【Youtube講座】「チャンネルの設定」について

タイトル画像「Youtube攻略」
「チャンネルの設定」について

このページでは、Youtubeの「チャンネルの設定」について学ぶ事ができます。

もっと「チャンネル登録者」や「再生数」を増やしたい人のために、
「チャンネルの設定」の効果や有効な方法を解説しています。


チャンネルを整えない場合のデメリット

●視聴者の利便性が悪くなってしまう。
検索や関連動画などからやってきた視聴者が、動画を見た後に「チャンネルのページ」に移動した時に、「視聴者が見たいと思った動画」がすぐに目に入ってこないと帰ってしまう可能性があります。


●「動画が1つも投稿されていない」ように見えてしまう。
「ホーム画面」を全く設定していない場合、「動画」のタブをクリックしないと動画が表示されないため、「動画を1つも投稿していないチャンネル」に見えてしまう可能性があります。


●素人っぽく見えてしまう。
Youtubeに慣れていない人ほど、ホーム画面をおろそかにしてしまう傾向があるため、ホーム画面をしっかりと整えておかないと、チャンネルのホーム画面を見た視聴者がすぐに帰ってしまう可能性があります。


●やる気がないように見えてしまう。
他のチャンネルが当たり前にやっている事をやっていないチャンネルは、「やる気があまりない」という印象を持たれてしまう可能性があります。

「チャンネル名」について

チャンネル名は、チャンネルの設定の中で一番大切になる部分です。

視聴者に自分の事を覚えてもらったり、どんな動画を投稿しているチャンネルなのかを理解してもらうために、とても大事になります。

「チャンネル名」の付け方

●自分の名前をチャンネル名にする。
チャンネル名に「自分の名前」を付ける事は、自分の名前を覚えてほしい場合に有効です。


●チャンネルや動画の内容がわかりやすいチャンネル名にする。
タイトルを見れば「動画の内容」がすぐにわかるようにすると、動画の内容に興味がある人が来てくれやすくなります。

【例】
「ゲーム実況チャンネル」
「川釣りチャンネル」
「英会話上達」
など。


●海外の人にも見てほしい場合は、アルファベットで表記する。
「ひらがな・カタカナ・漢字」で表記すると、海外の人には「何が書かれているのか全くわからない」という状態になってしまいます。
日本人から見て、「アラビア語」や「韓国語」で書かれているような感じです。

チャンネル名をアルファベットで書く事で、ほとんどの国の人が理解する事ができます。

「バナー画像」について

バナー画像は、チャンネルを開いた時に表示される画像の事です。

視聴者がチャンネルを開いた時には、一番に目に入ってきます。

バナー画像がないと、「適当にやってる」「まだ作り立て」「どんなチャンネルかわからない」など、様々なマイナスの印象になってしまいます。

バナー画像は、必ず力を入れたものを作って、設定しておきましょう。

バナー画像に必要な要素

「チャンネルの方向性」がわかるような画像にする。

初見さんは短時間だけ見て、興味があるチャンネルかどうかを判断します。
チャンネルの方向性とバナー画像があまりにも違っていた場合は、興味があるチャンネルではないと判断してすぐに帰ってしまいます。

「自分が好きな画像」ではなく、「視聴者がわかりやすい画像」を心がけましょう。


【例】
「釣りのチャンネル」の場合は、「釣りをしている自分の写真」や「釣った魚の写真」など。

気を付ける事

「パソコン版」と「スマホ版」では、表示される範囲が違うため、どちらで見ても成立するように考えて、画像を配置しないといけません。

特に、文字を入れる場合は、途中で途切れてしまわないように気を付けましょう。

「アイコン」について

アイコンの必要性

バナー画像と同じく、「自分」や「自分のチャンネル」を覚えてもらうために役立ちます。

「トップページ」「検索一覧」「関連動画」など、「動画のサムネイル」が表示される時に、同時にアイコンも表示されます。

自分のアイコンを覚えてもらえていれば、クリックされる可能性が上がります。

視聴者は、「アイコン=投稿者」という認識をする人もいるため、自分やチャンネルのイメージを考えて、慎重に選びましょう。

アイコンに必要な要素

アイコンは、「自分」や「自分のチャンネル」という事がわかりやすい画像にしましょう。


【例】
「自分の写真」
「自分の自画像」
「釣りチャンネルなら魚」
など。

「動画の透かし」について

「動画の透かし」とは、再生している最中の動画の右下に表示されるアイコンです。

これを設定しておく事で、動画を見ている最中にチャンネル登録をしてくれやすくなります。

「動画の雰囲気に合った画像」を設定しておくと良いでしょう。

「ホーム画面」について

「ホーム画面」は、チャンネルを開いた際に表示されるページの事です。
チャンネルに訪れた全ての人が必ず見るため、とても大切なページになります。


●動画スポットライト
チャンネルのホーム画面の、一番上に設定できる動画の事です。

「自己紹介動画」「一番再生数が高い動画」「視聴者にウケが良い動画」などを設定しておく事で、視聴者にアピールする事ができます。

ブラウザによっては、チャンネルを開いた瞬間に自動的に再生される事があるため、注意が必要です。
自動再生すると急に音が鳴って驚かせてしまう事もあるため、「あえて設定していない」というチャンネルもあります。


●注目セクション
「注目セクション」は、必ず設定しておきましょう。

「動画スポットライト」を設定しない場合は特に、「注目セクション」を設定しておかないと、ホーム画面に動画が1つも並んでいない状態になってしまい、「まだ1つも動画を投稿していない」と勘違いされてしまう可能性があります。


●アップロード動画
最新の動画が表示されます。


●人気のアップロード動画
再生数が高い動画から順番に並びます。

「再生数で見る価値があるのかどうか」を判断する人も多いため、「再生数が高い動画」がある事をすぐに知ってもらう事は大切です。


●再生リスト
「ジャンルごとに分類した動画の再生リスト」があれば、並べておく事も有効です。

「アップロード動画」や「人気のアップロード動画」は、ジャンルが偏る事があるため、再生数が少ないけど見てほしいジャンルの動画があれば、再生リストに入れて並べておく事で見つけてもらいやすくなります。


●注目チャンネル
「サブチャンネル」や「関係のあるチャンネル」などがあれば、表示しておくと良いでしょう。

「チャンネルの概要」について

●概要
「概要」はチャンネルの説明です。

「自己紹介」「活動内容」「チャンネルの方向性」など、視聴者に向けたメッセージを書いておくと良いでしょう。


●リンク
「自分のサイト」や「SNS(ツイッターなど)」があれば、掲載しておきましょう。

動画以外でも自分を知ってもらう事で、「好きになってもらうチャンス」が増えます。
好きになってもらえると、動画を見てくれる可能性が上がります。

Translate