、シズクも感じているからのようだ。

 

シズク「ん……っ♥ ん……っ♥ ……はぁ♥ ……んっ♥」

 

 

パイズリ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクが、マスターにパイズリをする。

【ミコトのミニ講座】
パイズリとは、女性の胸で男性器を挟んで、擦りつけたり揉んだりする事じゃ。
胸が小さくて挟めない場合は、胸と手で挟んで擦ると良いぞ。
ちなみに「ちっパイズリ」と呼ばれておるみたいじゃのぅ。

ミコトのアダルト講座:「パイズリ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラをする。
○アダルトグッズを使用する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 亀頭を乳首に当てる ② 挟んで圧をかける
③ こねるように動かす ④ 上下に動かす
⑤ 縦パイズリをする ⑥ 馬乗りパイズリをする

.

① 亀頭を乳首に当てる

 

顔を真っ赤にしたシズクは、恐る恐るそっと私のチンコを握る。

 

シズク「ぅわぁっ……。硬い……」

 

自分の胸に亀頭を当てたり擦ったりする。

 

私は、シズクに乳首にも当てて欲しいと言う。

 

シズク「マスターの……ヘンタイ……」

 

うつむきながら目線だけこちらに向けて、シズクは恥ずかしそうに言う。

 

乳首に当てて擦ってもらうと、柔らかい部分と固い部分が擦れて気持ち良い。

 

シズク「んあっ……♥ あ……♥ うぅ~……♥ あぁ……♥」

 

擦る度にシズクも気持ち良くなって甘い声を上げる。

 

.

② 挟んで圧をかける

 

シズクは私のチンコを胸に挟み込もうとするが、そっと軽く挟もうとしているせいで、私のチンコはシズクの胸の中からスルリと抜け出てきてしまう。

その度に、チンコがシズクの胸で擦られて気持ち良い。

 

シズク「よしっ! やっと挟めたぞ!」

 

何度も擦られた上にもう逃がさないつもりで、ぎゅ~っと挟まれてしまったため、あまりの快感にチンコがビクンビクンと動いてしまう。

 

シズク「あ! ダメ! せっかくうまくできたのに、逃げようとするな~!」

 

.

③ こねるように動かす

 

シズクは私のチンコを挟み、左右の胸でゆっくりとこねるように擦る。

 

ゆっくりなのも気持ちが良いが、私はシズクにもう少し早くやってくれるようにお願いする。

 

シズク「は……早くか……。わ、わかった……」

 

少し躊躇するシズクは、覚悟を決めたような顔で早く胸を動かす。

 

シズク「んん~……♥ あぁ~っ♥ うぅ~……♥ んっんっ♥ やぁ~……♥」

 

私のチンコが胸に強く擦れる度に、シズクも感じて甘い声を上げる。

 

.

④ 上下に動かす

 

シズクは私のチンコを胸に挟んだ状態で、何度も上下に擦る。

 

シズク「あっあぁ~♥ あっ♥ んぁ~っ♥ うぅ~……♥」

 

チンコが胸に激しく擦れて、シズクは甘い声を上げる。

 

シズク「わわっ! マ、マスターの……すごく熱くなってきた……!」

 

それはシズクの胸も同様で、お互いに擦れている部分が熱くなっている。

 

.

⑤ 縦パイズリをする

 

シズクは真っ赤にした顔を背けながら、目の前にあるチンコに、時々チラチラと視線を向けている。

 

シズク「マスター……。するなら、さっさとして欲しい……」

 

両手で寄せられている胸に向かって、私は正面からチンコを挿入する。

 

シズクの胸を掻き分けるようにして、チンコが埋もれていく。

 

シズク「んあぁ~っ♥」

 

胸を撫でる感触に、シズクは敏感に甘い声を上げる。

 

腰を動かすと、シズクの胸がむにゅむにゅと擦れて気持ちが良い。

 

シズク「あっ♥ あぁっ♥ うぅ~♥ んあっ♥」

 

シズクの方も、胸を擦られて気持ちが良いようだ。

 

.

⑥ 馬乗りパイズリをする

 

シズクに馬乗りになっているため、シズクの目の前には私のチンコがある。

 

シズク「マスター……。これは一体どういう状態なんだ……。ひゃあぁ!」

 

至近距離にあるチンコに視線を向けてしまったシズクは、悲鳴のような声を上げて、慌てて視線をそらす。

顔を真っ赤にしたシズクは、文句を言いたげな顔をする。

 

シズク「むぅ……。早く終わらせてくれ……」

 

私はシズクに胸でチンコを挟むと、擦り付けながら腰を振る。

 

シズク「あっ♥ ああっ♥ ひゃあっ! あんっ♥ マスター、近いっ! 近いぃ~!  あんっ♥ やぁ~っ! マスターのヘンタイ~!」

 

胸を擦られる恥ずかしさと快感と、目の前にチンコが迫るという状況に、シズクは喘ぎ声と悲鳴が混じったような声を上げる。

 

 

フェラチオ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
シズクが、マスターにフェラチオをする。

【ミコトのミニ講座】
フェラチオとは、男性器を口に含んだり、舌で舐める行為の事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「フェラチオ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 竿を舐め上げる ② 裏筋を舐める
③ 亀頭を舐める ④ ゆっくりとしゃぶる
⑤ 激しくしゃぶる ⑥ 玉を舐める
⑦ 見つめフェラをする ⑧ バキュームフェラをする
⑨ ディープ・スロートをする ⑩ お掃除フェラをする

.

① 竿を舐め上げる

 

シズクは顔を赤くして羞恥心に震えながら、そ~っと私のチンコに顔を近づける。

その様子がエロく感じてしまって、私のチンコはついビクンと動いてしまう。

 

シズク「ひゃあっ!」

 

驚いたシズクは、悲鳴を上げてチンコから遠ざかる。

 

シズク「も、もう! ビックリするじゃないか!」

 

もう一度、シズクは私のチンコに顔を近づける。

またチンコが動いてしまわないように、シズクのしぐさに意識しないようにする。

 

シズクはぎこちない舌使いで、下から先までを何度も舐める。

 

シズク「ん……♥ んん……♥ はぁ……はぁ……♥」

 

舐めながら興奮しているようにも見えて、シズクがとても艶やかに感じる。

 

.

② 裏筋を舐める

 

あまりチンコを見ないように目を伏せながら、シズクは私のチンコを舐める。

裏筋に差し掛かった時に、私はそこを重点的に舐めてくれるようにお願いする。

 

シズク「こ、ここだな……? ん……♥ ん……♥」

 

恥ずかしさに目を閉じながら、シズクは裏筋を口から少しだけ出した舌でチロチロと舐める。

 

時々、唇が当たるのがチンコにキスをしているようでとても興奮したのだが、言うとやめてしまいそうなので、その事は黙っておく事にした。

 

.

③ 亀頭を舐める

 

シズクは恥ずかしそうに少し躊躇した後、亀頭を口に含む。

 

口の中の亀頭を、控えめに舌を動かして舐める。

目をそらして恥ずかしそうに舐めるため、余計に卑猥に感じられて興奮してしまい、思わずピクンピクンとチンコが動いてしまう。

 

シズク「んんっ……♥ ん~っ……♥」

 

私がシズクのフェラで興奮しているのが伝わってしまったらしく、シズクは一段と恥ずかしそうにする。

 

.

④ ゆっくりとしゃぶる

 

シズクはぎこちない舌使いでペロペロと舌を動かしながら、ゆっくりと上下にしゃぶる。

ぎこちないながらも一生懸命舐めてくれている姿に、快感以上の満足感を感じる。

 

シズク「んっ……♥ んん~……♥ うぅ~……♥」

 

時々、チラっと私の方を見るが、恥ずかしがってすぐに目をそらす。

 

シズク「もう……、あまりこっちを見ないで……」

 

.

⑤ 激しくしゃぶる

 

私は、シズクに激しくしゃぶってみて欲しいとお願いする。

 

シズクは舌で舐める速度を早くして、ペロペロ、ペロペロと激しく舐める。

もっとじゅぶじゅぶと激しく上下して舐める事を期待したのだが、これはこれですごく気持ちが良い。

 

夢中でペロペロしているシズクを見ていると、ふいにシズクと目が合う。

 

シズク「あ……」

 

急に恥ずかしくなったようで、しゃぶり方がゆっくりになった。

 

.

⑥ 玉を舐める

 

シズクは恐る恐るといった様子で、舌で袋を撫でる。

 

シズク「マスター……、痛かったらすぐに言ってくれ……」

 

私の顔を時々チラチラと見ながら、恥ずかしそうに舐めている姿を見るだけで、とても興奮する。

 

多少痛くても我慢するつもりでいるので、私は、痛くしても構わないと伝えると、シズクは信じられないといった顔をする。

 

シズク「マ、マスターは痛くされるのが好きなのか……。ヘンタイな人の思考はシズクには理解できない……」

 

.

⑦ 見つめフェラをする

 

よく顔を背けたり目線を外す事が多いので、私はシズクに、見つめながらフェラをしてみてとお願いする。

 

シズク「こ、こんな恥ずかしい事をしながら、マスターと見つめ合えと言うのか……。マスターはどれだけヘンタイなんだ……」

 

怯えるような、軽蔑するような視線を向けてくるので、シズクが羞恥心を克服するための訓練だと説明した。

 

シズクは私のチンコを恥ずかしそうに舐めながら、チラチラと私の目に視線を合わせる。

目が合うとさらに顔が赤くなり、耐えられなくなると目をそらす。というのを何度も繰り返す。

苦手な事をがんばって克服しようとしている姿が可愛いと思った。

 

恥ずかしがりのシズクとしては、とてもがんばっているので何か褒めてあげたくなり、私は、シズクに可愛いよと伝える。

 

シズク「むぅ……。こんなの舐めてる姿を可愛いって言われても……あまり嬉しくない……」

 

余計な事を言ってしまったせいで、もう目を合わせてくれなくなってしまった。

 

.

⑧ バキュームフェラをする

 

私は、シズクにバキュームフェラをしてみて欲しいとお願いする。

 

バキュームフェラという言葉を聞いて想像してしまったようで、顔を真っ赤にする。

 

シズク「マスターは、どうしようもないヘンタイだな……」

 

そう言いながらもシズクは、私のチンコを口に含むと、ずずずずーっと軽く吸い付きながら、ぎこちない舌使いでチンコ全体を舐めてくれる。

 

少しすると、シズクはすごく興奮しているようで、どうしたのかと尋ねてみる。

チンコから口を離し、恥ずかしそうに視線をそらす。

 

シズク「この舐め方……マスターの匂いをすごく感じてしまう……」

 

.

⑨ ディープ・スロートをする

 

私はシズクに、ディープ・スロートをして欲しいとお願いする。

 

シズク「……これを……喉の奥まで飲み込めっていうのか……!?」

 

不安そうな顔で少し躊躇した後、目を瞑ってパクっと咥える。

少しずつ喉の奥に飲み込んでいき、なんとか根本まで飲み込む。

 

喉でちゅぅちゅぅっと、控えめに絞めつけてくる。

あまりに気持ち良すぎて思わず声が出てしまい、同時にチンコがピクンピクンとシズクの中で動いてしまう。

 

意識しないように目を瞑っていたシズクは、だんだん顔が真っ赤になっていく。

我慢しきれずに、むせてチンコを吐き出してしまう。

 

シズク「もう……。マ、マスターが反応したせいだぞ……」

 

.

⑩ お掃除フェラをする

 

私は、シズクにお掃除フェラをして欲しいとお願いする。

 

シズクは濡れているチンコを丁寧に舐めてくれる。

尿道に残った精液も、ちゅ~っと吸いだしてくれて、その様子にまた興奮してしまう。

 

ピクンピクンと上下するチンコから、シズクは顔を赤くして目をそらす。

 

シズク「も、もう……! やりにくいから動かさないでくれ……!」