「色の特性」について – イラスト講座(絵の描き方)

「無彩色」と「有彩色」

 

有彩色

「有彩色」とは、赤・黄色・緑・青・紫のように、「色味のある色」の事です。

イラスト講座(絵の描き方)

 

 

無彩色

「無彩色」とは、白・灰色・黒のように、「色味のない色」の事です。

イラスト講座(絵の描き方)

 

スポンサーリンク

 

「暖色」と「寒色」

 

暖色(だんしょく)

「暖色」とは、黄色・オレンジ・赤などのように、「温かさを感じる色」の事です。

また、暖色系の高彩度の色は、「興奮感を起こさせる色」です。

イラスト講座(絵の描き方)

 

 

寒色(かんしょく)

「寒色」とは、水色・青・紫のように、「寒さを感じる色」の事です。

また、寒色系の低彩度の色は、「沈静感を起こさせる色」です。

イラスト講座(絵の描き方)

 

 

「膨張色」と「収縮色」

 

膨張色

「膨張色」とは、暖色系の色や明るい色など、「本来の大きさより膨張して見える色」の事です。

また、膨張色は、前に出っ張って見えるため、「進出色」とも言います。

 

白や明るい黄色など、明度が高い服を着ていると、同じ位置に並んでいても前に出て見えたり、大きく(太く)見えたりします。

イラスト講座(絵の描き方)

 

 

収縮色

「収縮色」とは、寒色系の色や暗い色など、「本来の大きさより、収縮して見える色」の事です。

また、寒色は、後ろにへこんで見えるため、「後退色」とも言います。

 

黒や濃い青色など、明度が低い服を着ていると、同じ位置に並んでいても後ろに下がって見えたり、小さく(細く)見えたりします。

イラスト講座(絵の描き方)

 

 

「柔らかい色」と「硬い色」

 

柔らかい色

白や薄いピンクなど、 明度がとても高い色(白っぽい色)は、「柔らかく感じさせる色」です。

また、柔らかい色は、「軽く感じる色」でもあります。

イラスト講座(絵の描き方)

 

 

硬い色

黒や濃い青色など、明度がとても低い色(黒っぽい)は、「硬く感じさせる色」です。

また、硬い色は、「重く感じる色」でもあります。

イラスト講座(絵の描き方)