【花咲ユイナ】追加要素:服装

レッスン(花咲ユイナ)

 

■「追加要素:服装」について

「追加要素:服装」は、「バーチャルドールの服の状態」を追加するために用意しています。

 

【使用例】
〇「下着を脱がせる」→「お出かけ」

〇「下半身だけ脱がせる」→「クリトリスを舐める」

 

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
マスターが、ユイナの服を着脱させる。
○マスターが、ユイナの服をたくし上げさせる。
○マスターが、エッチな衣装を着せる

【ミコトのミニ講座】
服を脱がしたり恥ずかしい格好をさせる事で、快感や羞恥心を感じさせる事ができる他、マンネリ化させないという効果もあるのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○服を脱がしたまま、他のレッスンをする。
○亀甲縛り・アダルトグッズを装着してから、服を着せる。
○服を脱がしたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 服を全部脱がす ② 服を着せる
③ 服を上半身だけ脱がす ④ 服を下半身だけ脱がす
⑤ 上着をたくし上げさせる ⑥ スカートをたくし上げさせる
⑦ エッチな衣装を着せる

.

① 服を全部脱がす

 

私は、ユイナの服を全部脱がしていく。

ユイナはニコニコ笑顔で、ぎこちない手付きで服を脱がしている私を見ている。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、全部脱がす事ができた。

脱がし終えた服は、アイテム用ウィンドウに入れておく。

 

ユイナ「マスターに服を脱がしてもらっていると、なんだか親密な感じが増して良いですね♪」

 

.

② 服を着せる

 

私はアイテム用ウィンドウから服を取り出し、ユイナに着せる。

 

ユイナ「マスターに服を着せてもらえのは、なんだか嬉しくなっちゃいます♪」

 

.

③ 服を上半身だけ脱がす

 

私は、ユイナの上半身だけを脱がしていく。

ユイナはニコニコ笑顔で、ぎこちない手付きで服を脱がしている私を見ている。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、なんとか脱がす事ができた。

 

ユイナ「うふふっ♥ 上だけでいいんですか? 必要でしたら下も脱ぎますよ?」

 

.

④ 服を下半身だけ脱がす

 

私は、ユイナの下半身だけを脱がしていく。

ユイナはニコニコ笑顔で、ぎこちない手付きで服を脱がしている私を見ている。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、なんとか脱がす事ができた。

 

ユイナ「うふふっ♥ 下だけでいいんですか? 必要でしたら上も脱ぎますよ?」

 

.

⑤ 上着をたくし上げさせる

 

私は、ユイナに上着をたくし上げるように言う。

ユイナはちょっと恥ずかしそうに微笑んで、ゆっくりと上着をたくし上げる。

 

ユイナ「マスター、これで良いですか?」

 

お願いすれば何でもしてくれるユイナになんて事をさせてるんだ。という気持ちと裏腹に、嫌な顔ひとつせずやってくれるユイナに寛大すぎる優しさを感じる。

 

私が良いと言うまで上げ続けそうだと思い、もう下ろしていいよと伝える。

ユイナは、たくし上げていた服を下して、ゆったりとした動作で服を正す。

 

ユイナ「うふふっ♥ マスター、まだお顔が緩んでますよ♪」

 

.

⑥ スカートをたくし上げさせる

 

私は、ユイナにスカートをたくし上げるように言う。

ユイナはちょっと恥ずかしそうに微笑んで、ゆっくりとスカートをたくし上げる。

 

ユイナ「マスター、これで良いですか?」

 

お願いすれば何でもしてくれるユイナになんて事をさせてるんだ。という気持ちと裏腹に、嫌な顔ひとつせずやってくれるユイナに寛大すぎる優しさを感じる。

 

私が良いと言うまで上げ続けそうだと思い、もう下ろしていいよと伝える。

ユイナは、たくし上げていたスカートを下して、ゆったりとした動作で服を正す。

 

ユイナ「うふふっ♥ マスターに満足してもらえたようで、ユイナも嬉しいです♪」

 

.

⑦ エッチな衣装を着せる

 

私は、アイテム用ウィンドウから取り出した、『エッチな衣装』をユイナに着せる。

少し恥ずかしそうにしながらも、私が着せやすいように気を効かせて動いてくれる。

 

少し苦戦したがなんとか着せ終わり、ユイナの姿を上から下までまじまじと眺める。

いくつか服の候補があったがどれも似たり寄ったりで、まだマシなものを選んだつもりだったが、実際にユイナに着せてみると、言葉にできないほどすごく卑猥に感じる。

 

ユイナは、少し恥ずかしそうではあるが、どこか嬉しそうに微笑んでいる。

 

ユイナ「うふふっ♥ マスターはこんな感じの衣装が好きなんですね♪」

 

 

下着

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
マスターが、ユイナの下着を着脱させる。

【ミニ講座】
下着を脱がしたり恥ずかしい格好をさせる事で、快感や羞恥心を感じさせる事ができる他、マンネリ化させないためにも良いぞ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○下着を脱がしたまま、他のレッスンをする。
○アダルトグッズを装着してから、下着を履かせる。
○セックスして中出しした後に、下着を履かせる。
○下着を脱がしたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 下着を脱がす ② 下着を履かせる
③ 穴あき下着を履かせる ④ パール付き下着を履かせる

.

① 下着を脱がす

 

私は、ユイナの下着を脱がす。

ユイナはニコニコ笑顔で、ぎこちない手付きで服を脱がしている私を見ている。

 

脱がし終えた下着は、アイテム用ウィンドウに入れておく。

 

ユイナ「マスターに脱がせてもらっていると、小さな子供の気分になっちゃいますね♪」

 

.

② 下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから下着を取り出し、ユイナに下着を履かせる。

 

ユイナ「マスターに履かせてもらっていると、小さな子供の気分になっちゃいますね♪」

 

.

③ 穴あき下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから『穴あき下着』を取り出し、ユイナに履かせる。

 

ユイナ「あらあら。こんな所に穴があいてますよ? 取り替えますか?」

 

ユイナは、わかっていないようで困った顔で言う。

私はそういう下着なんだよと答える。

 

ユイナ「そうなんですね♥ 変な勘違いしちゃって、とても恥ずかしいです♪」

 

股間に穴が空いている事より、間違えていた事にユイナは『恥ずかしい』と照れて微笑む。

 

.

④ パール付き下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから『パール付き下着』を取りだし、ユイナに履かせる。

 

ユイナ「あらあら。マスター、これってこういうものなんですか?」

 

ユイナは、パールの連なっている部分の感触に太ももを閉じて、少し恥ずかしそうにして質問する。

私はそういう下着なんだよと言う。

 

ユイナ「うふふっ♥ いろんな下着があるんですね♪」

 

ユイナは、どこか感心したように言う。

 

 

獣耳

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・花咲ユイナ

【レッスン内容】
マスターが、ユイナに獣耳を付ける。

【ミコトのミニ講座】
獣耳は、付けた側を愛玩動物として可愛がる「ペットプレイ」をするための小道具なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○獣耳を付けたまま、他のレッスンをする。
○獣耳を付けたまま、お出かけする。
○「首輪」と「アナルプラグ(尻尾付き)」を付ける。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 獣耳を付ける ② 獣耳をはずす

.

① 獣耳を付ける

 

私はアイテム用ウィンドウから獣耳を取り出し、ユイナの頭の上に乗せる。

 

ユイナ「うふふっ♥ マスター、似合っていますか?」

 

かわいいよと答えると、ユイナは嬉しそうに微笑む。

 

.

② 獣耳をはずす

 

私はユイナの頭から獣耳を取り、アイテム用ウィンドウに入れる。

 

ユイナ「うふふっ♥ 楽しんでいただけたようで、ユイナも嬉しいです♪」

 

私の様子に、ユイナはニコニコと微笑む。