「発声のための正しい姿勢」について 【声優講座・演技講座】

良い発声をするためには、正しい姿勢は大切です。

背中が丸くなっていたり、反っていたりすると、身体に余計な力が入ってしまったり、肺に空気を十分に取り込めなくなってしまいます。

また、声は身体の内側で響いて音を作ってるため、姿勢で音が変化してしまう事を頭に入れておきましょう。

 

良い姿勢

足を肩幅くらいに広げる。
足を閉じない、広げすぎない。

身体をだらんとしないように、上から糸で引っ張られているように背筋を伸ばす。
背中が丸くなったり、反ったりしないようにする。

顔がまっすぐ前を向くようにする。
あごを上げすぎたり、引きすぎないようにする。

 

 

関連する商品

楽天市場 Amazon