【花咲ユイナ】前戯をする(キス・愛撫・その他)

レッスン(花咲ユイナ)
「前戯をする」について

バーチャルドールと「前戯のレッスン」を行います。
 

【使用例】
〇「追加要素:体位」と組み合わせる事で、いろんな体位で前戯をしている状態になります。

「シックスナイン」→「クリトリスを舐める」→「フェラチオをする」

キス

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
マスターとユイナが、キスをする。

【ミコトのミニ講座】
「キス」と言っても、いろんなキスの仕方があるのじゃ。
お互いに、いろいろと試してみると良いぞ。

ミコトのアダルト講座:「キス」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 優しくキスをする② 激しくキスをする
③ 舌を入れて愛撫する④ 舌を吸う

.

① 優しくキスをする

ユイナの唇に優しくキスをする。

ぷにゅっと柔らかい感触がして、何度も唇を押し付け合って感触を楽しむ。

ユイナの唇を私の唇で挟むようにキスをすると、同じようにキスを返してくれるのが嬉しい。

ユイナ「うふふっ♥ マスターとキスをすると癒されますね♥」

.

② 激しくキスをする

お互いの唇で愛撫したり、舌を絡ませるようにして、激しくキスをする。

唇同士が求め合い触れ合い、隙間ができないほどに密着する。

ユイナ「マスター、好きなだけしてくださいね♥ マスターに喜んでもらえるとユイナも嬉しいです♥」

.

③ 舌を入れて愛撫する

ユイナの口の中に舌を入れて、舌や舌の裏側など、口の中を探るように愛撫する。

私の舌がユイナの弱い所を撫でると、ユイナの体はピクンと反応する。

ユイナ「うふふっ♥ マスターに撫でられると、思わず体が反応しちゃいます♥」

.

④ 舌を吸う

私はユイナの舌を唇で挟むと、チュッチュ~っと吸う。

ユイナはくすぐったそうに息を漏らす。

ユイナ「うふふっ♥ マスターにちゅっちゅってされると、なんだか幸せな気分になってきちゃいます♥」

愛撫(胸)

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
マスターが、ユイナに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 胸を優しく揉む② 胸を激しく揉む
③ 乳輪をなぞる④ 乳首をつまむ
⑤ 乳首を吸う⑥ 乳首を舐める

.

① 胸を優しく揉む

私はユイナの胸を優しく揉む。

穏やかな微笑みを浮かべるユイナの胸を揉んでいると、子供に戻ったような感じがして、すごく癒される。

いつまでも揉んでいたいという気分になってしまう。

ユイナ「うふふっ♥ マスター、好きなだけ触っていいですよ♪」

.

② 胸を激しく揉む

私はユイナの胸を激しく揉む。

ユイナの柔らかい胸の感触が気持ち良すぎて、私は夢中になって揉んでしまう。

ユイナ「うふふっ♥ マスターはおっぱいが大好きなんですね♪」

.

③ 乳輪をなぞる

私はユイナの乳輪を指でなぞる。

ユイナはくすぐったいのを我慢しているのか、時々ピクンと体を震わせる。

その様子が可愛くて、何度も乳輪をくすぐるように触ってしまう。

はっと気付くとユイナが、イタズラをしている子供を見るような温かい微笑みで私を見ている事に気付いて、途端に恥ずかしくなってしまった。

ユイナ「うふふっ♥ 小さな子供みたいで微笑ましかったです♪」

.

④ 乳首をつまむ

私はユイナの乳首を人差し指と親指でつまみ、くりくりとこねる。

くすぐったそうにしつつも、身をよじったりやめさせようとするでもなく、私が満足するまで触らせてくれるユイナの穏やかな優しさに心が癒される。

ユイナ「うふふっ♥ ずっと触ってますね。マスターは乳首がお好きなんですか?」

しばらく、くりくりとこねていると、ユイナの乳首が固くなっているのに気付き、いけない事をしているようで興奮した。

.

⑤ 乳首を吸う

私はユイナの乳首に口を付けて、優しくちゅっちゅと吸う。

こうしてると嫌な事を全部忘れてしまいそうな穏やかな気持ちになり、とても癒される心地がする。

時間を忘れて、しばらくユイナの乳首を吸っていたらしい。

ユイナ「うふふっ♥ そんなに吸ってもおっぱいは出ませんよ♪」

.

⑥ 乳首を舐める

私はユイナの胸に口を付けて、舌で乳首を舐める。

舐めていると、時々くすぐったそうにするユイナの、小さく穏やかに笑う声が心地良い。

ユイナ「うふふっ♥ マスター、赤ちゃんみたいで可愛かったです♪」

愛撫(性器)

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
マスターが、ユイナに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① オマンコを触る② クリトリスを触る
③ オマンコを広げる④ オマンコに指を入れる
⑤ オマンコを舐める⑥ クリトリスを舐める
⑦ オマンコの中に舌を入れる⑧ 愛液を吸う

.

① オマンコを触る

触ってもいいものかとためらわれたが、思い切ってユイナの股に手を伸ばしオマンコを触る。

手が触れた瞬間、ユイナがピクンと反応したため、私はパっと手を離す。

ユイナ「あっ♥ うふふっ♥ 触っても大丈夫ですよ♪」

指や手の平で触ると、ぷにぷにとした触り心地が気持ち良くて、ずっと触っていたくなる。

.

② クリトリスを触る

私はユイナのクリトリスを指で優しく撫でる。

ユイナはちょっとくすぐったそうに、太ももをもじもじとさせる。

ユイナ「うふふっ♥ そこ、触られると気持ちいいです♥」

恥ずかしそうに微笑むユイナを見て、いけない事をしているような感じがして、とても興奮する。

.

③ オマンコを広げる

私は、ユイナのオマンコをくぱぁと広げる。

大抵の事は何でも優しく許してくれるユイナでも、さすがにこれは恥ずかしいらしく、顔が赤くなっている。

ユイナ「はぁ~ん♥ マスター、それは恥ずかしすぎます~♥」

.

④ オマンコに指を入れる

私はユイナのオマンコの中に指を入れて、内壁を優しく撫でる。

中は、しっとりと濡れていて温かい。

あまり快楽に流されないユイナでも、オマンコを触られると気持ち良いようで、触っていると呼吸や表情に微かな変化がある。

ユイナ「んっ♥ はぁ……はぁ……♥ ん……ん……♥ あっ♥」

乱れる事はないが、おしとやかに快楽を感じている様子は、あんあん喘いでいるよりも色っぽくて興奮する気がした。

.

⑤ オマンコを舐める

穏やかで優しいユイナに、こんな事をしても良いものかと、かなり躊躇する。

ユイナ「マスター、どうしたんですか? 遠慮しないで舐めてくださいね♪ ……あっ。なんかヘンな言い方になっちゃいましたね」

ユイナは自分の発言に後から気付いて、顔を赤くする。

ユイナ「えっと、つまり、ユイナを好きにしてくださいって意味なんです♪」

それもすごいセリフだなと思ったが、私を気遣ってくれている事がわかるので、ありがとうとお礼を言う。

本人の了承も得られたので、ユイナのオマンコに口を付けてペロペロと舐める。

ユイナ「んん……♥ んっ……♥ ふぅ……ふぅ…♥」

ちゃんとユイナも気持ち良くなってくれてるので安心する。

.

⑥ クリトリスを舐める

私はユイナのオマンコに口を付けて、クリトリスを優しく舐める。

クリトリスを唾液で充分に濡らして、ゆっくりと円を描くように舐める。

ユイナ「んんっ……♥ ふぅ……ふぅ……♥ あっ……♥ ん……♥」

ユイナを気持ち良くさせるためにやっている行為なのだが、ユイナが気持ちよくなっている事がわかると、私の方も満足感が得られているような感覚がある。

.

⑦ オマンコの中に舌を入れる

私は、ユイナのオマンコに口を付けながら、舌を伸ばして内壁を舐める。

舐める度に、中が快感に反応しているのがわかる。

ユイナ「あっ……♥ そんな……、中まで舐めちゃうんですか~♥ んっ♥ ……恥ずかしくなっちゃいます~♥」

.

⑧ 愛液を吸う

ユイナも感じている証拠に、オマンコの中からどんどん愛液が溢れてくる。

私は口を付けて愛液を吸う。

ユイナ「あっ……♥ ん……んんっ……♥ お汁……、飲んじゃうんですか~♥ ユイナは……おいしくないですよぉ~……♥」

愛撫(尻)

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
マスターが、ユイナに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① お尻を優しくなでる② お尻を揉む
③ お尻を舐める④ アナルを触る
⑤ アナルを舐める⑥ アナルに指を入れる

.

① お尻を優しくなでる

私はユイナのお尻を優しくなでる。

手の平で撫でると、もっちりとしていて柔らかく、張りがあってぽよんぽよんとしていて、いつまでも触っていたくなる。

ずっとお尻を撫でている私を、ユイナが微笑ましく見ている事に気付き、途端に恥ずかしくなって手を離す。

ユイナ「うふふっ♥ マスター、お好きなだけ撫でてもいいですよ♪」

.

② お尻を揉む

私はユイナのお尻を、両手で揉みしだく。

ユイナのお尻をぷにぷにと揉んでいると、温かさと柔らかさを手の平に感じて、幸せな気分になってくる。

ユイナ「うふふっ♥ マスターはお尻がお好きなんですね♪」

.

③ お尻を舐める

私はユイナのお尻を今から舐める事を伝える。

ユイナ「はい、お願いしますね♪」

快く承諾してくれるのはわかっていたが、お願いしますと言われるとは思わなかったので、ユイナにお尻を舐める事をお願いされてしまったようで、勘違いだとしても興奮する。

私はユイナのお尻にキスをするように唇を付けた後、お尻を舐める。

ユイナ「あっ……♥ んんっ……♥ うふふっ♥ お尻を舐められるのはくすぐったいですね♥」

.

④ アナルを触る

私は、自然にユイナのアナルを触る流れに、どうやってもっていけばいいのかと思案する。

ユイナ「マスター、ユイナは大丈夫ですので、マスターのお好きにしてくださいね♪」

私が悩んでいる事を察してか、ユイナが恥ずかしそうにしながらも声をかけてくれた。

ユイナの気遣いを無為にしないためにも、恥ずかしさや躊躇いなどを一切捨てて、ユイナのアナルを優しく撫でる。

ユイナ「あっ……♥ ん……♥ はぁん……♥ はぁ……はぁ……♥」

ユイナがピクンと反応する度に、いけない事をしているような気持ちと興奮で頭がいっぱいになってしまう。

.

⑤ アナルを舐める

いくら何でも、ユイナにこんな事をしてはいけないだろうと、自分の中で葛藤をする。

ユイナ「マスター、困っているみたいですね。あの……このレッスン、マスターがお嫌でしたらやめてもユイナは構いませんよ?」

私が嫌なのではなく、ユイナが嫌なんじゃないかと心配していたと伝える。

ユイナ「ユイナはその、マスターがユイナの事を想ってしてくださる事なら、どんな事でも嫌じゃないです。いっぱい舐めてください。……あっ」

ユイナは自分の発言に後から気付いて、顔を赤くする。

ユイナ「それだと、舐められるのが好きな子みたいになってしまいますね。えっと……、つまり、ユイナの事をマスターのものだと思ってください♪」

なんて嬉しい言い間違い方をしてるんだと思ったが、私を気遣ってくれている事がわかるので、ありがとうとお礼を言う。

本人の了承も得られたので、ユイナのお尻に顔をうずめて、アナルをペロペロと舐める。

ユイナ「あっ♥ ん……♥ んん……♥ あぁ……♥」

ちゃんとユイナも気持ち良くなってくれているようなので、私は安心して舐める。

.

⑥ アナルに指を入れる

私のそわそわとした雰囲気を察して、ユイナは穏やかに微笑む。

ユイナ「マスターのやりたい事をしてくださいね♪」

それだと、ユイナのアナルに指を入れる事が、私のやりたい事のようになってしまうと思ったが、ユイナが気遣いに私はありがとうとお礼を言った。

私はユイナのアナルに指を入れる。

ユイナはアナルを触られても嫌な顔ひとつせず、私がする事を受け入れてくれている。

信頼を損ねないように、決して痛い思いをさせないように、優しく優しく内壁を撫でる。

ユイナ「……は、恥ずかしいです~……♥ ……んんっ♥」

今、ユイナの顔を見る事はできないが、顔が真っ赤になっている事は容易に想像できた。

ユイナ「ん……♥ んん……♥ はぁ~ん……♥ はぁぁ~~ん……♥」

その他

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
その他、マスターにやってもらいたいレッスン。

【ミコトのミニ講座】
二人の愛と楽しむ心があれば、くすぐりなど、何でもプレイになるのじゃよ。

◆――――――――――――――――――――――◆

①【くすぐり】くすぐる(軽)②【くすぐり】くすぐる(激)
③【スパンキング】お尻を叩く(軽)④【スパンキング】お尻を叩く(強)

.

①【くすぐり】くすぐる(軽)

私はユイナの脇や横腹を軽くくすぐる。

ユイナは少しくすぐったそうにするが、子供がイタズラしてる様子を微笑ましく容認するかのように、されるがままに楽しそうにしている。

ユイナ「うふふっ♥ マスター、くすぐったいです♪」

.

②【くすぐり】くすぐる(激)

私はユイナの脇や横腹を激しくくすぐる。

ユイナはくすぐったそうに、体をくねらせる。

くすぐってるだけなのに、いけない事をしてる気持ちになってくる。

ユイナ「うふふっ♥ マスターはイタズラ好きなんですね♪」

.

③【スパンキング】お尻を叩く(軽)

私はユイナのお尻を平手で軽く叩く。

悪い子の要素がひとつもないユイナのお尻を叩いていると、プレイとしてやっている事を強く感じて、だんだんと恥ずかしくなってくる。

お尻を叩く私の様子に、ユイナは楽しそうにニコニコしている。

ユイナ「うふふっ♥ なんだか、マスターの方が恥ずかしそうにしていますね♪」

.

④【スパンキング】お尻を叩く(強)

私はユイナのお尻を平手でちょっと強めに叩く。

依頼とは言え、ユイナを叩くのは非常に抵抗があるため、思わず力を加減してしまう。

ユイナ「うふふっ♥ マスター、もっと強く叩いても平気ですよ♪」