【Youtube講座】「終了画面」について

タイトル画像「Youtube攻略」
「終了画面」について

このページでは、Youtubeの「終了画面」について学ぶ事ができます。

もっと「チャンネル登録者」や「再生数」を増やしたい人のために、
「終了画面」の効果や有効な方法を解説しています。


「終了画面」について

「終了画面」を使う事で、視聴者からの反応を得られやすくなります。

動画を見て満足している状態で、終了画面を見てもらう事で、行動を起こしてくれる可能性が上がります。

「終了画面」がある場合の期待できる視聴者の反応

自分の他の動画に移動して、見続けてくれる可能性が上がります。

「自分の現在の動画」から「自分の別の動画」に続けて視聴する事を「回遊」と言います。

視聴者が回遊すると、Youtubeからの評価が上がると言われているため、「終了画面」を設定して、回遊してもらえるように工夫しましょう。

動画が終わった後に「終了画面」がない場合は、動画の後に表示される他の人の動画(関連動画)に流れて行ってしまう可能性が高くなります。

「終了画面」に設定できる事

●最新のアップロード
全ての動画から「最新の動画」にリンクが貼られている状態になるため、「最新の動画」の再生数が伸びやすくなります。


●視聴者に適したコンテンツ
視聴者の視聴データを分析したYoutubeが、「どの動画を表示したら見てくれそうか」を考えて、最適な動画を表示してくれます。


●特定の動画の選択
手動で「現在見ている動画と関連のある動画」を設定しておく事で、クリック率が上がるようにできます。

また、「続編がある動画」などの場合は、次に続編の動画が表示されるようにしておくなど、様々な使い方があります。


●再生リスト
現在見ている動画に関連する「再生リスト」を設置しておくと、
再生リストに入った後、複数の動画を続けて見てくれる可能性が高くなります。


●チャンネル登録
動画を見て満足している状態で、「チャンネル登録ボタン」を表示すると、登録してくれる確率が上がります。

Translate