【花咲ユイナ】お出かけ編

【タイトル画像】花咲ユイナ
「お出かけ編」について

バーチャルドールと「お出かけを一緒にするレッスン」を行います。


【主な目的】
○バーチャルドールに、人間らしい生活や習慣をレッスンするため。

○人間であるマスターとバーチャルドールが、お互いの事を理解し交流するため。

外食

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナと一緒に外食に行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 外食に誘う② 和食のお店に入る
③ 洋食のお店に入る④ 中華のお店に入る
⑤ ファーストフードのお店にする 

.

① 外食に誘う

たまには外食をするのも良いかなと思い、私はユイナを外食に誘ってみる。

ユイナ「はい♪ いいですね♪」

私はユイナに、何が食べたいかを聞く。

ユイナ「マスターのお好きなお店でいいですよ~♪」

それじゃ、どこにしようかな。

.

② 和食のお店に入る

和食のお店に入った。

メニューを見ながら、何を選ぼうかとしばし会話を楽しみつつ、決まった所で店員さんを呼んで注文をした。

しばらくして、注文した「天丼」が運ばれて来た。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、料理はあえて同じものを注文している。

ユイナ「いただきます♪」

私もいただきますと言って食べ始める。

ユイナ「天ぷらがサクサクでおいしいですね♪」

半分ほど食べてから、天つゆをかけてもおいしいよと、自分の天ぷらにかけてからユイナにも勧める。

ユイナはお礼を言いながら天つゆを受け取ると、私のアドバイス通りに天つゆをかけて食べる。

ユイナ「柔らかくなって、さっきとは違う食感が楽しめるんですね♪」

食べ終わって少しゆっくりした後、お会計を済ませて、お店を出た。

.

③ 洋食のお店に入る

洋食のお店に入った。

メニューを見ながら、何を選ぼうかとしばし会話を楽しみつつ、決まった所で店員さんを呼んで注文をした。

しばらくして、注文した「ハンバーグセット」が運ばれて来た。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、料理はあえて同じものを注文している。

ユイナ「いただきます♪」

私もいただきますと言って食べ始める。

ユイナ「やっぱりプロの料理人の方が作るハンバーグはおいしいですね♪ こんな風に作れるようになりたいです♪」

私は、ユイナのハンバーグは今でも十分においしいよと、お世辞ではなく本心から言う。

ユイナ「うふふ。ありがとうございます♪ でも、マスターにもっと喜んで欲しいですから♪」

食べ終わって少しゆっくりした後、お会計を済ませて、お店を出た。

.

④ 中華のお店に入る

中華のお店に入った。

メニューを見ながら、何を選ぼうかとしばし会話を楽しみつつ、決まった所で店員さんを呼んで注文をした。

しばらくして、注文した「チャーハン・酢豚」が運ばれて来た。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、料理はあえて同じものを注文している。

ユイナ「いただきます♪」

私もいただきますと言って、料理を食べ始める。

ユイナ「んふっ。おいしい♪ マスターはチャーハンと酢豚は好きですか?」

どちらも好きだと答える。

ユイナ「それでは、今度レシピを調べて作ってみますね♪」

私が、それは楽しみだと答えると、ユイナはほっこりと微笑む。

食べ終わって少しゆっくりした後、お会計を済ませて、お店を出た。

.

⑤ ファーストフードのお店にする

ファーストフードのお店に着いた。

店の外にかけられているメニューボードを見ながら、二人で食べたいものを決める。

ユイナが買ってきてくれるというので、私は店の外に設置されているベンチに座って待つ事にした。

ユイナ「おまたせしました~♪」

買ってきた「タピオカミルクティー」を私に手渡しながら、ユイナもベンチに座る。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、あえて同じものを注文している。

ユイナ「ぷにぷにとしていて、不思議な食感ですね♪」

うまく飲まないとミルクティーだけ先になくなってしまって、タピオカが大量に残ってしまうなと、カップ内のタピオカを見せると、ユイナは微笑む。

ユイナ「うふふ。なかなか難しい飲み物ですね♪」

タピオカミルクティーを飲むユイナを見て、一瞬「タピオカチャレンジ」が頭に浮かんだが、口にするのはやめておいた。

買い物

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナと一緒に買い物に行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 買い物に誘う② ショッピングモールに入る
③ スーパーに入る④ 雑貨店に入る
⑤ 服屋に入る⑥ おもちゃ屋に入る
⑦ ショッピングモールから出る 

.

① 買い物に誘う

私はユイナを買物に誘う。

ユイナ「はい♪ 一緒に行きます♪」

私たちは、家の近所にあるショッピングモールに向かった。

.

② ショッピングモールに入る

ショッピングモールに到着した。

ユイナ「活気があって、なんだか楽しい気持ちになってきますね♪」

いつも笑顔のユイナだが、より一層楽しそうな笑顔をしている。

はぐれてしまわないように手を繋ぐ。

ユイナは嬉しそうに、繋いでない方の手で私の手を包み込んで微笑む。

それじゃ、行こうか。

.

③ スーパーに入る

食材を買うため、スーパーに入った。

ユイナ「うふふ。フルーツの良い香りがしますね」

入口付近をたくさんのフルーツが彩っている。

作る料理についてヒヨリと話しながら、食材をショッピングカートに入れていく。

必要なものを選び終えた私は、ユイナに何かひとつ好きなものを選んでくるように言う。

少し待っているとユイナが小走りで戻ってくる。

手には、「みりん」があった。

ユイナ「そろそろなくなりかけていたのを、さっき思い出しました♪」

本当は、ユイナの食べたいものを選んで欲しかったが、まぁいいかと思い、みりんを受け取った。

レジに行くとリアリティーのためか、他のお客さんも並んでいた。

順番を待ってお会計をすませると、スーパ―を出た。

.

④ 雑貨店に入る

特に目的がある訳ではないが、何か良いものがあればと雑貨店に入った。

ユイナ「かわいいものがたくさんありますね♪」

日用雑貨からキャラクターグッズまで、いろんな商品が並んでいる。

店内をユイナと見て回っていると、ユイナが「スマホケース」を手に取って、気に入ったのか良く見ている。

ユイナ「うふふ。かわいい柄がいろいろあって楽しいです♪」

ユイナが気に入ったスマホケースと対になるスマホケースがもう1つあったので、それを買う事に決めた。

商品を持ってレジに向かう。

お会計を済ませた後、雑貨店を出た。

.

⑤ 服屋に入る

服が並んでいるショーウィンドウをユイナが見ていたので、服屋に入る事にした。

ユイナ「うふふ。いろんな服を見ているだけで、なんだか楽しくなってきちゃいます♪」

ユイナに似合いそうな服を探していると、店員さんが来て試着を勧めてきた。

折角なので、ユイナにいろんな服を試着してもらう事にする。

どの服もユイナに似合っていて、見とれてしまうほど可愛いかった。

最後に、いろいろ試着した中で、ユイナが一番気に入った服をもう一度着てもらう。

ユイナ「マスター、どうですか? 似合っていますか?」

すごく似合っていて可愛いよと言うと、ユイナはほっこりと微笑む。

ユイナにこの服をプレゼントしてあげたいという気持ちになり、店員さんに購入する事を伝えてお会計をしてもらう。

私は購入した服を入れた紙袋を受け取って、嬉しそうにしているユイナとお店を出た。

.

⑥ おもちゃ屋に入る

おもちゃ屋の前を通ると、陽気な音楽やおもちゃの音が聞こえてきて、楽しそうな雰囲気に誘われるように、ついついおもちゃ屋に入ってしまった。

一通り店内を見て周った後、ユイナが一番興味を引かれていた「音楽コーナー」に戻る。

気軽に触って遊べるようになっているので、ユイナが触って遊んでみる。

ユイナ「それでは、マスターの好きな曲を弾いてみましょうか♪」

薄くて丸めて持ち歩ける事がウリの電子音楽キーボードを、ユイナは軽くポップの簡単な説明を見ると、使い慣れた楽器のように弾き始める。

1曲だけでなく、私の知っている曲を何曲も繋げて、メドレーのようにアレンジされていた。

無意識にリズムを取ってしまっていた私を見て、ユイナが微笑む。

ユイナ「音楽は楽しい気分になれるので、とっても良いですね♪」

いろんなおもちゃを見たり触ったりして遊んだ後、「電子音楽キーボード」を買って、おもちゃ屋を出た。

.

⑦ ショッピングモールから出る

ショッピングモールから出た。

このまま家に帰っても良いが、荷物はコインロッカーに入れておく事もできる。

これからどうしようか。

ゲームセンター

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナと一緒にゲームセンターに行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① ゲームセンターに誘う② ゲームセンターに入る
③ ガンシューティングで遊ぶ④ レースゲームで遊ぶ
⑤ ダンスゲームで遊ぶ⑥ 音ゲーで遊ぶ
⑦ 対戦ゲームで遊ぶ⑧ UFOキャッチャーで遊ぶ
⑨ ゲームセンターから出る 

.

① ゲームセンターに誘う

ユイナをゲームセンターに誘ってみる。

ユイナ「はい♪ ご一緒します♪」

私たちはゲームセンターに向かった。

.

② ゲームセンターに入る

ゲームセンターに到着した。

ユイナ「うふふ。みんな楽しそうにゲームをしていますね♪」

家族でできるゲームも多く設置されているため、家族連れやカップルも多い。

すでに楽しそうだと、私はユイナの様子を見て言う。

ユイナ「はい♪ 楽しそうにしてる人を見ると、ユイナも楽しくなってきます♪」

.

③ ガンシューティングで遊ぶ

ガンシューティングゲームで一緒に遊ぼうと、ユイナを誘う。

ユイナ「マスター、これにしますか?」

パステルカラーで、ファンシーなキャラクターがいっぱいのファミリー向けなゲームだ。

ユイナ「これを画面に向ければいいんですね♪」

大きな大砲を画面に向けていると、自動で弾が発射されるらしい。

お金を入れて、ゲームをスタートする。

風船でふわふわ浮いてる動物たちを守るために、カラスにボールをぶつけていく。

ユイナ「なんだか、カラスさんが可哀想になってきちゃいますね」

カラスのグラフィックもファンシーなため、ボールをぶつけて撃ち落とすのはちょっと可哀想だなと私も思った。

二人で苦笑しながらも、ゲームなのでバンバンと撃ち落とす。

ステージ2では、気球に乗った海賊クマが爆弾や弓矢で攻撃してくるので、気球を割って撃ち落とすのだが、これまた可愛いグラフィックだった。

ユイナ「見た目が可愛すぎて、打っていいのか葛藤してしまいます」

戦う意思がある者には、全力で戦わねば失礼にあたる。と、最もらしい事をユイナに伝えつつ、自分にも言い聞かせてみた。

その後も、敵キャラのファンシーさに悩まされながらステージを進み、5ステージ目でゲームオーバーになった。

最後に倒した数などが表示されて、たくさんのファンシー動物を倒した現実を突きつけられる。

ユイナ「ちょっと複雑な心境になっちゃいましたね」

二人で苦笑しつつ、ガンシューティングゲームの筐体から移動した。

.

④ レースゲームで遊ぶ

レースゲームで一緒に遊ぼうと、ユイナを誘う。

ユイナ「うふふ。カートに写真が付くんですね♪」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

レーサーである自分の顔がカメラで撮影され、カートに貼り付けられる。

ユイナのカートを見ると、いつも通りのニコニコ笑顔の写真になっていた。

ユイナ「マスターに付いていけるように、がんばりますね♪」

カウントダウンが終わり、NPCも含めたカートが一斉に走り出す。

私とユイナは、前にいるNPCをすり抜けて、トップに出る。

私の後ろにはユイナがいるのだが、私が減速して曲がるとユイナも減速して曲がり、ドリフトして曲がるとユイナもドリフトして曲がる。

ユイナは私の動きを真似て付いてきているようで、つまりは私がミスるとユイナもその動きを真似してミスる可能性があるわけで、ひとりで遊んでるよりも変な緊張感があった。

なんとか1位でゴールする事ができ、その後ろに付いてきてるユイナも2位でゴールした。

ユイナ「無事にマスターに付いていく事ができました♪」

次に遊ぶ時は、ユイナの好きにやっても良いよと先に言うようにしておこうと思いながら、レースゲームの筐体から移動した。

.

⑤ ダンスゲームで遊ぶ

ダンスゲームで一緒に遊ぼうと、ユイナを誘う。

ユイナ「はい♪ いいですよ?♪」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

曲は、ユイナの好きなものの中から、難易度の低いものを選んだ。

最初は矢印にうまく合わせられないでいたが、だんだんと合わせられるようになり、ユイナは楽しそうに踊る。

ちょっと見とれてしまい、ミスってしまった。

曲が終わり、スコアが出る。

スコアは私の方が高かったが、ユイナが楽しそうだったので勝ち負けはどうでもよかった。

ユイナ「うふふ。とっても楽しかったです♪」

ほっこりと微笑むユイナと笑いあって、充実感に包まれつつ、ダンスゲームの筐体から移動した。

.

⑥ 音ゲーで遊ぶ

音楽ゲームで一緒に遊ぼうと、ユイナを誘う。

ユイナ「音楽に合わせて、キーボードを叩くゲームなんですね♪」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

ユイナの知ってる曲の中から、ピアノに合いそうな曲を選んで、低難易度を選ぶ。

私が左側でユイナが右側を担当し、連弾という形で弾く。

担当を分ける事で範囲が半分になるので、難易度がさらに下がって感じられ、二人で完璧に引く事ができた。

曲が終わり、スコアが出る。

パーフェクトの文字に、ユイナが私の手を握ってピョンピョンと喜ぶ。

ユイナ「マスターと二人で弾くと、なんだかとっても楽しいです♪」

流れで手を繋いだまま、音楽ゲームの筐体から移動した。

.

⑦ 対戦ゲームで遊ぶ

やってみたいと思っていた格闘ゲームがあったため、ついつい画面を見てしまう。

ユイナ「マスターのお好きなゲームでしたら、ユイナに遠慮せずに遊んでくださいね♪」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

じっとユイナに見られていると思うと、なんだか気恥ずかしくなってしまい、いつもと違う感覚にちゃんと集中しきれないでいる。

折角、ユイナと来てるという事もあって、クリアを目指す事はやめて、ユイナにこのゲームの楽しさやキャラの事を説明しつつ、まったりと戦う。

ユイナ「マスターが説明してくださっていたので、見ているだけでとても楽しめました♪」

中ボスで負けてしまったが、ユイナも楽しんでくれていたので良かったと思い、格闘ゲームの筐体から移動した。

.

⑧ UFOキャッチャーで遊ぶ

UFOキャッチャーの中をユイナが眺めているので、何か気になるものがあるのかと尋ねてみる。

ユイナ「あのぬいぐるみが可愛いので、ちょっと見ていました♪」

がんばって取ってみるかと意気込んで、私はお金を投入する。

なかなか取る事ができず、9回目でやっと取る事ができた。

私は、ほっとしながらユイナに手渡す。

ユイナ「ありがとうございます♪ 大切にしますね♪」

ユイナは、ぬいぐるみに頬擦りするように抱きしめて微笑む。

その様子を見て、やってみた甲斐があったなと思う。

景品を入れるビニール袋にぬいぐるみを入れると、UFOキャッチャーの筐体から移動した。

.

⑨ ゲームセンターから出る

ゲームセンターから出た。

ユイナ「ゲームセンターって、たくさんの人の楽しい気持ちがいっぱいで素敵な場所ですね♪」

いつも以上にニコニコ笑顔のユイナを見て、連れてきてよかったと私まで嬉しくなった。

また遊びに来ようと、私はユイナに言って歩き出す。

カラオケ

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナと一緒にカラオケに行く。

【参考データ】
バーチャルドールたちの「声の参考データ」が下記ページにありますので、よかったらご覧になってくださいね。

「バーチャルドールの声」の参考データ

◆――――――――――――――――――――――◆

① カラオケに誘う ② カラオケ店に入る
③ マスターが歌う ④ ドールが歌う
⑤ 一緒に歌う ⑥ 採点モードで勝負をする
⑦ カラオケを出る

.

① カラオケに誘う

ユイナをカラオケに誘ってみる。

ユイナ「はい♪ マスターの歌、楽しみです♪」

私たちは、カラオケ店に向かった。

.

② カラオケ店に入る

カラオケ店に到着した。

受付を済ませた後、ドリンクバーで飲み物を入れてから部屋に入る。

ユイナ「二人でこの大きな部屋は、とっても贅沢な感じがしますね♪」

他に部屋が空いてなかったのか、10人でも大丈夫なくらいの大部屋だった。

先にユイナに座ってもらって、私はリモコンやマイクなど、歌うための準備をしてから座る。

さて、歌う順番はどうしようか。

.

③ マスターが歌う

私が入れた歌のイントロが流れ始めた。

マイクを握って、私は歌い始める。

ユイナの方を見ると、カラオケの音楽で音は聞こえないが、ユイナはニコニコ笑顔で手拍子をしていた。

少しうろ覚えの箇所もあったが、なんとか最後まで歌う事ができて、ほっとしながらマイクを置いた。

ユイナ「マスター、とっても歌がお上手ですね♪」

素直に褒められると照れてしまう。

.

④ ドールが歌う

ユイナの入れた歌のイントロが流れ始めた。

マイクを両手で握って、ユイナは歌い始める。

体をゆっくりと横揺れさせてリズムを取りながら、ゆったりとした穏やかな歌を優しい声で歌っている。

私と目が合うと、ニコニコと微笑む。

歌い終わるとマイクを置く。

ユイナ「マスター、どうでしたか?」

とても癒される歌声だったよと答える。

ユイナ「ありがとうございます♪」

.

⑤ 一緒に歌う

二人が歌える歌を探して、一緒に歌おうという事になった。

私が好きな歌の中から、ユイナも歌える歌を選曲した。

入れた歌のイントロが流れ始め、マイクを握って二人で歌い始める。

デュエット曲ではないので、二人の声が重なる。

ユイナのキレイな歌声だけを聞いていたい気持ちになってきて、こっそりと声を小さくすると、すぐにバレて歌ってくださいとジェスチャーをされてしまった。

歌い終わってマイクを置く。

ユイナ「マスター、遠慮しないで歌ってくださいね♪」

あまりにユイナの歌声がキレイだったから。と答える。

ユイナ「うふふ♪ ありがとうございます♪」

.

⑥ 採点モードで勝負をする

カラオケに採点機能があるのを確認して、「試しに1回だけ」とユイナに了承を得てから、採点機能をオンにする。

言い出した私が、採点ありで先に歌う。

『78点』

まぁ、こんなもんだろうと思いつつ、自分の採点より、ユイナの採点の方が気になっていた。

次にユイナが歌う。

優しい歌い方だが透き通るようなキレイな声で、誰が聞いても高評価を出しそうだ。

『89点』

ユイナ「89点ですね♪」

カラオケの機械じゃなく、人間が聞いて採点したら、もっと良い評価をするだろうなと思った。

「試しに1回だけ」という事だったので、採点機能をオフにする。

.

⑦ カラオケを出る

カラオケ店から出た。

ユイナ「歌を歌うと、なんだか楽しい気分になりますね♪」

楽しんでもらえたようで良かったと思いつつ、また歌いに来ようと言う。

映画館

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
ユイナと一緒に映画に行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 映画に誘う② 映画館に入る
③ アニメ映画を見る④ 恋愛映画を見る
⑤ アクション映画を見る⑥ ホラー映画を見る

.

① 映画に誘う

私はユイナを映画に誘ってみる。

ユイナ「映画、いいですね♪」

私たちは映画館に向かった。

.

② 映画館に入る

映画館に到着したので、さっそく中に入る。

私は、ユイナにどの映画が見たいかを尋ねる。

ユイナ「マスターが見たいものを選んでくださいね♪」

これも一応レッスンの一環なので、『ユイナに見せたいもの』を基準に選ぶ事にしよう。

何がいいかな?

.

③ アニメ映画を見る

アニメ映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター①」に入って座席に座る。

映画が始まった。
途中でユイナの方を見てみると、微笑ましくニコニコして見ている。

映画が終わって、シアター①から出る。

ユイナ「最後に二人が会えてよかったですね♪」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。

.

④ 恋愛映画を見る

恋愛映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター②」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でユイナの方を見てみると、頬に手を当てて、少し頬を赤くして微笑んでいる。

映画が終わって、シアター②から出る。

ユイナ「ハッピーエンドになってよかったです~♪」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。

.

⑤ アクション映画を見る

アクション映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター③」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でユイナの方を見てみると、激しい格闘シーンや爆発でも余り動じる事なく、ニコニコと楽しそうに見ている。

映画が終わって、シアター③から出る。

ユイナ「ハラハラしましたが、最後は平和になってよかったですね♪」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。

.

⑥ ホラー映画を見る

ホラー映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター④」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でユイナの方を見てみると、ホラー映画を見ているようには思えないほど、微笑ましい笑顔で見ている。

映画が終わって、シアター④から出る。

ユイナ「ちゃんとお話しをして、お友達になれたら楽しそうですね♪」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。