【風舞アスカ】追加要素:服装

レッスン(姫宮アリス)

 

■「追加要素:服装」について

「追加要素:服装」は、「バーチャルドールの服の状態」を追加するために用意しています。

 

【使用例】
〇「下着を脱がせる」→「お出かけ」

〇「下半身だけ脱がせる」→「クリトリスを舐める」

 

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
マスターが、アスカの服を着脱させる。
○マスターが、アスカの服をたくし上げさせる。
○マスターが、エッチな衣装を着せる

【ミコトのミニ講座】
服を脱がしたり恥ずかしい格好をさせる事で、快感や羞恥心を感じさせる事ができる他、マンネリ化させないという効果もあるのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○服を脱がしたまま、他のレッスンをする。
○亀甲縛り・アダルトグッズを装着してから、服を着せる。
○服を脱がしたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 服を全部脱がす ② 服を着せる
③ 服を上半身だけ脱がす 服を下半身だけ脱がす
⑤ 上着をたくし上げさせる ⑥ スカートをたくし上げさせる
⑦ エッチな衣装を着せる

.

① 服を全部脱がす

 

私は、アスカの服を全部脱がしていく。

アスカは堂々として、私が脱がすのを待っている。

 

アスカ「ほら、脱がしたいなら、さっさと脱がせなさいよ」

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、全部脱がす事ができた。

脱がし終えた服は、アイテム用ウィンドウに入れておく。

 

アスカ「マスターのドスケベ、ヘンターイ♥ どこを見てるか、わからないとでも思ってるの?」

 

.

② 服を着せる

 

私はアイテム用ウィンドウから服を取り出し、アスカに着せる。

 

アスカ「アスカの事は、優しく大切に扱う事。良いわね?」

 

.

③ 服を上半身だけ脱がす

 

私は、アスカの上半身だけを脱がしていく。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、なんとか脱がす事ができた。

 

アスカ「何よ、これ? 上だけ脱がすなんて、マスターのドスケベ、ヘンターイ♥」

 

.

④ 服を下半身だけ脱がす

 

私は、アスカの下半身だけを脱がしていく。

 

思ったより人の服を脱がすのはなかなか難しく、少し手間どってしまったが、なんとか脱がす事ができた。

 

アスカ「何よ、これ? 下だけ脱がすなんて、マスターのドスケベ、ヘンターイ♥」

 

.

⑤ 上着をたくし上げさせる

 

私は、アスカに上着をたくし上げるように言う。

アスカは恥ずかしがる事もなく、すぐに上着をたくし上げる。

 

アスカ「ほ~ら、これが見たかったんでしょ~? ご褒美として見せてあげるわ♥ 感謝しなさい」

 

私の反応や視線を楽しむかのように、アスカは私を見てほくそ笑む。

私はできるだけ冷静を装って、もう下ろしてもいいよと伝える。

 

上着を降ろすと、私の顔を見て笑う。

 

アスカ「あはっ♥ そんなに残念そうにしないでよ、このドスケベ~♥」

 

.

⑥ スカートをたくし上げさせる

 

私は、アスカにスカートをたくし上げるように言う。

アスカは恥ずかしがる事もなく、すぐにスカートをたくし上げる。

 

アスカ「マスターはヘンタイだから、こんなので興奮しちゃうのね♥ 地面にはいつくばって、もっとよ~く見てもいいわよ?」

 

私の反応や目線を楽しむかのように、アスカは私を見てほくそ笑む。

 

私はできるだけ冷静を装って、もう下ろしてもいいよと伝える。

 

スカートを降ろすと、私の顔を見て笑う。

 

アスカ「依頼だからしてますってマジメな顔してるけど、どこを見てるかちゃんとわかるんだからね。マスターのむっつりスケベ~♥」

 

.

⑦ エッチな衣装を着せる

 

私は、アイテム用ウィンドウから取り出した、『エッチな衣装』をアスカに着せる。

 

少し苦戦したがなんとか着せ終わり、アスカの姿を上から下までまじまじと眺める。

 

いくつか服の候補があったがどれも似たり寄ったりで、まだマシなものを選んだつもりだったが、実際にアスカに着せてみると、言葉にできないほどすごく卑猥に感じる。

 

アスカ「あはっ♥ これはマスターの趣味で選んだのかしら? マスターってどうしようもないドスケベでヘンタイね~♥」

 

 

下着

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
マスターが、アスカの下着を着脱させる。

【ミニ講座】
下着を脱がしたり恥ずかしい格好をさせる事で、快感や羞恥心を感じさせる事ができる他、マンネリ化させないためにも良いぞ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○下着を脱がしたまま、他のレッスンをする。
○アダルトグッズを装着してから、下着を履かせる。
○セックスして中出しした後に、下着を履かせる。
○下着を脱がしたまま、お出かけする。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 下着を脱がす ② 下着を履かせる
③ 穴あき下着を履かせる ④ パール付き下着を履かせる

.

① 下着を脱がす

 

私は、アスカの下着を脱がす。

アスカは堂々としながら、下着を脱がす私をほくそ笑んで見ていた。

 

脱がし終えた下着は、アイテム用ウィンドウに入れておく。

 

アスカ「な~に? アスカの下着を脱がすのって、そんなに恥ずかしい事なのかしら? 耳まで真っ赤になって~♥」

 

.

② 下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから下着を取り出し、アスカに下着を履かせる。

 

アスカ「ほらほら、恥ずかしがらずにちゃんと履かせなさいよ♥」

 

.

③ 穴あき下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから『穴あき下着』を取り出し、アスカに履かせる。

 

アスカ「何よ、この下着。穴が開いてるじゃない」

 

私はそういう下着なんだよと答える。

 

アスカ「そんなの知ってるわよ。マスターの趣味なのかしらって聞いてるのよ?」

 

依頼だから仕方なくと答える。

 

アスカ「でも興奮してるんでしょ? ドスケベ、ヘンターイ♥」

 

.

④ パール付き下着を履かせる

 

私はアイテム用ウィンドウから『パール付き下着』を取りだし、アスカに履かせる。

 

アスカ「何よ、この下着。ヘンなものが付いてるじゃない」

 

私はそういう下着なんだよと答える。

 

アスカ「そんなの知ってるわよ。マスターの趣味なのかしらって聞いてるのよ?」

 

依頼だから仕方なくと答える。

 

アスカ「後でマスターにも履かせてあげましょうか? ヘンタイのマスターなら嬉しいでしょ♥」

 

 

獣耳

■ミコトからの依頼書
◆―――――◆ ミコトからの依頼書 ◆―――――◆

【対象者】
マスター・風舞アスカ

【レッスン内容】
マスターが、アスカに獣耳を付ける。

【ミコトのミニ講座】
獣耳は、付けた側を愛玩動物として可愛がる「ペットプレイ」をするための小道具なのじゃ。

ミコトのアダルト講座:「キャラメイク」の講座

【他のレッスンとの組み合わせ例】
○獣耳を付けたまま、他のレッスンをする。
○獣耳を付けたまま、お出かけする。
○「首輪」と「アナルプラグ(尻尾付き)」を付ける。

◆――――――――――――――――――――――◆

① 獣耳を付ける ② 獣耳をはずす

.

① 獣耳を付ける

 

私はアイテム用ウィンドウから獣耳を取り出し、アスカの頭の上に乗せる。

 

アスカ「何よ、コレ。アスカの可愛いペットであるマスターこそが、これを付けるべきだと思わない?」

 

.

② 獣耳をはずす

 

私はアスカの頭から獣耳を取り、アイテム用ウィンドウに入れる。

 

アスカ「次はマスターが付けなさいよね。そしたら、う~んと可愛がってあげるわ♥」