【花咲ユイナ】レッスンの終わり

レッスン(花咲ユイナ)

 

―――――――――――――――― ――――――――――――――――
■ レッスンルーム ■
―――――――――――――――― ――――――――――――――――

 

ユイナに、今回のレッスンはここまでにしようと伝えると、周りの風景が元のレッスンルームに戻る。

 

ユイナ「マスター、おつかれさまです♪ レッスンをしてくださって、どうもありがとうございました」

 

くすくすとユイナが笑うので、どうしたのかと尋ねる。

ユイナ「うふふっ♥ レッスンの事を思い出してしまって……♪ マスターとするレッスンは癒されます♪」

頬に手を当てて、幸せそうにユイナは微笑む。

 

 

ユイナ「今回のレッスンは、マスターの満足するようにできていましたか?」

危うく満足させてもらったよと言いそうになり、慌てて文句の付け所もなかったよと言い直した。

 

ユイナ「うふふ。ありがとうございます♪」

 

私もユイナと同じように感じていて、ユイナとレッスンしていると、心がほわわんと癒される。

 

 

ちゃんとした『評価』と『感想』は、あとで送っておくよと伝える。

ユイナ「マスターから送られてくるのをいつも楽しみにしていて、何度も見返したりしているんですよ♪」

良い部分をほめてあげると、どんどん長所が伸びていって、さらに良くなっていく。
ほめる事で育っていくのを見ていると、こういう所も人間っぽいなと思った。

 

 

私自身の反省点としては、毎度の事ながら、このレッスンの相手をつとめるには、まだまだ知識が足りていない事を痛感させられる。

知識が足りていない部分は、あとでミコトさんから教えてもらっておかないといけないな。