【月詠サーヤ】追加要素:服装

レッスン(月詠サーヤ)

 

■「追加要素:服装」について

「追加要素:服装」は、「バーチャルドールの服の状態」を追加するために用意しています。

 

【使用例】
〇「下着を脱がせる」→「お出かけ」

〇「下半身だけ脱がせる」→「クリトリスを舐める」

 

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
マスターが、サーヤの服を着脱させる。
○マスターが、サーヤの服をたくし上げさせる。
○マスターが、エッチな衣装を着せる

【ミコトのミニ講座】
服を脱がしたり恥ずかしい格好をさせる事で、快感や羞恥心を感じさせる事ができる他、マンネリ化させないという効果もあるのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○服を脱がしたまま、他のレッスンをする。
○亀甲縛り・アダルトグッズを装着してから、服を着せる。
○服を脱がしたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 服を全部脱がす ② 服を着せる
③ 服を上半身だけ脱がす ④ 服を下半身だけ脱がす
⑤ 上着をたくし上げさせる ⑥ スカートをたくし上げさせる
⑦ エッチな衣装を着せる

.

① 服を全部脱がす

 

私は、サーヤの服を全部脱がしていく。

脱がしている間、ずっと私の羞恥心を煽るようにからかってくるので、精神的な意味で非常に脱がしずらい。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、全部脱がす事ができた。

脱がし終えた服は、アイテム用ウィンドウに入れておく。

 

サーヤ「マスタ~、サーヤを丸裸にしてどんなエッチな事をするつもりなのかしら~♥」

 

.

② 服を着せる

 

私はアイテム用ウィンドウから服を取り出し、サーヤに着せる。

 

サーヤ「マスターは、着たままでするプレイの方が好きなのね♥」

 

.

③ 服を上半身だけ脱がす

 

私は、サーヤの上半身だけを脱がしていく。

脱がしている間、ずっと私の羞恥心を煽るようにからかってくるので、精神的な意味で非常に脱がしずらい。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、なんとか脱がす事ができた。

 

サーヤ「上だけ脱がすのって、とってもマニアックね♥」

 

.

④ 服を下半身だけ脱がす

 

私は、サーヤの下半身だけを脱がしていく。

サーヤは恥ずかしがる様子もなく、服を脱がしている私の手付きを楽しそうに見ている。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、なんとか脱がす事ができた。

 

サーヤ「下だけ脱がすのって、とってもマニアックね♥」

 

.

⑤ 上着をたくし上げさせる

 

私は、サーヤに上着をたくし上げるように言う。

サーヤは私の目を見つめて反応を楽しみながら、少しずつ少しずつ上着をたくし上げていく。

 

サーヤ「マスタ~、目をそらさないで好きなだけ見て……♥ うふっ♥ 触ってもいいのよ~……♥」

 

私の手を取ろうとするので慌てて手を引っ込めて、そこまでしなくてもいいよと伝える。

 

サーヤ「うふっ♥ 恥ずかしがってるマスタ~、かわいい~♥」

 

ニヤニヤと笑ってさらに上着を脱ごうとするので、私は慌ててサーヤを静止して上着を下した。

 

.

⑥ スカートをたくし上げさせる

 

私は、サーヤにスカートをたくし上げるように言う。

サーヤは私の目を見つめて反応を楽しみながら、少しずつ少しずつスカートをたくし上げていく。

 

サーヤ「マスタ~、もっと近くで見て~……♥ うふっ♥ 触ってもいいのよ~……♥」

 

私の手を取ろうとするので慌てて手を引っ込めて、そこまでしなくてもいいよと伝える。

 

サーヤ「うふっ♥ 遠慮しなくてもいいのに~♥ ざ~んねん♥」

 

ニヤニヤと笑ってさらにスカートを脱ごうとするので、私は慌ててサーヤを静止してスカートから手を離させた。

 

.

⑦ エッチな衣装を着せる

 

私は、アイテム用ウィンドウから取り出した、『エッチな衣装』をサーヤに着せる。

衣装を見たとたんニヤニヤとした笑顔をされ、着替えさせてる間に手が肌に触れるとわざとエッチな声を出したりと、サーヤにすごくからかわれた。

 

少し苦戦したがなんとか着せ終わり、サーヤの姿を上から下までまじまじと眺める。

いくつか服の候補があったがどれも似たり寄ったりで、まだマシなものを選んだつもりだったが、実際にサーヤに着せてみると、言葉にできないほどすごく卑猥に感じる。

 

興奮している様子のサーヤはもじもじしながら、私を熱い視線で見つめてくる。

 

サーヤ「こんなエッチな格好をマスターに見られてるって思うだけで、興奮して濡れてきちゃう~……♥」

 

 

下着

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
マスターが、サーヤの下着を着脱させる。

【ミニ講座】
下着を脱がしたり恥ずかしい格好をさせる事で、快感や羞恥心を感じさせる事ができる他、マンネリ化させないためにも良いぞ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○下着を脱がしたまま、他のレッスンをする。
○アダルトグッズを装着してから、下着を履かせる。
○セックスして中出しした後に、下着を履かせる。
○下着を脱がしたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 下着を脱がす ② 下着を履かせる
③ 穴あき下着を履かせる ④ パール付き下着を履かせる

.

① 下着を脱がす

 

私は、サーヤの下着を脱がす。

脱がしている間、ずっと私の羞恥心を煽るようにからかってくるので、精神的な意味で非常に脱がしずらい。

 

脱がし終えた下着は、アイテム用ウィンドウに入れておく。

 

サーヤ「その下着、こっそり持って帰っちゃっても怒らないから、マスターの好きにしてね~♥」

 

.

② 下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから下着を取り出し、サーヤに下着を履かせる。

 

サーヤ「うふっ♥ 履いたままするのもエッチでいいかも……♥」

 

.

③ 穴あき下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから『穴あき下着』を取り出し、サーヤに履かせる。

 

サーヤ「こんなの履かせるなんて……♥ マスターって大人しい顔してるのに、とってもエッチなのね……♥」

 

サーヤは、穴の開いた股の部分を指でなぞりながら言う。

私は、依頼だから仕方なくだよと答える。

 

サーヤ「うふっ。マスターの……エッチ♥」

 

ニヤニヤとした笑顔でサーヤはからかってくる。

 

.

④ パール付き下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから『パール付き下着』を取りだし、サーヤに履かせる。

 

サーヤ「あんっ♥ マスターって普段は優しいのに、時々とっても鬼畜でエッチね……♥」

 

サーヤは、パールの連なっている股の部分をいじりながら言う。

 

私は、依頼だから仕方なくだよと答える。

 

サーヤ「うふっ♥ マスターの……エッチ♥」

 

ニヤニヤとした笑顔でサーヤはからかってくる。

 

 

獣耳

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・月詠サーヤ

【レッスン内容】
マスターが、サーヤに獣耳を付ける。

【ミコトのミニ講座】
獣耳は、付けた側を愛玩動物として可愛がる「ペットプレイ」をするための小道具なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○獣耳を付けたまま、他のレッスンをする。
○獣耳を付けたまま、お出かけする。
○「首輪」と「アナルプラグ(尻尾付き)」を付ける。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 獣耳を付ける ② 獣耳をはずす

.

① 獣耳を付ける

 

私はアイテム用ウィンドウから獣耳を取り出し、サーヤの頭の上に乗せる。

 

サーヤ「今からサーヤはマスターのペットなのね♥ うふっ、マスター似合ってる~?」

 

かわいいよと答えると、サーヤは嬉しそうな顔をする。

 

.

② 獣耳をはずす

 

私はサーヤの頭から獣耳を取り、アイテム用ウィンドウに入れる。

 

サーヤ「うふっ♥ それがなくても、サーヤはいつでもマスターのペットよ~♥」

 

サーヤは甘えるように言う。