【風舞アスカ】前戯をする(コキ・パイズリ・フェラチオ)

レッスン(姫宮アリス)

 

■「前戯をする」について

バーチャルドールと「前戯のレッスン」を行います。

 

【使用例】
〇「追加要素:体位」と組み合わせる事で、いろんな体位で前戯をしている状態になります。

「シックスナイン」→「クリトリスを舐める」→「フェラチオをする」

 

手コキ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカが、マスターに手コキをする。

【ミコトのミニ講座】
手コキとは、男性器を手を使って擦る行為の事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「○コキ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○フェラ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 両手で上下に擦る ② 両手でこねるように擦る
③ 両手で亀頭をなでまわす ④ 玉を撫でたり揉んだりする

.

① 手で上下に擦る

 

アスカ「アスカのすごさ、見せてあげる♥」

 

アスカは私のチンコをぎゅっと手で掴むと、少し乱暴に上下に擦る。

 

激しく上下させるため、激しい快感と痛みが入り混じる。

 

何度も擦られて喘ぐ私を見て、アスカもすごく興奮している。

 

アスカ「あはっ♥ マスター、もっともっと喘いで見せなさい♥」

 

.

② 手でこねるように擦る

 

アスカは両手で、竿や亀頭をこねるようにして擦る。

 

私がカリ首や裏筋が弱いと知ると、アスカはそこを重点的に攻めてくる。

 

アスカ「あはっ♥ マスターの弱点はここね♥」

 

楽しそうにするアスカの執拗な攻めに耐えられずに、腰が浮いてしまう。

 

アスカ「ほらほら、もっとよがりなさいよ~♥」

 

.

③ 亀頭をなでまわす

 

アスカは私の反応を見ながら、なでまわしたり、指で押してみたり、擦ったり、つまんだり、グリグリと指で挟んだりと弄ぶ。

 

快感でチンコがビクンビクンと跳ねるのを見て、さらにアスカは楽しそうにする。

 

アスカ「あはっ♥ マスターのオチンチンをいじめるのすっごく楽しい~♥」

 

.

④ 玉を撫でたり揉んだりする

 

アスカは玉袋に触ると、私の方をじっと見てニヤリと笑う。

 

私は嫌な予感がして、アスカを止めようとする。

 

アスカ「ぎゅーーーーっ!!」

 

ビクっとする私を見て、アスカは楽しそうに笑う。

 

アスカ「あはっ♥ そんなに強く握らないわよ♥」

 

そう言いつつも、アスカはぎゅーぎゅーと強めに握ったり、優しく撫でたりしてくるため、痛みと快感で思わず喘ぎ声が出てしまう。

 

アスカ「ぎゅーぎゅー、なでなで♥ ぎゅーぎゅー、なでなで♥ どう? アメとムチってやつよ♥」

 

 

足コキ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカが、マスターに足コキをする。

【ミコトのミニ講座】
足コキとは、男性器を足を使って擦る行為の事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「○コキ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○フェラ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 両足で挟んで擦る ② 両足でこねるように擦る
③ 足の指の間に挟んで擦る ④ 足で踏みつけて擦る

.

① 両足で挟んで擦る

 

アスカは私のチンコを、両方の足の裏で挟んで上下に擦る。

足の裏でギュっと力を入れられると、強い刺激を感じてさらに硬く勃起する。

 

アスカはチンコの反応を見て、満足そうな表情でさらに強く擦り上げる。

 

アスカ「あはっ♥ 足でされて喜んでるの? このドスケベ、ヘンターイ♥」

 

.

② 両足でこねるように擦る

 

アスカは私のチンコを、両方の足の裏でこねるように擦る。

私のチンコは無遠慮に足蹴にされ、両足で強く挟まれ、グリグリと擦られ、笑みを浮かべたアスカに弄ばれる。

 

痛みと快感に私が喘ぐと、アスカは嬉しそうに続ける。

 

アスカ「マスターって、痛くされると気持ち良くなっちゃうのかしら~? マスターってヘンなんじゃな~い?」

 

.

③ 足の指の間に挟んで擦る

 

アスカは足の指の間に、私のチンコを挟んで擦る。

指の間に挟んで上下に何度か優しく擦った後、カリ首の部分でギュっと力を入れる。

 

痛みと気持ち良さに、ビクンとチンコが跳ねる。

 

アスカ「あはっ♥ 今、ビクってなった~♥」

 

指でギュっと掴んだまま、足を使ってチンコを左右に弄ばれる。

 

カリ首が強く指に擦れて、痛みと快感に腰が浮いてしまう。

 

アスカ「あはっ♥ オチンチン、痛いの? 気持ち良いの? ねぇ、どっちなの?」

 

.

④ 足で踏みつけて擦る

 

アスカは私のチンコを、足の裏で踏みつける。

踏みつけながら擦り上げられ、私は快感に声が出てしまう。

 

アスカ「あはっ♥ 気持ち良さそうね♥ もっと気持ち良くしてあげる♥」

 

強く踏まれて、ぐりぐりと擦られる。

 

激しい快感と痛みに悶えてしまう。

 

アスカ「もう♥ マスターのそんな姿を見せられたら、アスカも興奮しちゃうじゃない♥」

 

 

尻コキ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカが、マスターに尻コキをする。

【ミコトのミニ講座】
尻コキとは、男性器を尻を使って擦る行為の事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「○コキ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○フェラ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① お尻に当て擦る ② お尻に挟んで擦る
③ お尻を押し当ててこねる ④ お尻を押し当てて擦る

.

① お尻に当て擦る

 

私はアスカのお尻を掴んで動かし、アスカのお尻にチンコを当てたり擦ったりする。

アスカのお尻にチンコを当てると、柔らかく押し返してきたり弾力にはじかれて、とても気持ちが良い。

 

アスカ「アスカのお尻はそんなに気持ち良いのかしら? このドスケベ、ヘンターイ♥」

 

.

② お尻に挟んで擦る

 

私はアスカのお尻を掴んで、自分のチンコを押し当てて上下に擦る。

アスカのやわらかいお尻に包まれた状態で上下に擦ると、心地よい圧迫感と共に、亀頭や裏筋が擦られて気持ちが良い。

 

アスカ「勝手に挿入したら、すご~いお仕置きするわよ~♥ ちゃんとわかってるわよね?」

 

.

③ 尻を押し当ててこねる

 

アスカは私のチンコにお尻を押し当てながら、グリグリと腰を動かす。

お尻でチンコを乱暴に扱われて痛みを感じるが、アスカの柔らかいお尻でこねられて、痛みよりも快感の方が強い。

 

ぎゅーぎゅーっと尻を押し当ててくるが、強く押し当てられるほどに気持ちが良くなる。

 

アスカ「マスターのオチンチンなんて、アスカのお尻で潰してあげるわ♥ ほらほらほら~♥」

 

.

④ お尻を押し当てて擦る

 

アスカは私のチンコに尻を押し当てながら、腰を上下に擦るように動かす。

 

数回擦られただけで私のチンコは勃起して、アスカのお尻を押し返そうとする。

 

アスカ「あはっ♥ 生意気なオチンチンね♥ 抵抗してもムダよ♥」

 

アスカはさらにグリグリとお尻を押し付けてくる。

 

ギンギンに勃起して立ちたがっているチンコを、無理矢理お尻で押し潰しているため、激しい快感と痛みがすごくて、グリグリされる度に声が出てしまう。

 

アスカ「ほ~ら、アスカに逆らうからよ~♥ もう反抗しないように、もっとお仕置きしておいてあげるわ♥」

 

 

素股

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカが、マスターに素股をする。

【ミコトのミニ講座】
素股とは、男性器を性器を使って擦る行為の事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「○コキ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○フェラ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① オマンコと太ももの間に挟む ② 太ももに挟んでこする
③ オマンコと太ももの間に入れて擦る ④ オマンコに押し当てながら擦る

.

① オマンコと太ももの間に挟む

 

私はアスカのオマンコと太ももの間に、チンコを挟み入れる。

アスカはじ~っと私のチンコを睨みつけている。

 

私はどうしたのかと尋ねる。

 

アスカ「このオチンチン、アスカのオマンコと太ももの間に収まって気持ち良さそうにしてるから、なんだか無性に叩いてやりたくなってきたわ♥」

 

叩かれる事を想像してチンコがピクンと動いてしまい、アスカのオマンコを押し上げるように擦る。

 

アスカ「あんっ♥ もうっ♥ そんなに叩いてほしいのね♥ ほらほら、ほら♥」

 

亀頭をアスカの手の平で叩かれ、私は快感と痛みに悶えた。

 

.

② 太ももに挟んでこする

 

アスカはぐっと太ももに力を入れて、私のチンコを締め付ける。

ぷにぷにの柔らかい太もものお陰で、痛いというより締まりが良くて気持ちが良い。

 

むにゅっと擦り上げられる度に、気持ち良すぎて声が出てしまう。

 

アスカ「マスターは太ももに挟まれてるだけで満足しちゃうんだ? じゃぁ、オマンコはおあずけかしらね~♥」

 

.

③ オマンコと太ももの間に入れて擦る

 

私は、アスカのオマンコと太ももの間のチンコを出し入れして擦る。

 

アスカも腰を動かしてくるため、締まりと擦れ方が強くなり、とても気持ちが良いのだが、間違えてオマンコに挿入してしまわないか気になってしまう。

 

アスカ「あんっ♥ もし調子に乗ってオマンコに挿入したら、きつ~いお仕置きをするわよ♥」

 

.

④ オマンコに押し当てながら擦る

 

アスカは私のチンコにオマンコを押し当てると、さらにグリグリとチンコを圧迫しようと力いっぱい押し付ける。

グリグリされると声が出そうなほどに、すごく気持ちが良い。

 

擦り付けるようにアスカが腰を振り始めると、我慢しきれずに声が出てしまう。

 

アスカ「あんっ♥ あぁ~ん♥ マスターの体でオナニーするのは、とっても気持ち良いわ~♥ アスカが満足するまで我慢しなさいと、すご~いお仕置きするわよ♥」

 

 

パイズリ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカが、マスターにパイズリをする。

【ミコトのミニ講座】
パイズリとは、女性の胸で男性器を挟んで、擦りつけたり揉んだりする事じゃ。
胸が小さくて挟めない場合は、胸と手で挟んで擦ると良いぞ。
ちなみに「ちっパイズリ」と呼ばれておるみたいじゃのぅ。

ミコトのアダルト講座:「パイズリ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラをする。
○アダルトグッズを使用する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 亀頭を乳首に当てる ② 挟んで圧をかける
③ こねるように動かす ④ 上下に動かす
⑤ 縦パイズリをする ⑥ 馬乗りパイズリをする

.

① 亀頭を乳首に当てる

 

アスカは私のチンコを握ると、自分の胸に押し当てて亀頭を擦る。

 

ぷにぷにとした胸の感触が気持ち良い。

 

固くなっている乳首に裏筋などが当ると、さらに気持ちが良く、つい声が出てしまう。

 

アスカ「マスターもマスターのオチンチンもアスカのものなんだから♥ アスカの許可なく勝手にイクのは禁止よ♥」

 

.

② 挟んで圧をかける

 

アスカは私のチンコを胸に包み込むと、その胸を外側から両手で挟むようにぎゅ~っと圧をかける。

 

柔らかい胸でぎゅ~ぎゅ~っと何度も圧力をかけられると、チンコがピクンピクンと反応してしまう。

 

アスカ「な~に? ピクンピクンさせて~♥ まだイっちゃダメよ♥ イっちゃったらお仕置が待ってるわよ~?」

 

.

③ こねるように動かす

 

アスカは私のチンコを挟み、左右の胸でこねるように擦る。

加減なしでぐにゅぐにゅと擦られ、激しい快感に私は悶えてしまう。

 

アスカ「あはっ♥ そんな情けない姿晒して、恥ずかしくないの?」

 

.

④ 上下に動かす

 

アスカは私のチンコを胸に挟んだ状態で、何度も上下に擦る。

ぎゅっと圧をかけた状態で乱暴に擦るため、激しい快感と乱暴にされる痛みに腰が浮いてしまう。

 

アスカ「ほらほら、イっていいわよ♥ さっさとイキなさいよ♥ 見てて上げるから♥」

 

.

⑤ 縦パイズリをする

 

アスカが両手で寄せた胸に、私は正面方向からチンコを挿入する。

 

ぎゅっとキツめに胸を寄せているため、締まりが良くて気持ちが良い。

 

アスカ「ねぇ、マスター♥ アスカをオナホみたいに使うなんて、いい度胸じゃな~い?」

 

気持ち良さそうに腰を振る私を、アスカは眼光鋭く見上げながら微笑む。

 

私は、依頼だから仕方なくと言い訳をしてみる。

 

アスカ「言い訳してもダメよ♥ 後でキツ~いお仕置きをしてやるんだから、覚悟してなさい♥」

 

.

⑥ 馬乗りパイズリをする

 

アスカに仰向けになってもらい、私はアスカの上に馬乗りになる。

私のチンコを、アスカは胸で挟む。

 

私は腰を動かして、アスカの胸でパイズリをする。

何も文句を言わないで、アスカがスムーズに応じてくれるので、機嫌が良いのかもと思っていたのだが、違ったようだ。

 

アスカ「マスター、気持ち良い? アスカの体でオナニーして気持ち良いのかしら?」

 

笑顔のアスカにすごい威圧感を感じる。

 

アスカ「アスカにこんな事して、タダで済むわけないわよね? お仕置きを楽しみにしてなさいね♥」

 

 

フェラチオ

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカが、マスターにフェラチオをする。

【ミコトのミニ講座】
フェラチオとは、男性器を口に含んだり、舌で舐める行為の事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「フェラチオ」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 竿を舐め上げる ② 裏筋を舐める
③ 亀頭を舐める ④ ゆっくりとしゃぶる
⑤ 激しくしゃぶる ⑥ 玉を舐める
⑦ 見つめフェラをする ⑧ バキュームフェラをする
⑨ ディープ・スロートをする ⑩ お掃除フェラをする

.

① 竿を舐め上げる

 

アスカは舌を使って竿の根本から先までを、激しい舌使いでペロペロと舐め上げる。

 

私が喘ぎ声を上げると、アスカは面白がってさらに激しく舐める。

 

アスカ「オチンチン、ペロペロ舐められるのって、そんなに気持ちいいんだ? マスターのドスケベ、ヘンターイ♥」

 

.

② 裏筋を舐める

 

裏筋が弱い事を知ったアスカは、弱点とばかりに執拗に裏筋ばかりを舐めてくる。

 

すごい速さの舌と唇による愛撫に、私は声を上げて悶える。

 

アスカ「あはっ♥ そんなに声出しながら悶えて、恥ずかしくないの~?」

 

.

③ 亀頭を舐める

 

亀頭を口に含み、口の中で舌を動かして舐め回す。

狭い口の中で、舌がねっとりと絡みついてくる。

 

亀頭を舐め回される度に、大きくビクンと跳ね上がる。

 

アスカ「な~に? そんな切なそうな顔しちゃって、イキそうでイケないんでしょ? イかせてほしいなら、イかせてくださいってお願いしみなさいよ♥」

 

.

④ ゆっくりとしゃぶる

 

アスカは口の中で、絡みつくようにぺろぺろと舌を動かしながら、ゆっくりと上下にしゃぶる。

 

挿入してるかのうような気持ち良さに、思わず腰が動いてしまう。

 

アスカ「マスター、みっともなく腰が動てるわよ♥ 気持ち良さそうな顔しちゃって、もう射精しそうなの?」

 

.

⑤ 激しくしゃぶる

 

アスカはじゅぶじゅぶと音を立てながら、上下に激しくしゃぶる。

 

舌が亀頭や裏筋、カリ首などに絡みついて気持ちが良い部分を的確に攻められて、快感が一気に押し寄せてくる。

時折、アスカの歯が当たるのも、刺激になって痛気持ちが良い。

 

アスカ「アスカに舐めてもらえて嬉しいでしょ? ほらほら、精液してもいいわよ♥ ビュービュー出しながらよがる姿を見せなさい♥」

 

.

⑥ 玉を舐める

 

アスカは玉を舐めつつ、私の反応を見ながら軽く歯を立てる。

私がビクっとするのを楽しんでいるようで、楽しそうに笑う。

 

アスカ「あはっ♥ マスターのタマタマ、食べちゃってもいいかしら?」

 

.

⑦ 見つめフェラをする

 

アスカは獲物をいたぶるような視線で私を見ながら、ねっとりとフェラをする。

私が感じてる顔を見て、アスカはあざ笑うような表情をする。

 

恥ずかしくなってきて目をそらすと、アスカは軽く歯を立ててチンコに噛み付く。

 

アスカ「目を離したお仕置きよ♥ ちゃ~んとアスカの目を見つめてないと、またお仕置きするわよ~♥」

 

.

⑧ バキュームフェラをする

 

アスカは、じゅじゅじゅじゅっと大きな音を立てながら、ベロンベロンと私のチンコを舐め回す。

 

あまりの激しい快感に、私は腰が砕けそうになる。

 

アスカ「あはっ♥ マスターってば、ビクビクしてておもしろいわ~♥ もっともっと悶え狂いなさい~♥」

 

.

⑨ ディープ・スロートをする

 

アスカ「アスカにオチンチン食べられて、あんあん泣く所を見せてちょうだい♥」

 

言うとアスカは、私のチンコを喉の奥まで飲み込む。

にゅるっとした狭い喉の感触としっとりと濡れた感触が、オマンコに挿入しているかのような快感になり、すでにとても気持ちが良い。

 

私の反応を見て、アスカの目はイタズラを企んでいるかのように笑う。

喉を激しく動かしながら息を吸い、むちゅむちゅと私のチンコを刺激する。

 

喘ぎ声を我慢しきれずに悶える私を見ながら、満足そうな笑みでチンコを刺激し続けた。

 

.

⑩ お掃除フェラをする

 

アスカ「ほら、マスター♥ オチンチンをキレイにしてあげるから、大人しくしてなさい♥」

 

アスカは優しく丁寧に、精液で濡れているチンコを舐めてキレイにしてくれる。

 

尿道に残った精液も、ちゅ~っと吸い出してくれた。

 

アスカ「ほんと世話が焼けるんだから♥ 可愛くしてないと嫌いになっちゃうわよ、もう~♥」

 

そう言ってアスカは、デレデレな表情で微笑む。

 

マスターというよりペット扱いされている気がするのだが、アスカなりの愛情表現なのだろう。