「自分に聴こえている声」と「他人に聴こえている声」の違い 【声優講座・演技講座】

自分が聞こえている「自分の声」は、「鼓膜で聞こえてる声」と「自分の体の中で響く声」の両方が混ざって聞こえているため、他の人が聞いている声と違って聞こえます。

自分の声が「他人にどう聞こえているのか」を知るためには、自分の声をボイスレコーダーに録音してみて聞くと良いでしょう。

ナレーションや朗読の練習をする場合は、必ず録音をしてチェックをしましょう。