【風舞アスカ】前戯をする(キス・愛撫・その他)

レッスン(姫宮アリス)

 

■「前戯をする」について

バーチャルドールと「前戯のレッスン」を行います。

 

【使用例】
〇「追加要素:体位」と組み合わせる事で、いろんな体位で前戯をしている状態になります。

「シックスナイン」→「クリトリスを舐める」→「フェラチオをする」

 

キス

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
マスターとアスカが、キスをする。

【ミコトのミニ講座】
「キス」と言っても、いろんなキスの仕方があるのじゃ。
お互いに、いろいろと試してみると良いぞ。

ミコトのアダルト講座:「キス」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○愛撫をする。
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 優しくキスをする ② 激しくキスをする
③ 舌を入れて愛撫する ④ 舌を吸う

.

① 優しくキスをする

 

アスカが私に優しくキスをする。

ぷにゅっと柔らかい感触がして、何度も唇が押し付けられる。

 

私の唇をアスカが唇で挟むようにキスをしてくるので、同じようにキスをしてみる。

 

アスカ「ん……♥ んっ♥ アスカにキスされて嬉しい? あはっ♥ 可愛いわね♥」

 

.

② 激しくキスをする

 

お互いの唇で愛撫したり、舌を絡ませるようにして、激しくキスをする。

唇同士が求め合い触れ合い、隙間ができないほどに密着する。

 

こちらが激しくすると、アスカは負けないようにさらに激しくしてくる。

こういう勝負は、大抵アスカに押し切られて私の負けで終わる。

 

アスカ「んふ~♥ んふ~……♥ あはっ♥ アスカに勝てると思ったの? 可愛がってあげるわ♥」

 

アスカは私を屈服させると、愛おしそうに私を可愛がってくる。

 

.

③ 舌を入れて愛撫する

 

アスカの口の中に舌を入れて、舌や舌の裏側など、口の中を探るように愛撫する。

私の舌がアスカの弱い所を撫でると、アスカの体はぴくんと反応する。

 

アスカ「あはっ♥ 何よ、それ♥ すっごく気持ちいいじゃない♥ もっとしなさいよ♥」

 

.

④ 舌を吸う

 

私の舌を求めて入ってきたアスカの舌を、唇で挟んでチュッチュッと吸う。

 

舌を吸う度に甘い声を上げて、アスカの体がくねる。

 

アスカ「んふ~っ♥ 何よ、甘えてるの? 可愛い事するじゃない♥」

 

 

愛撫(胸)

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
マスターが、アスカに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 胸を優しく揉む ② 胸を激しく揉む
③ 乳輪をなぞる ④ 乳首をつまむ
⑤ 乳首を吸う ⑥ 乳首を舐める

.

① 胸を優しく揉む

 

アスカ「ほらマスター、揉みたいなら揉んで良いわよ♥」

 

私はアスカの胸を優しく揉む。

 

アスカ「アスカの胸を揉めて、マスターとっても嬉しい?」

 

.

② 胸を激しく揉む

 

アスカ「マスターの好きに揉んでいいわよ♥ ご褒美だと思いなさい♥」

 

私はアスカの胸を激しく揉む。

 

アスカは呼吸が荒くなる。

 

アスカ「はぁ……はぁ……♥ 一生懸命、胸を揉んでるマスターを見てたら、なんだか興奮してきちゃった……♥」

 

.

③ 乳輪をなぞる

 

アスカ「ほらマスター、アスカを気持ち良くさせなさい♥」

 

私はアスカの乳輪を、指で触れるか触れないかのソフトなタッチでそっとなぞる。

 

体をゾクっと震わせて、アスカは興奮する。

 

アスカ「あはっ♥ 今、なんかゾクっと来たわ♥ マスターってヘンな知識はいっぱい知ってるわよね♥」

 

.

④ 乳首をつまむ

 

アスカ「何よ、乳首ばっかり見て♥ そんなに触りたいなら、触らせてあげるわ♥」

 

私はアスカの乳首を指でつまんだり、こねたりする。

 

アスカ「あはっ♥ すっごくスケベな触り方するのね♥ マスターのドスケベ、ヘンターイ♥」

 

.

⑤ 乳首を吸う

 

アスカ「マスター、アスカを喜ばせる事をしてみなさいよ♥」

 

私はアスカの乳首を吸う。

 

ちゅっちゅっと音を立てながら吸うと、アスカは興奮したように息を荒くする。

 

アスカ「はぁ……はぁ……♥ 何、それ、すっごく可愛い♥ いっぱい可愛がってあげたくなってきちゃうわ♥」

 

.

⑥ 乳首を舐める

 

アスカ「な~に、アスカの乳首を舐めたいの? 良いわよ♥ ご褒美に舐めさせてあげる♥」

 

私はアスカの乳首を舐める。

 

舐めているとだんだんアスカの乳首が固くなってきて、興奮してきている事がわかる。

 

アスカ「もう、そんなに嬉しそうに舐められたら、アスカも興奮してきちゃうじゃない♥」

 

 

愛撫(性器)

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
マスターが、アスカに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① オマンコを触る ② クリトリスを触る
③ オマンコを広げる ④ オマンコに指を入れる
⑤ オマンコを舐める ⑥ クリトリスを舐める
⑦ オマンコの中に舌を入れる ⑧ 愛液を吸う

 

.

① オマンコを触る

 

アスカ「アスカのオマンコを触りたいの? 触らせてあげてもいいけど、大切に扱いなさい♥」

 

私はアスカのオマンコを触る。

ぷにぷにと柔らかく、指で押したり、手の平で撫でたりしてみる。

 

アスカ「あんっ♥ いいわ♥ もっと触って気持ち良くさせなさい♥」

 

割れ目を何度も指で優しく撫でると、アスカはゾクっと体を震わせる。

 

アスカが感じてくれると、私も嬉しくなって興奮してくる。

 

アスカ「あぁんっ♥ マスターも興奮してるみたいね♥ この感じ、とっても良いわ~♥」

 

.

② クリトリスを触る

 

アスカ「アスカのクリトリスを触りたいの? 触らせてあげてもいいけど、ちゃんと気持ち良くさせなさいよ♥」

 

私はアスカのクリトリスを優しく撫でる。

 

アスカ「すごく優しい触り方ね♥ 優しく扱われるのは好きだけど、もっと強くしてもいいわよ♥」

 

包皮の上から円を描くようにアスカのクリトリスを擦って刺激した後、まだ余裕があるので、包皮をむいて直接撫で回す。

 

アスカ「あぁんっ♥ 何これ、すっごく気持ち良い~♥ もっと気持ち良くさせなさ~い♥」

 

.

③ オマンコを広げる

 

私が依頼内容に躊躇していると、アスカが不思議そうに声をかける。

 

アスカ「な~に、そんなにやりにくい依頼なの? なんだかわからないけど、許してあげるからやってみなさい♥」

 

私はアスカのオマンコに触れると、くぱぁと広げる。

 

アスカの奥まで丸見えで、私はとても興奮してしまう。

 

アスカ「あはっ♥ マスターって、こんなので興奮しちゃうの? マスターってとってもヘンタイなのね♥」

 

.

④ オマンコに指を入れる

 

アスカ「アスカのオマンコに指を入れたいの? ダ~メ♥ 何よ、困った顔しちゃって~♥ 嘘よ♥ してもいいわよ♥」

 

私はアスカのオマンコに指を入れて、内壁を指で優しく撫でる。

 

アスカ「アスカのオマンコの中、どうなってるのか言ってごらんなさい♥」

 

私は、柔らかくて、しっとりと濡れていて温かいと伝える。

 

本人のオマンコを触りながら、感想を言わされて、私はすごく興奮する。

 

アスカ「マスターにオマンコ触られて興奮してるのよ♥ わかるかしら?」

 

恥ずかしくて伝えなかったのだが、アスカの中がむちゅむちゅっと指に吸い付いてきている。

 

.

⑤ オマンコを舐める

 

アスカ「アスカのオマンコを舐めたいですって? あはっ♥ 顔を真っ赤にしちゃって、恥ずかしいの? いいわ、舐めさせてあげる♥」

 

私はアスカのオマンコに口を付けて舐める。

唇を使って愛撫しつつ、優しく丁寧にアスカが喜びそうな舐め方を考えてやってみる。

 

アスカ「なんだか一生懸命舐められるのって、くすぐったい気持ちになって、すっごく興奮しちゃうわ♥」

 

アスカが喜んでくれると私も嬉しくなってしまう。

私は愛情いっぱいに、ちゅっちゅっとオマンコにキスを何度もする。

 

アスカ「あはっ♥ もう、そんな所にキスしちゃダメよ♥ 愛おしくなっちゃうじゃないの♥」

 

.

⑥ クリトリスを舐める

 

アスカ「アスカのクリトリスを舐めたいですって? 今、想像したでしょ? 興奮してるのわかるんだから♥ いいわ、舐めさせてあげる♥」

 

私はアスカのクリトリスに舌を伸ばして、優しく舐める。

 

アスカ「あはっ♥ ペロペロ、ペロペロ、マスターに甘えられてるみたいね♥」

 

舐めるほどにアスカは興奮していく。

 

それにつられて、私もさらに興奮していく。

 

アスカ「もう、何よコレ♥ マスターに舐められてると、すっごく可愛がってあげたくなっちゃう♥」

 

.

⑦ オマンコの中に舌を入れる

 

アスカ「アスカのオマンコの中に舌を入れたいですって? マスターって、そんな事までしちゃうの? すごいわね~♥ やってごらんなさい♥」

 

私は、アスカのオマンコに口を付けると、舌を伸ばして内壁を舐める。

 

アスカ「あんっ♥ マスターの舌がアスカの中を舐め回してるわ~♥」

 

興奮してアスカは息を荒くする。

 

アスカ「あぁんっ♥ はぁ……はぁ……♥ こんな事をされてるのに愛おしくなっちゃうのは、どうしてかしらね……♥ もっと舐めなさい♥」

 

.

⑧ 愛液を吸う

 

興奮しているアスカのオマンコから、愛液がじゅんと染み出してくる。

足やお尻を伝って体を濡らしそうになる。

 

とっさに私は、舌で舐めとった後、膣内の愛液をちゅうっと吸う。

 

アスカ「な~に? 今、すっごくヘンな事しなかった?」

 

私の行動に、アスカは興味深々といった面持ちで質問する。

 

事情を伝えると、アスカはとても興奮しながら喜ぶ。

 

アスカ「愛液がこぼれそうになってたから、舐めて吸ったの? あはっ♥ そういうのも気遣いなのかしら? すごくヘンタイっぽいけど、なぜだか妙に興奮しちゃったわ♥」

 

 

愛撫(尻)

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
マスターが、アスカに愛撫をする。

【ミコトのミニ講座】
愛撫とは、胸や性器などを手で撫でたり、舌で舐めたりする事なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「前戯」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○手コキ・フェラチオ・パイズリをする。
○アダルトグッズを使用する。
○セックス(アナルセックス)をする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① お尻を優しくなでる ② お尻を揉む
③ お尻を舐める ④ アナルを触る
⑤ アナルを舐める ⑥ アナルに指を入れる

.

① お尻を優しくなでる

 

アスカ「アスカのお尻を触りたいだなんて、マスターってドスケベね♥ 自分がドスケベだって認めるなら、触ってもいいわよ♥」

 

私はドスケベである事を認めさせられて、アスカのお尻を触る。

 

ぷにぷにと柔らかいお尻を触ると、あまりの気持ち良さに顔が緩んでしまう。

 

アスカ「あはっ♥ 今、と~っても恥ずかしい顔してるわよ? やっぱりマスターはドスケベ決定ね♥」

 

.

② お尻を揉む

 

アスカ「アスカのお尻を揉みたいだなんて、マスターってドスケベね♥ 自分がドスケベだって認めるなら、揉んでもいいわよ♥」

 

私はドスケベである事を認めさせられて、アスカのお尻を揉む。

むにゅむにゅっと柔らかいお尻を揉んでいると、あまりの気持ち良さにずっと触っていたくなってしまう。

 

アスカ「……はぁ……はぁ……♥ いつまで揉むつもりなのよ♥ そんなに求められると、たまらなくなっちゃうじゃないの♥」

 

.

③ お尻を舐める

 

アスカ「アスカのお尻を舐めたいだなんて、マスターってドスケベね♥ 自分がドスケベだって認めるなら、舐めてもいいわよ♥」

 

私はドスケベである事を認めさせられて、アスカのお尻を舐める。

 

アスカの柔らかいお尻を舐める度に、興奮している自分に気付いて、さらに興奮してしまう。

 

アスカ「お尻を舐めて興奮してしまうなんて、もう言い逃れできないくらい決定的に、マスターはドスケベでヘンタイじゃない♥」

 

.

④ アナルを触る

 

アスカ「レッスンだからって、アスカが無条件でアナルを触らせると思ってるの?」

 

イタズラを思いついたような笑みを浮かべるアスカに、私は嫌な予感がして冷や汗が出る。

 

アスカ「条件として、レッスンが終わったら、プライベートでマスターのアナルを触らせなさい♥ いいわね♥」

 

中ば強引に約束をさせられ、私はアスカのアナルを触る。

 

指で優しく撫でると、くすぐったいのか腰をくねらせる。

 

アスカ「こ~ら、あんまりヘンな事すると、あとで100倍すごい事するわよ♥」

 

.

⑤ アナルを舐める

 

アスカ「レッスンだからって、アスカが無条件でアナルを舐めさせると思ってるの?」

 

イタズラを思いついたような笑みを浮かべるアスカに、私は嫌な予感がして冷や汗が出る。

 

アスカ「条件として、レッスンが終わったら、プライベートでマスターのアナルを舐めさせなさい♥ いいわね♥」

 

中ば強引に約束をさせられ、私はアスカのアナルを舐める。

 

アナルの周りを舐めると腰を引くので、手で押さえながら、さらに穴の中に舌をゆっくりとねじ込んで舌を動かす。

 

アスカ「あっ♥ あぁん♥ も、もう♥ あとで覚悟してなさいよ♥」

 

.

⑥ アナルに指を入れる

 

アスカ「レッスンだからって、アスカが無条件でアナルに指を入れさせると思ってるの?」

 

イタズラを思いついたような笑みを浮かべるアスカに、私は嫌な予感がして冷や汗が出る。

 

アスカ「条件として、レッスンが終わったら、プライベートでマスターのアナルに指を入れさせなさい♥ いいわね♥」

 

中ば強引に約束をさせられ、私はアスカのアナルにゆっくりと指を入れていく。

 

優しく内壁を撫でたり、指を出し入れをする。

 

アスカ「あっ……♥ んんっ……♥ マスターのアナル、どんな風にいじめてやろうかしら……♥」

 

 

その他

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
その他、マスターにやってもらいたいレッスン。

【ミコトのミニ講座】
二人の愛と楽しむ心があれば、くすぐりなど、何でもプレイになるのじゃよ。

◆――――――――――――――――――――――◆

①【くすぐり】くすぐる(軽) ②【くすぐり】くすぐる(激)
③【スパンキング】お尻を叩く(軽) ④【スパンキング】お尻を叩く(強)

.

①【くすぐり】くすぐる(軽)

 

私はアスカの脇や横腹を軽くくすぐる。

アスカはくすぐったそうなそぶりを見せず、余裕の笑顔で私を見る。

 

アスカ「あはっ♥ な~に遠慮してんのよ♥ やるならしっかりやりなさいよね♥」

 

.

②【くすぐり】くすぐる(激)

 

私はアスカの脇や横腹を激しくくすぐる。

 

アスカは身をよじらせて、楽しそうに笑う。

 

アスカ「あはははっ♥ あ~♥ 今、どさくさに紛れて、おっぱい触ったでしょ? あはっ♥ 後でお仕置きが必要ね♥」

 

.

③【スパンキング】お尻を叩く(軽)

 

アスカ「あは♥ もちろん、あとでお仕置きしてあげるから、楽しみにしてなさい♥」

 

私はアスカのお尻を平手で軽く叩く。

 

アスカ「何よ、お仕置きが怖くて、手加減してるのかしら?」

 

.

④【スパンキング】お尻を叩く(強)

 

アスカ「あはっ♥ もちろん、あとでお仕置きしてあげるから、楽しみにしてなさい♥」

 

私はアスカのお尻を平手で叩く。

 

アスカ「そんなの、全然弱いわ♥ 強く叩かないと、依頼をやった事にならないわよ?」

 

私は腹をくくって、強めにお尻を叩く。

 

アスカの声や反応はなかったが、かなり良い音がした気がする。

 

アスカ「なかなか痛かったわ♥ 後のお仕置きが楽しみね♥」