【声優講座⑭】インナーマッスル・有酸素運動・無酸素運動・体作り

※ この講座の完全版は、動画の方になります。(解説用の画像も、動画の方にあります)




「インナーマッスル」を鍛えよう

「インナーマッスル」について

「インナーマッスル」とは、長時間、立ったままでいたり、手を上げたままにできるなど、「姿勢を長く保つための筋肉」「持久力のある筋肉」です。

筋肉を鍛えて、体がムキムキになってしまわないか、心配する人もいるかもしれませんが、インナーマッスルを鍛えても、筋肉の太さはあまり大きくなりません。

わかりやすい例として、「マラソン選手の足」を見ると、とても細い足をしていますが、長距離を長時間ずっと走る事ができます。

「インナーマッスル」を鍛える効果

インナーマッスルが弱いと、正しい姿勢を長時間保つ事が難しくなったり、無理をして姿勢を保とうとして無駄な力が入ってしまったり、すぐに疲れてしまうという事もあります。

安定した姿勢や発声ができるように、インナーマッスルを鍛えておきましょう。

また、体の代謝が良くなり、太りにくくなるため、スタイルの維持にも役立ちます。

「インナーマッスル」の鍛え方

インナーマッスルを鍛えるには、重過ぎない鉄アレイやペットボトルを使った「軽い運動」を、最低30回以上など、「回数を多くする事」が大切です。

重い鉄アレイを使ったり、クタクタになるまで長く続けてしまうと、筋肉に強い負荷をかけてしまい、アウターマッスル(瞬発的な、力強くて太い筋肉)を鍛える運動になってしまいますので、気を付けてください。

長く姿勢を保つ、ヨガやピラティスなどもオススメです。

毎日少しずつ、やっていきましょう。

「有酸素運動」をしよう

「有酸素運動」について

「有酸素運動」とは、ウォーキングやジョギングなど、「運動をする時に、呼吸をして体に酸素を取り入れながら、長時間続ける事が可能な運動」の事です。

「無酸素運動」について

「無酸素運動」とは、腕立て伏せや短距離走など、「運動をする時に呼吸を止めてしまう、高負荷の運動」の事です。

「有酸素運動」の効果

有酸素運動をして、体や心肺機能を鍛える事で、しっかりとした発声ができるようになったり、疲れにくい体にする事ができます。

音声の収録やお芝居をすると、短時間でも、かなり体力が消耗してしまいます。

体力がないと、「疲れ」が演技に出てしまい、ちゃんとした演技ができません。

また、テンションが高いキャラや、バトル中の叫び声など、十分な体力がないと難しくなってしまいます。

「有酸素運動」のやり方

少し早めのウォーキングや、無理のないジョギングの他、自転車、水泳など、10分や30分ほど、継続可能な運動をしましょう。

無理をせずに、毎日少しずつするようにして、習慣化すると良いでしょう。

「有酸素運動」の注意点

早く効果を得ようとして、スピードを上げて、高負荷な運動をしてしまうと、体に力が入りすぎてしまい、呼吸も止まって、無意識に無酸素運動になっている事がありますので、注意してください。