【夢守ヒヨリ】お出かけ編

【タイトル画像】夢守ヒヨリ
「お出かけ編」について

バーチャルドールと「お出かけを一緒にするレッスン」を行います。


【主な目的】
○バーチャルドールに、人間らしい生活や習慣をレッスンするため。

○人間であるマスターとバーチャルドールが、お互いの事を理解し交流するため。

外食

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリと一緒に外食に行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 外食に誘う② 和食のお店に入る
③ 洋食のお店に入る④ 中華のお店に入る
⑤ ファーストフードのお店にする 

.

① 外食に誘う

たまには外食をするのも良いかなと思い、私はヒヨリを外食に誘ってみる。

ヒヨリ「やったー! マスターと外食~♪」

私はヒヨリに、何が食べたいかを聞く。

ヒヨリ「どこでもいいよ~♪ 外食♪ 外食♪」

それじゃ、どこにしようかな。

.

② 和食のお店に入る

和食のお店に入った。

メニューを見ながら、何を選ぼうかとしばし会話を楽しみつつ、決まった所で店員さんを呼んで注文をした。

しばらくして、注文した「お寿司」が運ばれて来た。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、料理はあえて同じものを注文している。

ヒヨリ「いただきま~す♪」

私もいただきますと言って食べ始める。

ヒヨリ「マスター、回ってないお寿司だけどおいしいね~♪」

ヒヨリの中では、回転寿司のイメージがあるようで、回ってないお寿司の方が高級なんだぞと、教えておいた。

食べ終わって少しゆっくりした後、お会計を済ませて、お店を出た。

.

③ 洋食のお店に入る

洋食のお店に入った。

メニューを見ながら、何を選ぼうかとしばし会話を楽しみつつ、決まった所で店員さんを呼んで注文をした。

しばらくして、注文した「ミートソーススパゲティー」が運ばれて来た。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、料理はあえて同じものを注文している。

ヒヨリ「いただきま~す♪」

私もいただきますと言って食べ始める。

ソースが服に飛ばないように気を付けなさいと、一応言っておく。

ヒヨリ「は~い♪ くるくる~♪ くるくる~♪」

ヒヨリは、フォークを回してパスタを巻き取って食べる。

ヒヨリ「おいしい~♪」

その食べ方は、小さな子供がやる事だよと教えようと思ったのだが、ヒヨリに似合っている気がしたのでやめておいた。

食べ終わって少しゆっくりした後、お会計を済ませて、お店を出た。

.

④ 中華のお店に入る

中華のお店に入った。

メニューを見ながら、何を選ぼうかとしばし会話を楽しみつつ、決まった所で店員さんを呼んで注文をした。

しばらくして、注文した「かに玉・杏仁豆腐」が運ばれて来た。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、料理はあえて同じものを注文している。

ヒヨリ「いただきま~す♪」

私もいただきますと言って食べ始める。

ヒヨリ「杏仁豆腐、甘くておいしい~♪」

いきなりデザートを食べ始めるヒヨリに、デザートでおなかいっぱいにならないように、先にご飯から食べなさいと言う。

ヒヨリ「は~い♪」

素直に杏仁豆腐を横に置いて、かに玉を食べる。

ヒヨリ「こっちもおいし~♪」

食べ終わって少しゆっくりした後、お会計を済ませて、お店を出た。

.

⑤ ファーストフードのお店にする

ファーストフードのお店に着いた。

店の外にかけられているメニューボードを見ながら、二人で食べたいものを決める。

ヒヨリが買ってきてくれるというので、私は店の外に設置されているベンチに座って待つ事にした。

ヒヨリ「マスター、おまたせ~♪」

買ってきた「カップアイス」を私に手渡しながら、ヒヨリもベンチに座る。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、あえて同じものを注文している。

ヒヨリ「マスター、チョコ味も食べてみる?」

スプーンにアイスを乗せて、口元に持ってくる。

パクっと食べると、ヒヨリが楽しそうに笑う。

ヒヨリ「はいっ♪」

また、アイスを口元に持って来たので、パクっと食べる。

またまたしようとするが、何度もするとヒヨリの分のアイスがなくなってしまうので、今度は私がヒヨリの口元にアイスを近づけてみる。

ヒヨリがパクっと食べる。

雛鳥に餌をあげてるようで、なるほどこれは楽しいと思った。

お互いに自分でも食べつつ、食べさせつつ楽しんだ。

買い物

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリと一緒に買い物に行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 買い物に誘う② ショッピングモールに入る
③ スーパーに入る④ 雑貨店に入る
⑤ 服屋に入る⑥ おもちゃ屋に入る
⑦ ショッピングモールから出る 

.

① 買い物に誘う

私はヒヨリを買物に誘う。

ヒヨリ「わーい♪ お買い物~♪」

私たちは、家の近所にあるショッピングモールに向かった。

.

② ショッピングモールに入る

ショッピングモールに到着した。

ヒヨリ「すごく広いね~♪ 上にもたくさんお店があるみたい♪」

ヒヨリはエントランスから、吹き抜けになっている上の階層を見上げる。

はぐれてしまわないように手を繋ぐ。

ヒヨリは嬉しそうに、私の方を見てニコりと微笑む。

それじゃ、行こうか。

.

③ スーパーに入る

食材を買うため、スーパーに入った。

ヒヨリ「すごーい! いっぱい食べ物が並んでるね~♪」

大型スーパーのため、入口から奥までたくさんの食材が並んでいて壮観だ。

作る料理についてヒヨリと話しながら、食材をショッピングカートに入れていく。

必要なものを選び終えた私は、ヒヨリに何かひとつ好きなものを選んでくるように言う。

少し待っているとヒヨリが小走りで戻ってくる。

手には、「ポテチ」があった。

ヒヨリ「マスター、後で一緒に食べよ~♪」

ポテチを手に嬉しそうにしているヒヨリが、なんだか犬っぽいなと思えて、私はヒヨリの頭をポンポンと撫でる。

レジに行くとリアリティーのためか、他のお客さんも並んでいた。

順番を待ってお会計をすませると、スーパ―を出た。

.

④ 雑貨店に入る

特に目的がある訳ではないが、何か良いものがあればと雑貨店に入った。

ヒヨリ「いろんなものがあるね~♪」

日用雑貨からキャラクターグッズまで、いろんな商品が並んでいる。

店内をヒヨリと見て回っていると、ヒヨリが「コースター」を手に取って、気に入ったのか良く見ている。

ヒヨリ「マスター、これってコップの下に敷くやつだよね♪」

コースターっていうんだよと教えて、それを買う事に決めた。

商品を持ってレジに向かう。

お会計を済ませた後、雑貨店を出た。

.

⑤ 服屋に入る

服が並んでいるショーウィンドウをヒヨリが見ていたので、服屋に入る事にした。

ヒヨリ「いろんな服があって、見ているだけで楽しいね~♪」

ヒヨリに似合いそうな服を探していると、店員さんが来て試着を勧めてきた。

折角なので、ヒヨリにいろんな服を試着してもらう事にする。

どの服もヒヨリに似合っていて、見とれてしまうほど可愛いかった。

最後に、いろいろ試着した中で、ヒヨリが一番気に入った服をもう一度着てもらう。

ヒヨリ「ねぇねぇ、マスター♪ この服どうかな~? ヒヨリに似合っている?」

すごく似合っていて可愛いよと言うと、ヒヨリは嬉しそうに照れ笑いする。

ヒヨリにこの服をプレゼントしてあげたいという気持ちになり、店員さんに購入する事を伝えてお会計をしてもらう。

私は購入した服を入れた紙袋を受け取って、嬉しそうにしているヒヨリとお店を出た。

.

⑥ おもちゃ屋に入る

おもちゃ屋の前を通ると、陽気な音楽やおもちゃの音が聞こえてきて、楽しそうな雰囲気に誘われるように、ついついおもちゃ屋に入ってしまった。

一通り店内を見て周った後、ヒヨリが一番興味を引かれていた「パズルコーナー」に戻る。

気軽に触って遊べるようになっているので、ヒヨリが触って遊んでみる。

ヒヨリ「マスター、1万ピースにチャレンジって書いてあるよ~♪ 1万ピースって難しいの?」

かなり難しいよと、私はヒヨリに答えながら苦笑する。

ヒヨリは1分ほど完成図のイラストを眺めた後、山盛りになっているピースを無造作に手に取り、その隣にあるパズルを組み上げられるように用意されたスペースにピースをおいていく。

しばらくすると、バラバラに置かれていたパズルの隙間が埋まっていき、次第に繋がっていく。

少しの間で、だいたい2割くらいが仕上がった。

ヒヨリ「えへへ……。やっぱり完成させようと思ったら、マスターを待たせちゃうからやめておくね♪」

いろんなおもちゃを見たり触ったりして遊んだ後、「1万ピースのパズル」を買って、おもちゃ屋を出た。

.

⑦ ショッピングモールから出る

ショッピングモールから出た。

このまま家に帰っても良いが、荷物はコインロッカーに入れておく事もできる。

これからどうしようか。

ゲームセンター

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリと一緒にゲームセンターに行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① ゲームセンターに誘う② ゲームセンターに入る
③ ガンシューティングで遊ぶ④ レースゲームで遊ぶ
⑤ ダンスゲームで遊ぶ⑥ 音ゲーで遊ぶ
⑦ 対戦ゲームで遊ぶ⑧ UFOキャッチャーで遊ぶ
⑨ ゲームセンターから出る 

.

① ゲームセンターに誘う

ヒヨリをゲームセンターに誘ってみる。

ヒヨリ「わーい! マスターとゲームセンターで遊べる~♪」

私たちはゲームセンターに向かった。

.

② ゲームセンターに入る

ゲームセンターに到着した。

ヒヨリ「マスター、マスター! すごくワクワクしてくるね♪」

ゲームセンターの中を見渡しながら、ヒヨリは目をキラキラとさせる。

ゲームに夢中になって、迷子になってしまわないようにと、一応言っておく。

ヒヨリ「マスターと手を繋いでおけば安心だね♪」

私の手を握ると、またすぐに店内のゲームに目を奪われる。

.

③ ガンシューティングで遊ぶ

ガンシューティングゲームで一緒に遊ぼうと、ヒヨリを誘う。

ヒヨリ「マスター、これしよう♪」

ジープに乗って巨大生物から逃げるゲームで、二人でジープ型の筐体に乗り込む。

ヒヨリ「車に銃がくっついてるよ~?」

銃は持ち上げられないように、ジープに固定されていて機銃型になっていた。

お金を入れて、ゲームをスタートする。

スタートからピンチな状況で、ジープが猛スピードで走っていると巨大なクモがたくさん追いかけてくる。

二人で協力してクモを退治していると、さっきの何倍もの巨大なクモが走ってくる。

弱点にターゲットマークが出たので、ヒヨリとそこを集中攻撃すると、クモが転んでピンチを逃れる事ができた。

ヒヨリ「マスター、なんとか逃げきれたね~♪」

ステージ2は、たくさんの恐竜が襲ってくるのだが、ジープの近くで並走されたり、ジープに乗られたりすると、臨場感がすごくて、ゲームだとわかっていても恐怖を感じてしまう。

ヒヨリは、肝が座っているのか、単に楽しいからか、臆せずに銃を撃っている。

ステージ3まで来たのだが、もうライフも残り少なく、敵が出てくる前に、倒れてきた大きな木に潰されてゲームオーバーになってしまった。

ヒヨリ「木でペシャンコになっちゃった~」

残念そうにするヒヨリに、大きな虫とかに食べられるよりはマシなんじゃないかな。と言うと、おかしそうに笑う。

ヒヨリは大丈夫っぽいが、私はまだ揺れてるような感覚がしてフラフラしつつ、ガンシューティングゲームの筐体から移動した。

.

④ レースゲームで遊ぶ

レースゲームで一緒に遊ぼうと、ヒヨリを誘う。

ヒヨリ「さっきも見てたんだけど、このゲームおもしろいよ~♪」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

レーサーである自分の顔がカメラで撮影され、カートに貼り付けられる。

ヒヨリのカートを見ると、元気な笑顔でピースした写真になっていた。

ヒヨリ「それじゃあ、いっくよ~!」

カウントダウンが終わり、NPCも含めたカートが一斉に走り出す。

抜きつ抜かれつの良い勝負だったのだが、最後のコーナーで私がミスってしまい、ヒヨリに負けてしまった。

ヒヨリ「ヒヨリが1位で、マスターが2位だね♪」

結果は負けてしまったが、ヒヨリが称えてくれるお陰で、ワンツーフィニッシュみたいな気分になれた。

お互いを称えあって、優勝台から降りるようにカートを降りて、レースゲームの筐体から移動した。

.

⑤ ダンスゲームで遊ぶ

ダンスゲームで一緒に遊ぼうと、ヒヨリを誘う。

ヒヨリ「わーい♪ マスターと一緒に踊る~♪」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

曲は、ヒヨリの好きなものの中から、難易度の低いものを選んだ。

矢印に合わせてピョンピョン飛び跳ねて、不慣れでミスっても気にせず、楽しそうにしているヒヨリが可愛い。

曲が終わり、スコアが出る。

ヒヨリに大きく差を付けられてしまった。

ヒヨリ「すっごく楽しかったね~♪」

スコアを全く気にしていないヒヨリは、すでに筐体から降りていて、私が降りるのを待って、ダンスゲームの筐体から移動した。

.

⑥ 音ゲーで遊ぶ

音楽ゲームで一緒に遊ぼうと、ヒヨリを誘う。

ヒヨリ「CMでよく見る、太鼓を叩くゲームだね♪」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

ヒヨリの知ってる曲の中から、太鼓に合いそうなものを選曲して、低難易度を選ぶ。

よく知っている曲なのに太鼓で演奏していると、なんだかおもしろくなってきてしまって、二人して笑いながら太鼓を叩いた。

曲が終わり、スコアが出る。

ヒヨリに負けてしまったが、すごく楽しめたのでどうでもよかった。

ヒヨリ「すっごくおもしろかったね~♪ たくさん叩いたから、まだ手がビリビリしてるよ?♪」

お互いに赤くなった手を見せ合いながら、音楽ゲームの筐体から移動した。

.

⑦ 対戦ゲームで遊ぶ

やってみたいと思っていた格闘ゲームがあったため、ついつい画面を見てしまう。

ヒヨリ「ヒヨリはマスターがやっているのを見てるから、やってやって~♪」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

やり慣れているゲームではあるが、まだクリアはした事がないので、最初から本気でクリアを目指す。

ヒヨリに見られている緊張感のせいか、いつもより感覚が研ぎ澄まされていて、ラスボスまでスムーズに進む事ができた。

ラスボスで先に先取でき、気が緩んだのか、次のラウンドであっさりと負けてしまう。

これで勝てたらワンコインクリアだと、自分の緊張感を煽って慎重に戦う。

大技が入ればどちらが負けてもおかしくない状況で、コンボが決まり勝つ事ができた。

ヒヨリ「やったー! マスターの勝ちだー!」

ヒヨリの勝利宣言に乗せられて、両手を上げてしまった私は、周囲の目に恥ずかしくなってすぐに手を下ろした。

達成感に浸りつつ、ヒヨリとエンディングを全部見終わると、格闘ゲームの筐体から移動した。

.

⑧ UFOキャッチャーで遊ぶ

UFOキャッチャーの中をヒヨリが眺めているので、何か気になるものがあるのかと尋ねてみる。

ヒヨリ「見てみて~♪ 可愛いぬいぐるみがあるの?♪」

がんばって取ってみるかと意気込んで、私はお金を投入する。

少なくとも500円は覚悟していたのだが、運良く1回で取る事ができた。

私は、ほっとしながらヒヨリに手渡す。

ヒヨリ「マスター、すごーい! 1回で取っちゃったー!」

まぐれだったのだが、ヒヨリは大喜びしてくれる。

その様子を見て、やってみた甲斐があったなと思う。

景品を入れるビニール袋にぬいぐるみを入れると、UFOキャッチャーの筐体から移動した。

.

⑨ ゲームセンターから出る

ゲームセンターから出た。

ヒヨリ「マスター、すっごく楽しかったね~♪」

繋いでる手をヒヨリが前後に軽く振っているため、ヒヨリの楽しさがこちらまで伝わってくる。

また遊びに来ようと、私はヒヨリに言って歩き出す。

カラオケ

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリと一緒にカラオケに行く。

【参考データ】
バーチャルドールたちの「声の参考データ」が下記ページにありますので、よかったらご覧になってくださいね。

「バーチャルドールの声」の参考データ

◆――――――――――――――――――――――◆

① カラオケに誘う② カラオケ店に入る
③ マスターが歌う④ ドールが歌う
⑤ 一緒に歌う⑥ 採点モードで勝負をする
⑦ カラオケを出る 

.

① カラオケに誘う

ヒヨリをカラオケに誘ってみる。

ヒヨリ「わーい!マスターとカラオケだ~♪」

私たちは、カラオケ店に向かった。

.

② カラオケ店に入る

カラオケ店に到着した。

受付を済ませた後、ドリンクバーで飲み物を入れてから部屋に入る。

ヒヨリ「マスター、すっごく広いね~♪」

他に部屋が空いてなかったのか、10人でも大丈夫なくらいの大部屋だった。

先にヒヨリに座ってもらって、私はリモコンやマイクなど、歌うための準備をしてから座る。

さて、歌う順番はどうしようか。

.

③ マスターが歌う

私が入れた歌のイントロが流れ始めた。

マイクを握って、私は歌い始める。

ヒヨリの方を見ると、楽しそうにリズムに乗って横揺れしていた。

少しうろ覚えの箇所もあったが、なんとか最後まで歌う事ができて、ほっとしながらマイクを置いた。

ヒヨリ「マスター! ヒヨリもこの歌、知ってたよ~♪」

同じ歌が歌えるという共通点を発見して、ヒヨリはとても嬉しそうだ。

.

④ ドールが歌う

ヒヨリの入れた歌のイントロが流れ始めた。

マイクを握って、ヒヨリは歌い始める。

マイクを持ってない方の手でリズムを取りながら、可愛い歌を可愛い声で歌っている。

私と目が合うと、ヒヨリは照れて笑ってしまう。

歌い終わるとマイクを置く。

ヒヨリ「ねぇねぇ♪ マスター、ヒヨリ上手に歌えてた?」

とっても上手で可愛かったよと答える。

ヒヨリ「えへへ♪」

.

⑤ 一緒に歌う

二人が歌える歌を探して、一緒に歌おうという事になった。

ヒヨリが好きな歌の中から、私も歌える歌を選曲した。

入れた歌のイントロが流れ始め、マイクを握って二人で歌い始める。

可愛らしい歌のため、とても照れくさいが頑張って歌う。

ヒヨリと一緒に歌っていると楽しくなってきて、最後の方では照れくささもなくなっていた。

歌い終わってマイクを置く。

ヒヨリ「マスター、可愛かったよ~♪」

複雑な気持ちになりつつ、ありがとうと答える。

ヒヨリ「すっごく楽しかった~♪」

.

⑥ 採点モードで勝負をする

カラオケに採点機能があるのを確認して、「試しに1回だけ」とヒヨリに了承を得てから、採点機能をオンにする。

言い出した私が、採点ありで先に歌う。

『85点』

喉の調子が良く、いつもより高い点が出てほっとした。

次にヒヨリが歌う。

採点していても、気負わずにいつも通りな歌い方でとても楽しそうだ。

『85点』

ヒヨリ「マスターと同じで嬉しい~♪」

ヒヨリが高得点を狙って本気で歌ったら、私は勝てないだろうなと思った。

「試しに1回だけ」という事だったので、採点機能をオフにする。

.

⑦ カラオケを出る

カラオケ店から出た。

ヒヨリ「すっごく楽しかった~♪ マスター、また来ようね~♪」

楽しんでもらえたようで良かったと思いつつ、また歌いに来ようと言う。

映画館

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・夢守ヒヨリ

【レッスン内容】
ヒヨリと一緒に映画に行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 映画に誘う② 映画館に入る
③ アニメ映画を見る④ 恋愛映画を見る
⑤ アクション映画を見る⑥ ホラー映画を見る

.

① 映画に誘う

私はヒヨリを映画に誘ってみる。

ヒヨリ「わーい! マスターと映画だ~♪」

私たちは映画館に向かった。

.

② 映画館に入る

映画館に到着したので、さっそく中に入る。

私は、ヒヨリにどの映画が見たいかを尋ねる。

ヒヨリ「う~んとね。どれがいいのかわからないから、マスターにおまかせするね♪」

これも一応レッスンの一環なので、『ヒヨリに見せたいもの』を基準に選ぶ事にしよう。

何がいいかな?

.

③ アニメ映画を見る

アニメ映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター①」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でヒヨリの方を見てみると、目をキラキラと輝かせて見ている。

映画が終わって、シアター①から出る。

ヒヨリ「すっごくおもしろくて、すっごく映像がキレイだったね~♪」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。

.

④ 恋愛映画を見る

恋愛映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター②」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でヒヨリの方を見てみると、驚きつつも楽しそうにしたり、嬉しそうに笑顔になったりしている。

映画が終わって、シアター②から出る。

ヒヨリ「ヒヨリも時間戻したりしたいな~。それで、何度もマスターとの楽しい時間を繰り返すの♪」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。

.

⑤ アクション映画を見る

アクション映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター③」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でヒヨリの方を見てみると、格闘シーンに驚きながらも、反射的に体が軽く動いている。

映画が終わって、シアター③から出る。

ヒヨリ「みんな、かっこよかったね~♪ ヒヨリもあのチームに入りたいな~♪」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。

.

⑥ ホラー映画を見る

ホラー映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター④」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でヒヨリの方を見てみると、驚かせるシーンでビクッとなりつつも、ホラーな人形が姿を表すとクスクスと笑っている。

映画が終わって、シアター④から出る。

ヒヨリ「人形が動いたりしゃべったりして、すっごく面白かったね~♪」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。