【星川シズク】追加要素:服装

レッスン(星川シズク)

 

■「追加要素:服装」について

「追加要素:服装」は、「バーチャルドールの服の状態」を追加するために用意しています。

 

【使用例】
〇「下着を脱がせる」→「お出かけ」

〇「下半身だけ脱がせる」→「クリトリスを舐める」

 

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクの服を着脱させる。
○マスターが、シズクの服をたくし上げさせる。
○マスターが、エッチな衣装を着せる

【ミコトのミニ講座】
服を脱がしたり恥ずかしい格好をさせる事で、快感や羞恥心を感じさせる事ができる他、マンネリ化させないという効果もあるのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○服を脱がしたまま、他のレッスンをする。
○亀甲縛り・アダルトグッズを装着してから、服を着せる。
○服を脱がしたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 服を全部脱がす ② 服を着せる
③ 服を上半身だけ脱がす ④ 服を下半身だけ脱がす
⑤ 上着をたくし上げさせる ⑥ スカートをたくし上げさせる
⑦ エッチな衣装を着せる

.

① 服を全部脱がす

 

私は、シズクの服を全部脱がしていく。

脱がしている間、めいいっぱい恥ずかしそうにするので、いけない事をしているような気分が半端ない。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、全部脱がす事ができた。

脱がし終えた服は、アイテム用ウィンドウに入れておく。

 

シズク「マ、マスター。あまり……、こちらを見ないでくれると助かる……」

 

.

② 服を着せる

 

私はアイテム用ウィンドウから服を取り出し、シズクに着せる。

 

シズク「……ふぅ。すごく恥ずかしかった……」

 

.

③ 服を上半身だけ脱がす

 

私は、シズクの上半身だけを脱がしていく。

脱がしている間、めいいっぱい恥ずかしそうにするので、いけない事をしているような気分が半端ない。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、なんとか脱がす事ができた。

 

シズク「あぁ……。マスター、あまり見ないでくれ……。すごく恥ずかしいんだ……」

 

.

④ 服を下半身だけ脱がす

 

私は、シズクの下半身だけを脱がしていく。

脱がしている間、めいいっぱい恥ずかしそうにするので、いけない事をしているような気分が半端ない。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、なんとか脱がす事ができた。

 

シズク「し、下だけ脱がすのか……? なんだか裸より恥ずかしい気がするのは……気のせいか……」

 

.

⑤ 上着をたくし上げさせる

 

私は、シズクに上着をたくし上げるように言う。

シズクは羞恥心と葛藤した後、覚悟を決めて、少しずつ上着をたくし上げる。

 

シズク「マスター。こ……これでいいか? ……もう少しか?」

 

私は遠慮がちに、もう少しと伝える。

 

シズク「マスターはヘンタイだな……」

 

涙目で不満そうにシズクは、もう少し上着を上げる。

 

シズク「もっ、もう、いいか? シズクのなんて……、み、見ても嬉しくないだろ?」

 

上着をたくし上げた体勢のまま、恥ずかしさで顔を真っ赤にしてプルプル震えているので、もう下ろしてもいいよと伝える。

シズクは、堰を切ったように、がばっと上着を下ろした。

 

.

⑥ スカートをたくし上げさせる

 

私は、シズクにスカートをたくし上げるように言う。

シズクは羞恥心と葛藤した後、覚悟を決めて、少しずつスカートをたくし上げる。

 

シズク「マスター。こ……これでいいか? ……もう少しか?」

 

私は遠慮がちに、もう少しと伝える。

 

シズク「マスターはヘンタイだな……」

 

涙目で不満そうにシズクは、もう少しスカートを上げる。

 

シズク「ほっ、ほら、もういいだろ? マスター、まだか?」

 

スカートをたくし上げた体勢のまま、恥ずかしさで顔を真っ赤にしてプルプル震えているので、もう下ろしてもいいよと伝える。

シズクは、堰を切ったように、がばっとスカートを下ろした。

 

.

⑦ エッチな衣装を着せる

 

私は、アイテム用ウィンドウから取り出した、『エッチな衣装』をシズクに着せる。

衣装を見せた段階で一悶着あり、ヘンタイもいう言葉を大量に浴びせられたが、レッスンの依頼だからと納得してもらった。

 

少し苦戦したがなんとか着せ終わり、シズクの姿を上から下までまじまじと眺める。

いくつか服の候補があったがどれも似たり寄ったりで、まだマシなものを選んだつもりだったが、実際にシズクに着せてみると、言葉にできないほどすごく卑猥に感じる。

 

着替えさせてる間もずっと無言で、文句を言いたげな眼差しを向けていたシズクがやっと一言つぶやいた。

 

シズク「マスターのヘンタイ……」

 

 

下着

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクの下着を着脱させる。

【ミニ講座】
下着を脱がしたり恥ずかしい格好をさせる事で、快感や羞恥心を感じさせる事ができる他、マンネリ化させないためにも良いぞ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○下着を脱がしたまま、他のレッスンをする。
○アダルトグッズを装着してから、下着を履かせる。
○セックスして中出しした後に、下着を履かせる。
○下着を脱がしたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 下着を脱がす ② 下着を履かせる
③ 穴あき下着を履かせる ④ パール付き下着を履かせる

.

① 下着を脱がす

 

私は、シズクの下着を脱がす。

脱がしている間、めいいっぱい恥ずかしそうにするので、いけない事をしているような気分が半端ない。

 

脱がし終えた下着は、アイテム用ウィンドウに入れておく。

 

シズク「マスター……、目を瞑ってやってくれと言った手前、言い難いのだが……、あまり……その、変な所はさわらないでくれ……」

 

.

② 下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから下着を取り出し、シズクに下着を履かせる。

 

シズク「マスター、脱ぐ時と違って上手にできてたぞ。目を瞑って着替えさせるのに慣れてきたんじゃないか。…………はっ!? もしかしてマスター、薄目で見てたわけじゃないよな!?」

 

.

③ 穴あき下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから『穴あき下着』を取り出し、シズクに履かせる。

 

シズク「マ、ママ、マスター! なんだ、この変な下着は!? ここの部分を切ったのか!?」

 

涙目になりながら怒って罵倒してくるが、私の予想していた通りの反応だった。

私はそういう下着なんだよと答える。

 

シズク「そういう下着を履かせる時点で、マスターはヘンタイだー!」

 

シズクは軽蔑するような目で睨んでくる。

 

.

④ パール付き下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから『パール付き下着』を取りだし、シズクに履かせる。

 

シズク「あっ♥ 何これ!? え!? ええっ!?」

 

シズクは、パールの連なっている股の部分を手で確認しながら、かなり困惑している。

私はそういう下着なんだよと言う。

 

シズク「そういうって、どういう……。あっ♥ えっ?……あっ!」

 

シズクは意味を察したらしく、顔を真っ赤にしながら無言で私を睨んだ。

 

 

獣耳

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・星川シズク

【レッスン内容】
マスターが、シズクに獣耳を付ける。

【ミコトのミニ講座】
獣耳は、付けた側を愛玩動物として可愛がる「ペットプレイ」をするための小道具なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○獣耳を付けたまま、他のレッスンをする。
○獣耳を付けたまま、お出かけする。
○「首輪」と「アナルプラグ(尻尾付き)」を付ける。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 獣耳を付ける ② 獣耳をはずす

.

① 獣耳を付ける

 

私はアイテム用ウィンドウから獣耳を取り出し、シズクの頭の上に乗せる。

 

不満そうな顔をしているシズクに、かわいいよと言うと、シズクは照れて顔を背ける。

 

シズク「むぅ~……。別にかわいくなくていい。あまりじろじろ見るな~……」

 

.

② 獣耳をはずす

 

私はシズクの頭から獣耳を取り、アイテム用ウィンドウに入れる。

 

シズク「別に、マスターが気に入ったのなら……、もう少しつけててやってもいいぞ……」

 

顔を背けながら、小さく独り言のように言う。