【風舞アスカ】お出かけ編

【タイトル画像】風舞アスカ
「お出かけ編」について

バーチャルドールと「お出かけを一緒にするレッスン」を行います。


【主な目的】
○バーチャルドールに、人間らしい生活や習慣をレッスンするため。

○人間であるマスターとバーチャルドールが、お互いの事を理解し交流するため。

外食

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカと一緒に外食に行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 外食に誘う② 和食のお店に入る
③ 洋食のお店に入る④ 中華のお店に入る
⑤ ファーストフードのお店にする 

.

① 外食に誘う

たまには外食をするのも良いかなと思い、私はアスカを外食に誘ってみる。

アスカ「いいわね。行きましょう」

私はアスカに、何が食べたいかを聞く。

アスカ「マスターの好みのお店が知りたいから、マスターが選んでいいわ」

それじゃ、どこにしようかな。

.

② 和食のお店に入る

和食のお店に入った。

メニューを見ながら、何を選ぼうかとしばし会話を楽しみつつ、決まった所で店員さんを呼んで注文をした。

しばらくして、注文した「すき焼き」が運ばれて来た。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、料理はあえて同じものを注文している。

アスカ「ほらほら、マスターのお皿を貸しなさい」

言われるままにアスカにお皿を渡すと、すき焼きを取り分けてくれる。

アスカ「たくさん食べて、強くなりなさい」

すき焼きで山盛りになったお皿が返ってきた。

アスカも自分の分をよそう。

アスカ「いただきます」

私もいただきますと言って食べ始める。

アスカ「まだまだあるから、食べたら言いなさい。またアスカが入れてあげるから」

こういうのも鍋奉行と言うのだろうかと思った。

食べ終わって少しゆっくりした後、お会計を済ませて、お店を出た。

.

③ 洋食のお店に入る

洋食のお店に入った。

メニューを見ながら、何を選ぼうかとしばし会話を楽しみつつ、決まった所で店員さんを呼んで注文をした。

しばらくして、注文した「贅沢ステーキセット」が運ばれて来た。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、料理はあえて同じものを注文している。

アスカ「いただきます」

私もいただきますと言って食べ始める。

贅沢ステーキセットは、ステーキ肉が3枚も重なっていて、贅沢な見た目だが量がハンパない。

半分ほど食べた所で、さすがに多いなと思ってきて、私の食べるスピードが落ちる。

アスカ「それくらいも食べられないの? しっかり食べないと強くなれないわよ」

そう言うアスカは、大きなステーキ肉をすでに平らげていた。

アスカ「どうしても無理っていうなら、しょうがないからアスカが食べてあげるわ」

一瞬食べてもらおうかと悩んだが、そんな子供みたいな状況は恥ずかしいなと思い、がんばって全部食べる事にした。

食べ終わって少しゆっくりした後、お会計を済ませて、お店を出た。

.

④ 中華のお店に入る

中華のお店に入った。

メニューを見ながら、何を選ぼうかとしばし会話を楽しみつつ、決まった所で店員さんを呼んで注文をした。

しばらくして、注文した「担々麺・麻婆豆腐」が運ばれて来た。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、料理はあえて同じものを注文している。

アスカ「いただきます」

私もいただきますと言って食べ始める。

アスカ「うん! これは辛くておいしいわね!」

私は、ひと口食べると、あまりの辛さに直ぐに水を飲んだ。

麻婆豆腐ってこんなに辛かったっけと思い、メニューを見る。

メニューには、激辛マーボー『辛さ★★★(MAX)』 と書かれていた。

アスカ「このくらいの辛さも食べられないなんて、マスターの舌はお子様ね~。いいわ、残ったらアスカが食べてあげる」

小さい子供に言うように、アスカは笑う。

残すと負けが確定してしまうような気がして、水をおかわりしながら激辛マーボーを完食した。

食べ終わって少しゆっくりした後、お会計を済ませて、お店を出た。

.

⑤ ファーストフードのお店にする

ファーストフードのお店に着いた。

店の外にかけられているメニューボードを見ながら、二人で食べたいものを決める。

アスカが買ってきてくれるというので、私は店の外に設置されているベンチに座って待つ事にした。

アスカ「ほら、買ってきたわよ」

買ってきた「ワッフル」を私に手渡しながら、アスカもベンチに座る。

私と同じ気持ちを共有したいと言う事で、あえて同じものを注文している。

アスカ「折角、味の違うのを選んだんだし、シェアし合わない?」

私もいろんな味を楽しみたいので、アスカの提案に乗る事にする。

それぞれワッフルを半分にした後に、お互い両手が塞がっており、どう交換したものかと2人して固まる。

アスカ「しょうがないわね。ちょっと行儀悪い気もするけど……」

あ~んと口を開けるアスカの口に、私の持ってるワッフルを近づけると、アスカは口で受け取る。

アスカも私の口元にワッフルを差し出すので、私も口で受け取る。

アスカ「どちらもおいしいわね」

受け取った後で気付いたのだが、私は手が塞がってなかったので、手で受け取っても良かったのではと思った。

買い物

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカと一緒に買い物に行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 買い物に誘う② ショッピングモールに入る
③ スーパーに入る④ 雑貨店に入る
⑤ 服屋に入る⑥ おもちゃ屋に入る
⑦ ショッピングモールから出る 

.

① 買い物に誘う

私はアスカを買物に誘う。

アスカ「いいわね。付き合ってあげるわ」

私たちは、家の近所にあるショッピングモールに向かった。

.

② ショッピングモールに入る

ショッピングモールに到着した。

楽しい雰囲気に誘われて、余計な物まで買ってしまいそうだと、私は呟く。

アスカ「マスターが余計な物を買わないように、ちゃ~んとアスカが見ててあげるわ」

はぐれてしまわないようにと言って、アスカが手を繋いでくる。

少し気恥しい感じもするが、本当にはぐれてしまいそうな広さと人の多さなので、私は素直にアスカの手を握り返す。

それじゃ、行こうか。

.

③ スーパーに入る

食材を買うため、スーパーに入った。

アスカ「ショッピングカートを持ってきたわよ~。カートはアスカが押してあげるわ」

作る料理についてアスカと話しながら、食材をショッピングカートに入れていく。

必要なものを選び終えた私は、アスカに何かひとつ好きなものを選んでくるように言う。

少し待っているとアスカが小走りで戻ってくる。

手には、「プロテインバー」があった。

アスカ「前々から、プロテインバーってやつに興味があったのよね~。ちゃんとマスターの分もあるから、一緒に試してみましょう」

セットで筋トレとかもさせられそうだなと、容易に想像できた。

レジに行くとリアリティーのためか、他のお客さんも並んでいた。

順番を待ってお会計をすませると、スーパ―を出た。

.

④ 雑貨店に入る

特に目的がある訳ではないが、何か良いものがあればと雑貨店に入った。

アスカ「便利そうなものがいろいろあるわね」

日用雑貨からキャラクターグッズまで、いろんな商品が並んでいる。

店内をアスカと見て回っていると、アスカが「マグカップ」を手に取って、気に入ったのか良く見ている。

アスカ「どうかしら? このペアのマグカップなんて良いんじゃない?」

対になる柄のマグカップを両手に持って見せてくるので、それを買う事に決めた。

商品を持ってレジに向かう。

お会計を済ませた後、雑貨店を出た。

.

⑤ 服屋に入る

服が並んでいるショーウィンドウをアスカが見ていたので、服屋に入る事にした。

アスカ「キャラメイクで服も変えられるから服屋とは無縁だけど、こういうのも楽しくて良いわね」

アスカに似合いそうな服を探していると、店員さんが来て試着を勧めてきた。

折角なので、アスカにいろんな服を試着してもらう事にする。

どの服もアスカに似合っていて、見とれてしまうほど可愛いかった。

最後に、いろいろ試着した中で、アスカが一番気に入った服をもう一度着てもらう。

アスカ「マスター、アスカのコーデはどうかしら?」

すごく似合っていて可愛いよと言うと、アスカは少し照れながら笑う。

アスカにこの服をプレゼントしてあげたいという気持ちになり、店員さんに購入する事を伝えてお会計をしてもらう。

私は購入した服を入れた紙袋を受け取って、嬉しそうにしているアスカとお店を出た。

.

⑥ おもちゃ屋に入る

おもちゃ屋の前を通ると、陽気な音楽やおもちゃの音が聞こえてきて、楽しそうな雰囲気に誘われるように、ついついおもちゃ屋に入ってしまった。

一通り店内を見て周った後、アスカが一番興味を引かれていた「ラジコンコーナー」に戻る。

気軽に触って遊べるようになっているので、アスカが触って遊んでみる。

アスカ「なるほど、だいたい操作方法はわかったわ」

VRゴーグルを被ったアスカが、手に持った操縦機を操作すると、試遊エリアに置かれていた小型ドローンが浮上する。

試遊エリアは安全のため、小型ドローンが飛び出さないようにガラス張りになっており、かなり広くスペースが取られている。

障害物などがたくさん設置されているのだが、アスカはVRゴーグルで小型ドローンの視点で見る事ができるため、障害物に隠れてしまう位置でも操作可能だ。

また、他の人も見れるようにアスカの見ている光景が映し出される大きなモニターも設置されている。

慣らし運転のように飛んでいた小型ドローンは、急に3Dシューティングゲームのドッグファイトさながらに飛び始める。

モニターを見ていると、酔いそうなほどのアクロバット飛行が映し出されていた。

しばらくして、離陸した場所に小型ドローンが降り立つ。

アスカ「実際に乗って飛んでるような気分だったわ!」

いろんなおもちゃを見たり触ったりして遊んだ後、「小型ドローンセット」を買って、おもちゃ屋を出た。

.

⑦ ショッピングモールから出る

ショッピングモールから出た。

このまま家に帰っても良いが、荷物はコインロッカーに入れておく事もできる。

これからどうしようか。

ゲームセンター

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカと一緒にゲームセンターに行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① ゲームセンターに誘う② ゲームセンターに入る
③ ガンシューティングで遊ぶ④ レースゲームで遊ぶ
⑤ ダンスゲームで遊ぶ⑥ 音ゲーで遊ぶ
⑦ 対戦ゲームで遊ぶ⑧ UFOキャッチャーで遊ぶ
⑨ ゲームセンターから出る 

.

① ゲームセンターに誘う

アスカをゲームセンターに誘ってみる。

アスカ「いいわね。ゲームセンターで勝負しましょう!」

私たちはゲームセンターに向かった。

.

② ゲームセンターに入る

ゲームセンターに到着した。

アスカ「ゲームセンターって、高揚感があって自然と気分が高まってくるわね!」

アスカは興奮気味に、拳を握ってゲームセンター内を見渡す。

まるで格闘ゲームの登場シーンのようだとアスカに言う。

アスカ「あながち間違ってないわ。ここに戦いに来たんだから」

アスカは、拳を私に向けて不敵に笑った。

.

③ ガンシューティングで遊ぶ

ガンシューティングゲームで一緒に遊ぼうと、アスカを誘う。

アスカ「あれが良さそうね!」

アスカが指を指す方を見ると、ロボットと戦う近未来SFチックな筐体があった。

アスカ「なかなかズッシリときて、凝った作りの銃ね。ここにランチャーを発射するボタンがあるみたいよ」

銃は、近未来が舞台の映画に出てくるような、銀色で両手でかかえるほどの大きさがあった。

お金を入れて、ゲームをスタートする。

たくさんのロボットが襲い来るのを銃で倒して行くのだが、相手は巨大なロボットのため1発では倒せない。

アスカと協力して、マシンガンの銃弾を集中して浴びせながら退けていく。

画面のあらゆる場所から、小さなロボットがうじゃうじゃと湧いてきて、マシンガンでは対応し切れず四苦八苦していると、アスカがランチャーの使い方を教えてくれたので、二人でランチャーを使って一掃して難を逃れた。

銃が重いため、情けない事に私の手がつってしまってしまった。

アスカ「ほら、銃を貸して! マスターはちょっと休んでなさい」

銃を渡すと、アスカは片手ずつ大きな銃を持って勇ましく戦う。

しばらくすると、また小さなロボットが画面いっぱいに大量に湧き出す。

両手が銃で塞がってるアスカは、ランチャーのボタンが押せない。

アスカ「マスター! 狙いは定めるから、ランチャーボタンを両方押して!」

アスカが両脇に銃を構えたので、アスカの背中から手を伸ばして両銃のランチャーを発射して、なんとかピンチを乗り越える事ができた。

ラスボスが現れ、アスカひとりのままでは分が悪いと思い、まだ手が痛むがアスカから銃を受け取って復帰する。

アスカの的確な指示のお陰で、ギリギリでクリアする事ができた。

アスカ「やったわね! マスター!」

テンションが上がって、二人で思いっきりハイタッチするが、手が負傷していた事を忘れていたため、私は痛みに悶絶した。

ご機嫌なアスカに笑われながら、ガンシューティングゲームの筐体から移動した。

.

④ レースゲームで遊ぶ

レースゲームで一緒に遊ぼうと、アスカを誘う。

アスカ「いいわね! 勝負しましょう!」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

レーサーである自分の顔がカメラで撮影され、カートに貼り付けられる。

アスカのカートを見ると、強敵キャラのように不敵な笑みを浮かべたような写真になっていた。

アスカ「覚悟はいいかしら? ぶっちぎってあげるわ!」

カウントダウンが終わり、NPCも含めたカートが一斉に走り出す。

もたついているNPCをすり抜け1位になったアスカは、スピードを緩めずに、絶妙なドリフトでインを攻めていく。

私はというと、スタートに失敗して、前にいるNPCが邪魔になってやっと前に出た時には、もうアスカは遥か彼方だった。

2週目の最終コーナーを走っていると、後ろから猛スピードで、不敵な笑みを浮かべたアスカの写真が迫ってくる。

周回遅れのため、勝負をあきらめてコースを譲ろうとした途端、アスカのカートがぶつかってきて、私のカートはコースから押し出されてスピンしてしまった。

アスカ「最後まで諦めるんじゃないわよ! まだ他のカートとのレースは終わってないわ!」

アスカの手厳しい喝で目が覚め、アスカの次にゴールしたいと思い直し、必死に前にいるNPCたちを追いかけた。

最下位から2位まで順位を上げてゴールでき、アスカには負けてしまったが達成感に包まれた。

アスカ「あの時あきらめてなければ、もっと簡単に2位をとれていたのよ」

なんだかアスカの方が先生みたいだなと思いながら、レースゲームの筐体から移動した。

.

⑤ ダンスゲームで遊ぶ

ダンスゲームで一緒に遊ぼうと、アスカを誘う。

アスカ「最後にスコアが出るみたいね。いいわ! ダンス勝負よ!」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

曲は、アスカがフェアにしたいと、二人の知っている曲で、高難易度を選んだ。

これは本気でやらないと勝てないと思い、真剣に矢印に合わせていくが、途中から体力と集中力が切れてしまい、ついていけなくなってしまった。

アスカは、テンポが崩れたり、疲れたような様子もなく、最後まで踊りきった。

曲が終わり、スコアが出る。

アスカはパーフェクトを出し、その曲のハイスコアを更新していた。

アスカ「アスカの勝ちね!」

勝利とハイスコアに大満足のアスカと共に、ダンスゲームの筐体から移動した。

.

⑥ 音ゲーで遊ぶ

音楽ゲームで一緒に遊ぼうと、アスカを誘う。

アスカ「おもしろいわね。ドラムの音ゲーもあるのね」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

ささっとアスカが二人の知ってる曲を、高難易度で決定してしまう。

すごいスピードで流れてくる指示に的確に合わせていくアスカは、だんだん高揚して笑顔を見せる余裕さえある。

私はと言うと、全くついていけずに、リズムに乗れていなかった。

曲が終わり、スコアが出る。

見る前から結果は分かっていたが、大きく差をつけられて惨敗していた。

アスカ「途中で諦めてたでしょ? 今回負けても次に勝つために、途中であきらめてはいけないのよ」

もっともな事を言われて苦笑しつつ、音楽ゲームの筐体から移動した。

.

⑦ 対戦ゲームで遊ぶ

やってみたいと思っていた格闘ゲームがあったため、ついつい画面を見てしまう。

アスカ「いいわね! これで対戦しましょう!」

お金を入れて、ゲームをスタートする。

お互い初めてプレイするが、家にあるタイトルの最新作で、基本的な操作方法は熟知しているため、最初から真剣勝負だ。

いつも良い所まではいけるのだが、アスカから1本も取れずに負けてしまう。

アスカがまだ完全に慣れる前ならチャンスがあるかと思ったが、こちらも慣れていないため、家で対戦する時よりもあっさりと負けてしまった。

アスカ「マスター、まだ終わりじゃないわよね? 何回でもかかって来なさい!」

筐体の横から覗き込んで再戦を求めてくるが、私の後ろに人が並んでいたため、譲ってしまった後だった。

あきらかにガッカリしているアスカの方に向かい、アスカと挑戦者の対戦を見る。

一戦ごとに慣れていき、どんどん強くなっていくアスカに、挑戦者は1ラウンドも取れずに敗れていく。

10連勝し終わった後、アスカはゲームをそのままにして立ち上がる。

アスカ「マスターとじゃないと意味がないわ。キリがないから他の事をして遊びましょう」

勝負の続きは家でしようと約束して、格闘ゲームの筐体から移動した。

.

⑧ UFOキャッチャーで遊ぶ

UFOキャッチャーの中をアスカが眺めているので、何か気になるものがあるのかと尋ねてみる。

アスカ「さすがに取れなさそうな位置にぬいぐるみがあるから、どうにか取れないかと、ちょっと眺めていただけよ」

がんばって取ってみるかと意気込んで、私はお金を投入する。

目的のぬいぐるみがクレーンの届かない端にあるため、6回分を使って他のぬいぐるみを引っ掛けて転がし、目的のぬいぐるみにぶつけて移動させる。

クレーンが届くようになったので、クレーンで挟もうとするがなかなか上手くいかず、14回目で紐を引っ掛けて、なんとか取る事ができた。

私は、達成感に包まれながらアスカに手渡す。

アスカ「ナイスファイトだったわ! これはマスターが一生懸命がんばった証ね!」

途中からアスカも熱くなって、アドバイスや応援をしてくれていたため、自分事のように喜んでくれている。

その様子を見て、やってみた甲斐があったなと思う。

景品を入れるビニール袋にぬいぐるみを入れると、UFOキャッチャーの筐体から移動した。

.

⑨ ゲームセンターから出る

ゲームセンターから出た。

アスカ「まだまだやり足りないけど、今日はこれぐらいにしてあげるわ」

そう言いつつも、アスカは満足気な笑顔を見せる。

また遊びに来ようと、私はアスカに言って歩き出す。

カラオケ

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカと一緒にカラオケに行く。

【参考データ】
バーチャルドールたちの「声の参考データ」が下記ページにありますので、よかったらご覧になってくださいね。

「バーチャルドールの声」の参考データ

◆――――――――――――――――――――――◆

① カラオケに誘う② カラオケ店に入る
③ マスターが歌う④ ドールが歌う
⑤ 一緒に歌う⑥ 採点モードで勝負をする
⑦ カラオケを出る

.

① カラオケに誘う

アスカをカラオケに誘ってみる。

アスカ「いいわね。どっちがうまく歌えるか勝負しましょう」

私たちは、カラオケ店に向かった。

.

② カラオケ店に入る

カラオケ店に到着した。

受付を済ませた後、ドリンクバーで飲み物を入れてから部屋に入る。

アスカ「すごく良いじゃない! これなら激しく歌っても問題ないわね!」

他に部屋が空いてなかったのか、10人でも大丈夫なくらいの大部屋だった。

先にアスカに座ってもらって、私はリモコンやマイクなど、歌うための準備をしてから座る。

さて、歌う順番はどうしようか。

.

③ マスターが歌う

私が入れた歌のイントロが流れ始めた。

マイクを握って、私は歌い始める。

アスカの方を見ると、カラオケの音で声は聞こえないが、口の動きがあっているので一緒に歌っているようだ。

少しうろ覚えの箇所もあったが、なんとか最後まで歌う事ができて、ほっとしながらマイクを置いた。

アスカ「ちょっとうろ覚えの所もあったけど、なかなか良いじゃない」

うろ覚えの所もちゃんと覚えて、完璧にしたいと思った。

.

④ ドールが歌う

アスカの入れた歌のイントロが流れ始めた。

マイクを握って、アスカは立ち上がって歌い始める。

激しくカッコイイ歌を、ライブで歌っている歌手さながらに体全体を使って熱唱している。

圧倒されていると、盛り上がれと手でジェスチャーされてしまったので、手を振り上げてアスカのノリに合わせてみた。

歌い終わるとマイクを置く。

アスカ「マスター、恥ずかしがってたわね?」

こういうノリは、ちょっと慣れてなくてと答える。

アスカ「折角カラオケに来たんだから、恥ずかしがってないで盛り上がらなきゃ損よ」

.

⑤ 一緒に歌う

二人が歌える歌を探して、一緒に歌おうという事になった。

アスカが選んだデュエット曲は、一応私も歌えはするのだが、かなり難しい歌だ。

入れた歌のイントロが流れ始め、マイクを握って二人で歌い始める。

歌い出しがサビになっていて、二人で力強く歌うパートなのだが、アスカのパワーのある声に隠れてしまう。

アスカは立ち上がり、私にも立ち上がりなさいとジェスチャーするので、言われた通りにするとアスカはニッコリと微笑む。

アスカのソロパートに圧倒されつつ、私も負けないように全力で歌う。

サビの二人で歌うパートは、アスカとの勝負のようでとても熱くなった。

歌い終わってマイクを置く。

アスカ「なかなかよかったわよ!この歌はやっぱり本気になって歌わなくちゃね!」

こんなハードな歌は、1日1曲まででお願いするよと答える。

アスカ「だらしないわね~。練習すれば、何曲でも歌えるようになれるわよ」

.

⑥ 採点モードで勝負をする

カラオケに採点機能があるのを確認して、「試しに1回だけ」とアスカに了承を得てから、採点機能をオンにする。

言い出した私が、採点ありで先に歌う。

『90点』

アスカの前で下手な点数は出せないと思いつつ、全力で歌った所、自分でも驚くような高得点が出た。

次にアスカが歌う。

私を超えてやるという気迫が、歌からビシビシと伝わってくるほど、アスカも全力で歌っていた。

『98点』

アスカ「アスカの勝ちね!」

90点でも奇跡の高得点なのに、98点は越えられる気がしなかった。

「試しに1回だけ」という事だったので、採点機能をオフにする。

.

⑦ カラオケを出る

カラオケ店から出た。

アスカ「思いっきり歌って、気分爽快だわ。なかなか楽しかったわね」

楽しんでもらえたようで良かったと思いつつ、また歌いに来ようと言う。

映画館

◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
アスカと一緒に映画に行く。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 映画に誘う② 映画館に入る
③ アニメ映画を見る④ 恋愛映画を見る
⑤ アクション映画を見る⑥ ホラー映画を見る

.

① 映画に誘う

私はアスカを映画に誘ってみる。

アスカ「いいわね。さっそく行きましょう」

私たちは映画館に向かった。

.

② 映画館に入る

映画館に到着したので、さっそく中に入る。

私は、アスカにどの映画が見たいかを尋ねる。

アスカ「なによ。誘ったのに見るものを決めてなかったの?ほらほら、さっさと決めなさいよ」

これも一応レッスンの一環なので、『アスカに見せたいもの』を基準に選ぶ事にしよう。

何がいいかな?

.

③ アニメ映画を見る

アニメ映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター①」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でアスカの方を見てみると、ぐぐっと力が入っていて、真剣な様子で見ている。

映画が終わって、シアター①から出る。

アスカ「マスターがいなくなってしまったら、アスカがすぐにでも見つけてあげるわ」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。

.

④ 恋愛映画を見る

恋愛映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター②」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でアスカの方を見てみると、少しイライラしているような、難しい顔をして見ている。

アスカ「自分の気持ちにもっと素直になって、ハッキリ言えば話が早いと思わない?」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。

.

⑤ アクション映画を見る

アクション映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター③」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でアスカの方を見てみると、格闘シーンの動きに合わせて、小さく手を動かしながら見ている。

映画が終わって、シアター③から出る。

アスカ「あの人たちと力比べをしてみたくなったわ! 戦闘の模擬訓練に加えてもらおうかしら」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。

.

⑥ ホラー映画を見る

ホラー映画を見る事にした。

映画の上映時間を確認すると、開始まであと少ししかなかったので、急いでチケットを買って「シアター④」に入って座席に座る。

映画が始まった。

途中でアスカの方を見てみると、怖がる所か不敵な笑みを浮かべながら見ている。

映画が終わって、シアター④から出る。

アスカ「あんなのがたくさん襲ってきても、アスカなら余裕で倒してみせるわ!」

楽しんでもらえたようでよかった。

また来ようと言って、映画館を出た。