【月詠サーヤ】前戯をする(キス・愛撫・その他)

レッスン(月詠サーヤ)

 

■「前戯をする」について

バーチャルドールと「前戯のレッスン」を行います。

 

【使用例】
〇「追加要素:体位」と組み合わせる事で、いろんな体位で前戯をしている状態になります。

「シックスナイン」→「クリトリスを舐める」→「フェラチオをする」

 

キス

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
マスターとサーヤが、キスをする。

【ミコトのミニ講座】
「キス」と言っても、いろんなキスの仕方があるのじゃ。
お互いに、いろいろと試してみると良いぞ。

ミコトのアダルト講座:「キス」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 優しくキスをする ② 激しくキスをする
③ 舌を入れて愛撫する ④ 舌を吸う

.

① 優しくキスをする

 

私の唇にサーヤが優しくキスをする。

ぷにゅっと柔らかい感触がして、何度も唇が押し付けられる。

 

私の唇をサーヤは、唇で挟むようにキスをしてくる。

同じようにキスをすると、サーヤは嬉しそうに微笑む。

 

サーヤ「んっ♥ ちゅっ♥ んふっ♥ マスター、キスは好き?」

 

.

② 激しくキスをする

 

お互いの唇で愛撫したり、舌を絡ませるようにして、激しくキスをする。

サーヤの唇が私の唇を求めるように触れ合い、隙間ができないほどに密着する。

 

サーヤ「ん~ちゅっ♥ んっ♥ んふっ♥ マスターとキスするの好きよ♥」

 

.

③ 舌を入れて愛撫する

 

サーヤは私の口の中に舌を入れると、舌や舌の裏側など、口の中を探るように愛撫する。

 

サーヤの舌が私の弱い所を探り当てると、サーヤは何度もそこを撫でまわす。

敏感な所を何度も愛撫されて、キスだけで腰砕けにさせられそうになる。

 

サーヤ「んふっ♥ マスター、かわいい~♥」

 

.

④ 舌を吸う

 

サーヤは私の舌を唇で挟むと、チュッチュッと吸う。

 

微笑みながらサーヤは、さらにチュ~チュ~っと吸いながら、私の舌先を舌を使って愛撫する。

あまりの気持ち良さに、思わず声を上げてしまう。

 

サーヤ「んふふっ♥ マスターのかわいい声をもっと聞かせて~♥」

 

 

愛撫(胸)

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
マスターが、サーヤに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 胸を優しく揉む ② 胸を激しく揉む
③ 乳輪をなぞる ④ 乳首をつまむ
⑤ 乳首を吸う ⑥ 乳首を舐める

.

① 胸を優しく揉む

 

私はサーヤの胸を優しく揉む。

 

サーヤは恍惚とした表情で、私の手に敏感に反応して体をくねらせる。

意識しないようにしようと思っても、揉むほどに嬉しそうに感じてくれるため、だんだん私までいやらしい気持ちになってきてしまう。

 

サーヤ「くうぅ~ん♥ マスター、もっとぉ~、もっと激しく揉んで~♥」

 

.

② 胸を激しく揉む

 

私はサーヤの胸を激しく揉む。

 

これぐらいかなと揉んでみると、サーヤはもっともっとと激しく揉む事を要求してくる。

 

言われるがままに激しく揉んでいると、だんだんとサーヤが嬉しそうでいやらしい声を上げる。

 

サーヤ「あぁ~んっ♥ マスターにすごいおっぱいの揉まれ方してるぅ~♥ サーヤ、おっぱいだけでイっちゃいそ~♥」

 

.

③ 乳輪を撫でる

 

私はサーヤの乳輪を指で撫でる。

 

サーヤ「マスター、サーヤの乳輪を撫でてみて~♥」

 

乳輪を撫でると、サーヤはいやらしい声を上げながら、体を震わせる。

 

サーヤ「んふっ♥ もっと優しく、何度も撫でて~♥」

 

言われた通りに優しく何度も撫でる。

 

サーヤ「あぁんっ♥ んん~ん♥ マスター、その触り方すごくエッチ♥」

 

.

④ 乳首をつまむ

 

乳首に触れると、すでにサーヤの乳首は固くなっている。

 

サーヤ「マスター、サーヤの乳首を好きに触ってみて♥」

 

好きに触ってみてと言われると、途端に意識して触りずらくなってしまう。

そんな私を見て、サーヤは楽しそうに笑う。

 

サーヤ「ほらほら~♥ マスターの触りたいように触って~♥」

 

体を左右に振って、私に胸を強調してくる。

私は、サーヤの乳首をつまんだり、こねたり、擦ったりする。

 

サーヤ「あんっ♥ すごくいい♥ マスターの触り方、とってもエッチ♥ もっと強くぎゅっとして、つねるみたいにやって~♥ マスター、早くぅ~♥」

 

そんなにしてもいいのかと躊躇したが、私は言われるがままにサーヤの乳首を責める。

 

サーヤ「あぁんっ♥ すっごくいぃ~っ♥ イクぅ~♥ 乳首でイっちゃぅ~♥」

 

.

⑤ 乳首を吸う

 

サーヤがずっとニヤニヤと、からかうような表情を浮かべて私を見ているので、すっごくやりにくい。

 

サーヤ「早くぅ~♥ 早く吸ってぇ~♥」

 

胸を私の方へ突き出してくるので、乳首に口を付けて吸い始める。

 

サーヤ「もっとエッチな吸い方をしてみて~♥ 音を立てて吸いつくように♥」

 

私は言われた通りにやってみる。

 

サーヤ「んっふ~♥ そうそう、とってもエッチね~♥ あはっ♥ マスターに求められてる感じがして、すっごく興奮しちゃう~♥」

 

.

⑥ 乳首を舐める

 

サーヤはすごくいやらしい目をしながら、私が乳首を舐めるのを心待ちにしている。

 

サーヤ「マスター、早くぅ~♥ いっぱい舐めて~♥」

 

私が舐め始めると、サーヤの体がゾワゾワっと震えたのが分かった。

 

サーヤ「もっと乳首をなぶるように舌でいじめて~♥」

 

激しく乳首を舐め回すと、サーヤの体はビクンと跳ねて仰け反る。

 

サーヤ「あぁん♥ はぁ~んっ♥ すっごく良い~♥ もっと舐めて~♥」

 

 

愛撫(性器)

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
マスターが、サーヤに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① オマンコを触る ② クリトリスを触る
③ オマンコを広げる ④ オマンコに指を入れる
⑤ オマンコを舐める ⑥ クリトリスを舐める
⑦ オマンコの中に舌を入れる ⑧ 愛液を吸う

 

.

① オマンコを触る

 

私を見ながらニヤニヤと微笑んでいるサーヤは、あきらかに私の事を楽しんでいる。

 

サーヤ「マスター、早く触らないの~? サーヤのいやらしいオマンコ触って~♥」

 

上目遣いで言いながら、太ももをもじもじさせる。

 

私は理性を保ちながら、サーヤのオマンコに触れる。

 

サーヤ「んふっ♥ もっと触って~♥ 遠慮しないで、好きに触っていいのよ~♥」

 

ぷっくりしたオマンコの肉を手の平で優しく揉んだり、割れ目を指で何度もなぞる。

 

サーヤ「あぁ~ん♥ マスターに触られるの、すっごく興奮しちゃう~♥」

 

.

② クリトリスを触る

 

サーヤ「ねぇ~♥ マスター、サーヤのクリちゃん、いじめてほしいなぁ~♥」

 

言い方がイチイチいやらしくて、こちらまで興奮してきてしまう。

 

サーヤ「指をいっぱい唾液で濡らしてから、サーヤのクリちゃんに触って~♥」

 

私はサーヤに言われた通りにする。

 

サーヤ「あんっ♥ 指でいっぱい擦って~♥ いじめて、いじめて~♥」

 

クリトリスを円を描くように撫でたり、サイドからつまで下から擦り上げたりする。

 

サーヤ「あんっ♥ あんっ♥ あ~~~んっ、マスターにクリちゃんいじめられて、クリちゃんが敏感になってる~♥ あぁ~ん♥」

 

.

③ オマンコを広げる

 

すでにこれからする事を想像してるのか、サーヤは興奮して恍惚とした表情をしている。

 

サーヤ「んふっ♥ マスター、サーヤの恥ずかしい所、くぱぁってして奥まで見ちゃうの~?」

 

依頼書に書かれているのでしないといけないのだが、これからする事を言葉にされると、するのが恥ずかしくなってしまう。

 

私はサーヤのオマンコをくぱぁと広げる。

 

サーヤ「あんっ♥ マスターにじっくり見られちゃってるぅ~♥ んふっ♥ サーヤのオマンコどうなってるの教えて~♥」

 

奥まで丸見えになったオマンコは、この行為に興奮しているのか、すごく愛液で濡れていて、触って欲しそうにヒクヒクとうごめいている。

 

状態を説明する私の言葉に、サーヤはますます興奮しているようだ。

 

サーヤ「ねぇ、マスター♥ 見るだけじゃなく、触って触って~♥」

 

.

④ オマンコに指を入れる

 

サーヤ「マスターのその指でサーヤの中をかき回して、いっぱい気持ち良くして~♥」

 

私がサーヤのオマンコに手を伸ばすと、サーヤは恍惚とした表情でゾクゾクっと体を震わせる。

 

サーヤ「あんっ♥ んふっ♥ マスターの手が当たるだけで、すっごく感じちゃう~♥」

 

私はサーヤのオマンコの中に指を入れて、内壁を優しくなでる。

 

サーヤ「あんっ♥ あぁんっ♥ もっと激しくかき回して~♥ あぁんっ♥」

 

言われた通りにしていると、サーヤの反応が特に良いポイントを見つけて、そこを重点的に刺激する。

 

サーヤ「あぁ~~んっ♥ マスター、そこすごいのぉ~♥ もっとぉもっとぉ、もっとそこを触って気持ち良くして~♥」

 

.

⑤ オマンコを舐める

 

サーヤ「んふっ♥ マスターに舐められる事を想像するだけで、エッチな気分になってきちゃった~♥」

 

まだ何もしていないのに、興奮して腰をくねらせている。

 

私はサーヤのオマンコに口を付ける。

 

サーヤ「あぁんっ♥」

 

電気が走ったように、サーヤの体がビクンと跳ねる。

 

私はサーヤのオマンコに口を付けて、唇を使って愛撫したり、ヒダを唇で挟みながら舌で愛撫して、サーヤが望みそうな舐め方を考えてやってみる。

 

サーヤ「あぁんっ♥ あ~んっ♥ マスターの舐め方、すっごくエッチで気持ちいぃ~♥」

 

舐めれば舐めるほど、サーヤのオマンコから愛液が溢れてくる。

 

.

⑥ クリトリスを舐める

 

サーヤ「んふっ♥ クリちゃんをマスターにペロペロされるのね……♥ 想像しただけで、もうイっちゃいそう~♥」

 

待ち切れないといった様子で、恍惚とした表情のサーヤは、熱いまなざしを私に向けてくる。

 

私はサーヤのクリトリスに、キスをするようにちゅっと唇を触れさせる。

 

その様子を見ていたサーヤは、ビクンっと仰け反って足を震わせる。

 

サーヤ「はぁ~はぁ~♥ 軽くイっちゃったかも……♥」

 

強い刺激の方が好きそうなので、舌を使ってクリトリスの包皮をめくるように動かし、顔を抱いたクリトリスを舌でツンツンと押したり、周りをほじくるように円を描く。

 

サーヤ「あぁ~ん♥ クリちゃん、すごい舐められ方してるぅ~♥ あんっ♥ イっちゃいそう~♥」

 

.

⑦ オマンコの中に舌を入れる

 

サーヤ「マスターにオマンコの中まで舐められちゃうなんて、サーヤすっごく恥ずかしぃ~♥」

 

恥ずかしいと言っている割には、サーヤはこれからする事に興奮してるようにしか見えない。

 

私は、サーヤのオマンコに口を押し当てながら、舌を伸ばしてオマンコの中に入れる。

 

期待していたサーヤは、入れただけでピクンと反応する。

 

サーヤ「マスター、サーヤの中を舌でかき回して~♥」

 

舌を使って、サーヤの中を舐め回す。

舐めれば舐めるほど、サーヤの愛液が溢れてくる。

 

サーヤ「んふぅ~♥ 気持ち良すぎぃ~♥ あぁんっ♥ くふぅ~♥」

 

.

⑧ 愛液を吸う

 

サーヤは濡れやすくは、オマンコから溢れるほど愛液が滴っている。

 

サーヤ「サーヤ、とってもエッチだから、すぐにすっごく濡れちゃうの~♥ あ~ん、恥ずかしい~♥」

 

わざとあざとくやっているが、実際、エッチなサーヤがすごく濡れやすい事には変わりはなく、とてもいやらしいと思った。

 

私は、サーヤのオマンコに口を付けて、じゅじゅじゅ~っと激しい音を立てながら、サーヤの溢れる愛液を吸い上げる。

 

サーヤ「あぁ~ん♥ マスターにサーヤの愛液が吸われちゃってるぅ~♥」

 

この行為に興奮しているサーヤは、吸ってる最中も感じて体を震わせる。

 

サーヤ「そんなに激しく吸われると、イっちゃう~♥ イっちゃう~♥」

 

 

愛撫(尻)

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
マスターが、サーヤに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① お尻を優しくなでる ② お尻を揉む
③ お尻を舐める ④ アナルを触る
⑤ アナルを舐める ⑥ アナルに指を入れる

.

① お尻を優しくなでる

 

サーヤ「マスター、サーヤのお尻を撫でて撫でて~♥」

 

サーヤがお尻をいやらしく振って誘ってくるため、私は恥ずかしくなってしまう。

 

私は、サーヤが返っておもしろがりそうなので言いたくはないのだが、淡々としてくれた方がやりやすいと伝えてみる。

 

サーヤ「だってぇ~♥ 作業みたいにレッスンしてもつまらないもの♥ マスターも楽しみましょう~♥ ほらほら、触って触って~♥」

 

私はサーヤのお尻を軽くなでていると、サーヤはお尻を突き出して自分から強く触らせてくる。

 

ぷにっとした感触が気持ち良くて、気付くと先ほどより強めに撫でてしまう。

 

サーヤの思う通りに流されてしまう自分が恥ずかしい。

 

サーヤ「んふっ♥ サーヤが触られたいんだから、マスターも遠慮しないでね♥」

 

.

② お尻を揉む

 

サーヤ「んふっ♥ マスターにお尻を揉まれるなんて、とってもエッチね♥」

 

お尻を突き出して誘ってくるサーヤに、私は照れてしまう。

 

サーヤ「マスターは、オープンな女の子より、恥ずかしがる女の子の方が好き?」

 

私は少し考えた後、オープンな方がレッスンがしやすくて助かると、あえて曖昧に答えた。

 

サーヤ「んふっ♥ じゃぁ、マスターもオープンになってね♥」

 

私はサーヤのお尻を、両手でむにゅむにゅと揉みしだく。

 

もっちりとしていて触ると柔らかく押し返してきて、触り心地が良くとても気持ちが良い。

 

サーヤ「くふぅん♥ あ~ん♥ マスターの触り方、すっごくエッチ~♥」

 

.

③ お尻を舐める

 

サーヤ「マスターにお尻を舐められるのって、ちょっと恥ずかしいかも♥」

 

私はサーヤのお尻を舐める。

 

ぺろっと舐め上げると、サーヤはピクンと反応する。

 

サーヤ「んふぅ~♥ マスター、もっと舐めて~♥ サーヤをもっと恥ずかしくさせて~♥」

 

足りないと言われている感じがして、さらに激しく舐める。

快感にサーヤの腰が引けるが、手でしっかりと掴んで逃がさないようにして舐める。

 

サーヤ「あぁ~ん♥ それいい~♥ お尻いじめられてる感じがして、すっごく恥ずかしくなっちゃう~♥ もっといじめて~♥」

 

.

④ アナルを触る

 

サーヤ「なんだか、すっごくいけない事するみたいで興奮しちゃう~♥」

 

触られる事を想像して、サーヤはゾクゾクと体を震わせる。

 

私は、恥ずかしくなってやりずらくならないように、極力冷静を装ってサーヤのアナルを人差し指でなでるように触る。

 

サーヤ「はぁ~んっ♥ あぁ~ん♥ マスターの触り方、とってもエッチでいけない気持ちになっちゃう~♥」

 

触る度に快感でお尻を振るので、しっかりとサーヤのお尻を捕まえてから、さらに触る。

 

サーヤ「あぁ~ん♥ マスターにアナルいじめられちゃってるぅ~♥ そんなに触られたら……♥ あ~~ん♥」

 

.

⑤ アナルを舐める

 

サーヤ「サーヤのアナル舐められちゃうの~? サーヤ恥ずかしくて死んじゃう~♥」

 

恥ずかしいと言いつつも、恍惚とした表情で嬉しそうにしか見えない。

やる前にサーヤと話をすると、からかわれて恥ずかしくなってしまいそうなので、極力サーヤと会話しないようにする。

 

私は、サーヤがお尻を触れないようにしっかりと掴むと、顔をうずめるようにしてアナルを舐めまわす。

 

サーヤは、お尻を触れない代わりに、舐める度にピクンピクンと反応する。

 

サーヤ「あぁ~ん♥ マスターに強引にされるの、すっごく興奮しちゃう~♥ ムリヤリ舐められてるみたいで、すごく恥ずかしくなっちゃう~♥」

 

.

⑥ アナルに指を入れる

 

サーヤ「恥ずかしくて弱い部分をマスターの好きにされるのって、すっごく興奮しちゃう~♥」

 

すでにアナルに指が入る事を想像して、恍惚とした表情でお尻をくねらせている。

 

サーヤがお尻を振らないようにしっかりと掴んでから、サーヤのアナルに指を入れていく。

 

サーヤ「あっ♥ あぁ~ん♥ マスターの指が入ってくるぅ~♥」

 

私はサーヤのアナルの内壁をなでたり、ほじくるようにして刺激する。

 

サーヤ「あはぁ~ん♥ あ~んっ♥ お尻の穴で気持ち良くされるのって、いけない事してるみたいで、すっごく興奮して感じちゃう~♥」

 

 

その他

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
その他、マスターにやってもらいたいレッスン。

【ミコトのミニ講座】
二人の愛と楽しむ心があれば、くすぐりなど、何でもプレイになるのじゃよ。

◆――――――――――――――――――――――◆

①【くすぐり】くすぐる(軽) ②【くすぐり】くすぐる(激)
③【スパンキング】お尻を叩く(軽) ④【スパンキング】お尻を叩く(強)

.

①【くすぐり】くすぐる(軽)

 

私はサーヤの脇や横腹を軽くくすぐる。

サーヤはくすぐったがってるというより、快感に体をくねらせる。

 

サーヤ「あはっ♥ あんっ♥ なんかこういうのって、すっごくエッチね……♥」

 

.

②【くすぐり】くすぐる(激)

 

私はサーヤの脇や横腹を激しくくすぐる。

 

サーヤ「んっふ~♥ マスター、もっと激しくくすぐってもいいわよ~♥」

 

大笑いするサーヤが見たくて、私はがんばってさらに激しくくすぐる。

 

サーヤ「あっ♥ あんっ♥ あぁ~んっ♥ あ~♥ あぁ~♥」

 

私がサーヤの体を激しくくすぐるほど、恍惚とした表情で体をくねらせて悶える。

 

サーヤ「あ~んっ♥ マスター、それ以上されるとサーヤ、イっちゃうかも~♥」

 

.

③【スパンキング】お尻を叩く(軽)

 

私はサーヤのお尻を平手で軽く叩く。

 

サーヤ「んふっ♥ マスター、もっと強く叩いてぇ~♥」

 

お尻を振りながらサーヤはおねだりする。

 

今度はさっきよりも強めに、サーヤのお尻を数回叩く。

 

サーヤ「あんっ♥ もっといっぱい叩いて~♥ エッチなサーヤにお仕置きしてぇ~♥」

 

.

④【スパンキング】お尻を叩く(強)

 

私はサーヤのお尻を平手で強く叩く。

 

サーヤ「マスター、もっと強く~♥ もっとぉ~。もっとぉ~♥」

 

おねだりするサーヤに乗せられて、ふと気付くと結構な力でサーヤのお尻を叩いていたらしく、真っ赤になったお尻が痛々しい。

 

サーヤ「マスター、お尻いたぁ~い♥ お尻を優しくさすってほしいなぁ~♥」

 

恍惚とした表情でわざとらしく痛がった後、お尻を振りながらおねだりしてくる。