【星川シズク】前戯をする(キス・愛撫・その他)

レッスン(星川シズク)
「前戯をする」について

バーチャルドールと「前戯のレッスン」を行います。
 

【使用例】
〇「追加要素:体位」と組み合わせる事で、いろんな体位で前戯をしている状態になります。

「シックスナイン」→「クリトリスを舐める」→「フェラチオをする」

キス

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターとシズクが、キスをする。

【ミコトのミニ講座】
「キス」と言っても、いろんなキスの仕方があるのじゃ。
お互いに、いろいろと試してみると良いぞ。

ミコトのアダルト講座:「キス」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 優しくキスをする② 激しくキスをする
③ 舌を入れて愛撫する④ 舌を吸う

.

① 優しくキスをする

シズクの唇に優しくキスをする。

ぷにゅっと柔らかい感触の後、すぐにシズクは唇を離す。

嫌がってるわけではない事を確認して、私はシズクを引き寄せて何度も唇の感触を楽しむ。

シズクの唇を私の唇で挟むようにキスをすると、遠慮がちに同じようにキスをしてくる。

シズク「ん……♥ マスターとキスをすると、なんかヘンな気持ちになってくる……」

.

② 激しくキスをする

お互いの唇で愛撫したり、舌を絡ませるようにして、激しくキスをする。

唇同士が求め合い触れ合い、隙間ができないほどに密着する。

シズク「あっ……♥ マスター、激しすぎる……。もっと優しくがいい……」

.

③ 舌を入れて愛撫する

シズクの口の中に舌を入れて、舌や舌の裏側など、口の中を探るように愛撫する。

私の舌がシズクの弱い所を撫でると、シズクの体はぴくんと反応する。

そこを重点的に攻めようとすると、嫌がるように口を離してしまう。

シズク「そこ……、嫌じゃないけど……。なんか恥ずかしい……」

.

④ 舌を吸う

私の舌を求めて入ってきたシズクの舌を、唇で挟んでチュッチュッと吸う。

舌を吸う度に甘い声を上げて、シズクの体がくねる。

シズク「あぁ……♥ んっ♥ んっ♥ ……もう、マスターは意地悪だ」

愛撫(胸)

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 胸を優しく揉む② 胸を激しく揉む
③ 乳輪をなぞる④ 乳首をつまむ
⑤ 乳首を吸う⑥ 乳首を舐める

.

① 胸を優しく揉む

シズクの胸を優しく揉む。

揉む度に敏感に反応して快感から逃れようとするので、とてもいけない事をしてるような気分になる。

シズク「あっ♥ ……んっ♥ マスター、あまり揉まれると……。んんっ♥」

.

② 胸を激しく揉む

私はシズクの胸を激しく揉む。

胸を激しく揉まれる恥ずかしさと快感から逃れようと身をよじるが、私はシズクの胸を揉み続ける。

あまり嫌がられると罪悪感のようなものを感じるが、これもレッスンなので心を鬼にして揉み続ける。

シズク「あっ♥ あぁんっ♥ もうっ! マスターのヘンタイっ!」

.

③ 乳輪をなぞる

私はシズクの乳輪を指でなぞる。

触れるか触れないかのソフトなタッチでなぞっていると、シズクが身を固くして耐えるように震えている。

シズク「くっ。マスター……、あまりシズクの体で遊ばないでくれ……」

くすぐって遊んでるように勘違いされたようだ。

遊んでいるわけではないので誤解を解くために説明をすると、シズクは顔を真っ赤にした。

.

④ 乳首をつまむ

私は人差し指と親指でシズクの乳首をつまみ、くりくりとこねる。

時々、力を強くして乳首に圧迫感を与えたり、指の腹で何度も撫でるように触ったりする。

触ってすぐは快感から逃れようとして身をよじったりしていたが、観念したのか今は大人しく耐えている。

乳首だけを重点的に責められて、快感に身を震わせているシズクは、泣きだしそうな切なそうな表情をこちらに向けてきて、思わずドキっとしてしまう。

シズク「……んんっ♥ マ、マスター……、もう……乳首ばっかりいじめないで……」

.

⑤ 乳首を吸う

私はシズクの乳首を吸う。

乳首に口を付けると、ビクンと敏感に反応する。

ちゅっちゅっと音を立てながら吸うと、快感で脱力して体を震わせる。

シズク「あっ♥ あぁ……♥ ……強く吸われると……力が抜けてしまう……」

.

⑥ 乳首を舐める

私は、ゆっくりと口を乳首に近づけようとすると、シズクは体をよじるようにしてかわす。

シズク「す……すまない……。あまりにマスターがいやらしい顔をしていたから……、つい……」

改めてシズクの乳首に口を付けて舐める。

乳首を舌で転がす度に、甘い声を上げて体を震わせる。

唇で乳首をそっと挟み、左右に舌を素早く動かして乳首を舐める。

シズクは仰け反るほど、大きく敏感に反応する。

シズク「あぁ……♥ もうダメ……。 乳首弱いから……それ以上、舐めないで……」

愛撫(性器)

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① オマンコを触る② クリトリスを触る
③ オマンコを広げる④ オマンコに指を入れる
⑤ オマンコを舐める⑥ クリトリスを舐める
⑦ オマンコの中に舌を入れる⑧ 愛液を吸う

.

① オマンコを触る

私がシズクの下半身にゆっくり手を伸ばすと、ビクッと体を震わせる。

私は、やめておくかとシズクに尋ねる。

シズク「か、構わない……。マスター……触ってくれ……」

決心したように言ったが、すぐにシズクは自分の発言に顔を赤くする。

シズク「けっ、決して触られたい訳ではないぞ! ……ひゃあぁ!? ……あんっ♥ あっ……♥ んぁっあっ♥」

私がシズクのオマンコを優しく揉むと、激しく体をよじって甘い声を上げ始める。

.

② クリトリスを触る

私は、シズクのクリトリスを包皮の上から、優しく指で円を描くように撫でる。

時々、クリトリスを軽く押しつぶしたり、下からくすぐるように撫でたりする。

シズクは敏感にビクンっと反応して、快感から逃れようと身をよじったり、足に力が入る。

シズク「あっ♥ あっ♥ あぁっ♥ あ~……♥ くぅ~~っ……。 くぁぁっ♥」

.

③ オマンコを広げる

私は、シズクのオマンコをくぱぁと広げる。

奥まで丸見えになったオマンコは、この行為に興奮しているのか、触って欲しそうにヒクヒクとうごめいている。

かなり濡れていて、シズクがすごく感じている事がわかる。

愛液がしたたってくるほどだ。

シズク「くぅ~~……。あまり見ないでくれ~……」

.

④ オマンコに指を入れる

私はシズクのオマンコの中に指を入れて、内壁を優しくなでる。

それだけでもシズクは、ピクンピクンっと敏感に反応する。

その中でもさらにシズクの反応が良いポイントを見つけると、私はそこを重点的に刺激する。

シズク「ひぃ♥ あぁっ♥ あっあぁっ♥ あぁ~~っ♥」

快感に体を思い切り仰け反らして、シズクはビクンビクンと身を震わせる。

.

⑤ オマンコを舐める

私がシズクのオマンコに口を近づけると、顔を真っ赤にして涙目になった状態のシズクが、私の事を凝視している。

シズク「マスターは……その……シズクのそんな所を舐めるのは……嫌じゃないのか?」

私は、シズクのだから嫌じゃないと答える。

シズク「くぅ~……。マスターはヘンタイだ……」

シズクはさらに顔を真っ赤にして、顔を伏せた。

私はシズクのオマンコを口で愛撫したり、ヒダを舌で丁寧に舐める。

舐めれば舐めるほど、オマンコから愛液が溢れてくる。

シズク「あっ♥ んあぁ~♥ あぁ♥ マスター、舐めすぎ! もうダメ~!」

シズクは体を大きく震わせたり、跳ねさせながら、敏感に反応する。

.

⑥ クリトリスを舐める

私はシズクのクリトリスを、唾液で十分に濡らした舌で優しく舐める。

舌で円を描くように舐めると敏感に反応して、太ももをもじもじとさせる。

シズク「あんっ♥ あぁん♥ んぁっ♥」

勃起して包皮から顔を出したクリトリスを、唇で挟んで舌で激しく舐め回す。

シズクは快感に耐えられずに、体をくねらせながら喘ぎ声を上げて悶える。

シズク「ひゃぁぁんっ♥ やぁ~♥ マスター、もうやめて~っ!」

.

⑦ オマンコの中に舌を入れる

私は舌をペロペロ、ペロペロと動かした状態で、シズクのオマンコにゆっくりと口を近づけていく。

シズク「やっ……。 あっ……。 あぁ……。 もうっ、ひと思いにやってくれ~!」

顔を真っ赤にして、今から与えられる快感を想像して怯える。

私は、シズクのオマンコに口を付けた後、舌を動かしてオマンコの肉壁をペロペロと舐め回す。

シズク「ひゃあっ♥ あぁんっ♥ あぁ♥ やぁああ~っ♥」

シズクは体をくねらせて、快感に悶えながら喘ぐ。

.

⑧ 愛液を吸う

シズクはとても濡れやすいため、愛液が溢れてきては滴っていて、太ももやお尻を愛液が濡らしている。

これ以上濡れないように、じゅじゅじゅ~っと激しい音を立てながら、シズクの愛液を吸ってあげる。

シズク「ひゃぁんっ♥ マ、ママ、マスター!? やっ、やだ! そんなの吸わないで……!」

吸われている事への快感と恥ずかしさの入り混じった悲鳴のような声が聞こえた。

シズク「マスター、そんなの飲んで……おいしいのか?」

ジト目であきらかにヘンタイを見るような目だ。

愛撫(尻)

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① お尻を優しくなでる② お尻を揉む
③ お尻を舐める④ アナルを触る
⑤ アナルを舐める⑥ アナルに指を入れる

.

① お尻を優しくなでる

私はシズクのお尻を優しくなでる。

シズク「ひゃん♥ んっ♥ あぁぁ♥ んぁっ♥」

撫でる手の動きに敏感に反応して、シズクは腰をくねらせる。

シズク「もう! マスター、触り方がやらしい!」

.

② お尻を揉む

私はシズクのお尻を、両手でむにゅむにゅと揉みしだく。

シズク「ひゃぁぁ~♥ ああぁあ~♥ ふぁあぁ~♥」

揉みしだく手から逃げようとするシズクのお尻を、優しく捕まえてさらに揉む。

シズク「やぁ♥ やぁぁんっ♥ もう! 揉みすぎだぞ! マ、マスターはそんなにお尻が好きなのか?」

.

③ お尻を舐める

私はシズクのお尻を舐める。

シズク「あっ♥ やぁ♥ あぁ~♥ ひゃぁ~ん♥」

ひとしきりペロペロと舐めた後にシズクの顔を見ると、ものすごく信じらないものを見るかのような目で、私を見ていた。

シズク「躊躇なくお尻を舐められるなんて……、マスターは本当にヘンタイなんだな……」

.

④ アナルを触る

私はシズクのアナルに触ろうとすると、真っ赤な顔をしたシズクが待ったをかける。

シズク「マスターは、シズクの……その……汚い所を触るの……嫌じゃないのか?」

私は、シズクに汚い所なんてないよと、真面目な顔で答える。

シズク「まじめな顔で、ヘンな事を言わないでくれ……」

私はシズクのアナルを、人差し指でなでるように触る。

シズク「あっ♥ くぅ~~っ♥ やぁぁ~♥」

シズクは体を震わせながらお尻を引っ込めないように耐えているが、時々、快感で力が抜ける。

.

⑤ アナルを舐める

私はシズクのお尻に顔をうずめるようにして、アナルを舐める。

シズク「ひゃぁっ!」

ビックリした様子で、シズクはお尻を引っ込める。

シズク「マスター……。嫌なら無理にしなくてもいいぞ……」

恥ずかしそうに顔を赤くして、言いにくそうにする。

私は、嫌じゃないよと答える。

シズク「マスターは……、そんな所を舐めるの……嫌じゃないのか……」

すごく軽蔑した目をされたが、再びシズクのアナルを舐める。

お尻が逃げようとするので、逃げられないように優しく押さえながら舐め回す。

シズク「ひゃぁっ♥ ひゃぁぁ♥ もう舐めないで~!」

.

⑥ アナルに指を入れる

シズク「マスターは平気なのか? その……お尻に指を入れるんだぞ……」

これからアナルに指を入れられる事に、憂鬱そうにシズクは尋ねてくる。

私は、シズクを安心させようと、優しくするから大丈夫と言う。

シズク「や……優しく、お尻の穴を……」

想像したのか、次第にシズクの顔が真っ赤になっていた。

私は、シズクのアナルを指の腹でほぐしながら、優しく指を入れていき、そっと内壁をなでる。

シズク「あっ♥ あっ♥ くふぅっ♥ ん~っ♥ ひゃんっ♥」

指を動かす度にビクっと体を跳ねさせて、シズクは恥ずかしそうに喘ぎ声を上げる。

その他

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
その他、マスターにやってもらいたいレッスン。

【ミコトのミニ講座】
二人の愛と楽しむ心があれば、くすぐりなど、何でもプレイになるのじゃよ。

◆――――――――――――――――――――――◆

①【くすぐり】くすぐる(軽)②【くすぐり】くすぐる(激)
③【スパンキング】お尻を叩く(軽)④【スパンキング】お尻を叩く(強)

.

①【くすぐり】くすぐる(軽)

私はシズクの脇や横腹を軽くくすぐる。

シズクはくすぐったがって体をくねらせる。

シズク「あはははっ! やめて、マスター! くすぐったい! くすぐったい~!」

.

②【くすぐり】くすぐる(激)

私はシズクの脇や横腹を激しくくすぐる。

シズクはくすぐったがって体をくねらせるが、私は構わず続ける。

シズク「あははっ! あははは~っ! もう、それ以上は~っ!」

だんだんくすぐったいから快感に変わり、体をくねらせてビクビクっと悶える。

シズク「あっ♥ マスター、もうっ♥ あっ♥ あぁ~っ♥ やめて~っ♥」

.

③【スパンキング】お尻を叩く(軽)

私はシズクのお尻を平手で軽く叩く。

顔を真っ赤にしてシズクは、身動きひとつしないでプルプルと震えて耐えている。

私は少し心配になって痛いかと尋ねる。

シズク「痛くはないのだが……。す、すごく恥ずかしい……」

.

④【スパンキング】お尻を叩く(強)

私はシズクのお尻を平手で強く叩く。

顔を真っ赤にしてシズクは、ひと叩きごとに声を上げる。

シズク「あっ! くっ! んっ! あっ!」

強く叩きすぎているのかと、心配になって大丈夫かと尋ねる。

シズク「……も、問題ない。気にしないでくれ……」

問題ないと言われたが、少し心配なので力を弱める。

シズク「あんっ♥ ……ん~~っ♥」

シズクは甘い声を上げた後、はっとして口をつむぐ。