【キャラクター講座⑦】体の描き方(肩・腕・胴体・足など)

※ この講座の完全版は、動画の方になります。(画像も動画の方に多くあります)




「体」の描き方

「体の描き方」を研究しよう

今回は、「体の描き方」の研究をします。

「頭と顔」が描けるようになったら、次は「体」を描けるようにしましょう。

体も描けるようになったら、キャラクターの全身を描く事ができるようになります。

これから「体」を、楽しく簡単に書く方法を教えたいと思います。

もし、難しく感じる場合は、愛楽の他の講座を見ておくと、簡単でわかりやすくなるので、よかったら見ておいてくださいね。

「体の描き方」について

「体の描き方」で教えるのは、「頭から足先まで」の範囲になります。

「頭と顔は描けるけど、体を描くのは苦手」「首と胴体がうまく繋がらない」「上半身までは描けるけど、下半身がおかしくなってしまう」など、体を描く事が苦手な人は、結構多くいます。

体を描く練習をする時は、「頭から足先まで」の全身を描くようにして、それぞれの部分が違和感なく繋がるようにしましょう。

「体」のバランスについて

現実の人間の場合は、「手や足の長さ」や「胴体と足の長さ」など、ある程度、決まった比率があります。

ですが、
実際に、様々なキャラクターを見てみると、現実の人間とは全然違う事がわかります。

そのため、「現実の人間の描き方」が固定観念として定着してしまうと、それが邪魔をして、自由に描けなくなってしまう事があります。

キャラクターの絵を描く場合は、「絵柄」によって様々であるため、体のバランスは、「好みで決める事」が1番良いと、愛楽は考えています。

大人なのに背が子供と変わらなかったり、足がとても長かったり、手が子供のように小さかったり、現実にはありえないほど体が細かったりするため、あえて固定しない方が良いでしょう。

描きたい絵に応じて、柔軟な気持ちで、自由自在に絵を描けるようにしましょう。

「体」のアタリの描き方

頭のアタリを描いた後、「体のポーズ」を線で簡単に描きます。
この線は、「骨」を簡略化したものです。
描いた後に、「何頭身になっているか」をちゃんと測って、「頭身」を調節しましょう。

「骨のアタリ」を薄くした後、体形を考えながら、肉付けをしていきます。
筋肉があるキャラなら筋肉の凹凸を描き、太っているキャラなら太い体形にします。

「体のアタリ」が完成しました。
「骨のアタリ」はもう使わないので消しておきます。
(講座なので丁寧に描いていますが、いつもは、もっと雑にささっと描いています)

「体」を描き込む

「ポーズや体形などを、もう大きく変更する事はない」と思ったら、「肉付けのアタリ」を薄くした後、しっかりと描き込んでいきます。

描き込みが終わったら、「肉付けのアタリ」を消します。
描き込む時に、スピード重視で、雑に線を描いていた場合は、「クリンナップ(ペン入れ)」をします。
今回は、描き込みの段階で、丁寧に描いたので、クリンナップはしません。

おまけ(塗った状態)

今回は、「塗りの工程」は省略しますが、塗るとこんな感じになります。

「自分の好みの体」を研究しよう

●「好みの体」について
「好みの顔」と同じく、「体」にも好みがあります。

「背が高くて、適度に筋肉や脂肪があり、胸が大きい体」が好きな人や、「背が低く、細身で、胸が小さい体」が好きな人など、好みは人それぞれです。

愛楽は、「自分の好みの体」を研究して、練習する事をオススメしています。

●「自分の好みの体」の探し方
ネットなどで、「自分が好きな見た目のキャラクター」をいくつも探してみてください。

探し出したキャラクターたちには、様々な「共通点」があると思います。

頭身・身長・手足の長さ・体格・筋肉量・胸の大きさなど。

それが、「自分の好みの体」のヒントになりますので、その絵を研究しながら、練習をしていくと良いでしょう。

自分の描くキャラクターが好きになると、絵の練習が楽しくなりますよ。