「物語の締めくくり」について - 小説の書き方講座

更新日:

物語の締めくくりは、作品の良し悪しを決める大事なポイントになります。

途中まで良くても、最後がおかしくなってしまうと「おもしろくない作品」という感想を持たれてしまいます。

物語の締めくくりは、細心の注意を払って書きましょう。

スポンサーリンク

物語の締めくくりで気をつける事

未完で終わらせない

「俺たちの戦いはこれからも続く」のように、未完のまま終わらせてしまうと、全く評価ができない上、読者からすれば「今まで読んできた時間がもったいなかった」となり、必ず不評を買ってしまいます。

必ず完成させるようにしましょう。

 

伏線を回収し忘れないようにする

主人公が厳しい修行に耐えて「最終奥義」を習得していた場合、最後まで使わずに勝利して物語が終わってしまうと、「あの修行はなんだったんだ! 最終奥義ってなんだ!」と疑問を感じ、不満だけが残ってしまいます。

 

意味の通っていないものがないか確認する

書いている途中で、もっとこうしようと思って書いていたが、何かの理由により止めた場合、その路線に関するものはしっかり修正しておきましょう。

また、書き終わった後に読み返してみて、意味がおかしくなっていたり、間違って伝わりそうな所は修正しておきましょう。

余計な部分がある事で、締めくくりまでおかしくなってしまう事があります。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

-【小説・文章】小説講座・文章講座

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.