【Youtube講座】「収益化と収益」について

タイトル画像「Youtube攻略」
「収益化と収益」について

このページでは、Youtubeの「収益化と収益」について学ぶ事ができます。


収益化の条件

「収益化の条件」は、以下の2つです。


●「チャンネル登録者」の数が、1000人以上。


●「総再生時間」が4000時間以上。
ただし、「直近12ヶ月という期間」の制限があります。

「チャンネル登録者数:1000人」について

●「期限がない」という利点。
「チャンネル登録者数1000人」の条件は、期間の制限がないため、活動を続けていればいずれクリアできます。


●「最初の方ほど大変」という理由。
現在、チャンネル登録者が1万人や10万人になっている人でも、「最初の1000人になるまでが一番大変だった」と言う人が多くいます。

1000人を超えると、それまでに確立したスタイルを継続したり工夫する事で、どんどん増えていきます。

1000人になっていない人は、「今が一番大変な時期」と思って、がんばってみてください。

「総再生時間:4000時間」について

「直近12か月という期限」があるため、登録者数が1000人を超えた後も、
「総再生時間がクリアできない」という状況になる人もいます。


●最初の頃は、「収益化したい」という気持ちと、「がんばって活動をしていくぞ」というやる気がみなぎっているため、

動画投稿やライブ配信を「短期間にたくさんやる事」ができますが、なかなか結果が出ないと、活動の間隔があいてしまい、「12か月で4000時間」がだんだん遠のいていってしまいます。


●たくさんの動画を投稿していても、「なかなか4000時間をクリアできない」という場合は、視聴者が動画を再生していても、すぐに離脱している可能性があります。

視聴者が、より多くより長く見てくれるように、動画の内容を工夫をしてみましょう。


動画の投稿数が少なくても、「最後まで見てくれる動画」や「何度も見てくれる動画」を投稿する事で、4000時間をクリアしやすくなります。

収益の相場

●広告単価
「1再生=0.1円」という情報が一般的ですが、実際は「動画の内容」によって違いがあります。

「動画の内容によって、広告主がオークションをして値段が決まる」という情報があります。
広告内容によって、「1再生=0.3円」や「1再生=0.5円」という事もあるようです。
(「0.1円」というのは、広告主が付いていない状態という情報があります)

ビジネス向けの動画は、「視聴者の年齢が高めのため、単価が高い」という情報を良く聞きます。


単価の話は「Youtubeの内部の情報」のため、投稿者は明確に知る事はできません。
ネット上に、情報や噂が流れているといった状態です。


●「ミッドロール広告」(動画の途中の広告)
短い動画の場合は、ミッドロール広告が挿入できませんが、
長い動画の場合は、動画の途中にも広告を設定できるため収益が増えます。


以前はミッドロール広告が設定できるのは、「10分以上の動画」でしたが、現在は「8分以上の動画」になっています。


●「Youtubeプレミアの視聴者」について
「Youtube プレミア」になっている視聴者が動画を見た場合は、
その人には広告が表示されない代わりに、「視聴時間」に応じて収益が入る仕組みになっています。

Translate