「混色」について – イラスト講座(絵の描き方)

タイトル画像

「混色」とは、色を混ぜ合わせて違う色を作る事です。

3つの色の割合を調節する事で、様々な色を作り出す事ができます。

その3つの色は、他の色を混ぜて作り出せない基本となる色で、「原色」と言います。

混色には、「加法混色」と「減法混色」があります。

加法混色(かほうこんしょく)

「加法混色」とは、「赤・緑・青の3つの光の色」を使って色を混ぜ合わせ、新しい色を作る事です。

デジタルで絵を描く場合は、「減法混色」だけでなく、「加法混色」の考え方も必要になります。

加法混色は、光を混ぜ合わせるため、色を混ぜるほど光の強さが上がっていき、明るい色になっていきます。

「赤いフィルムを被せた懐中電灯」と「青いフィルムを被せた懐中電灯」と「黄色いフィルムを被せた懐中電灯」があるとします。

部屋を暗くして懐中電灯をつけます。
青い懐中電灯の光の上に、黄色い懐中電灯の光を重ねると緑色の光になるのですが、
この時、2つの懐中電灯の光が合わさる事で明るさが2倍になります。

そこに赤の懐中電灯の光を重ねると、色は白色になり、明るさは3倍になってさらに明るくなります。

イラスト講座(絵の描き方)

減法混色(げんぽうこんしょく)

減法混色とは、「マゼンタ(赤紫)・イエロー黄色・シアン(緑みの青)の3つの着色料の色」を使って色を混ぜ合わせ、新しい色を作る事です。

アナログで絵を描く場合は、こちらの考え方が必要になります。

減法混色は、着色料を混ぜ合わせるため、色を混ぜるほど光の吸収率(反射しない率)が上がっていき、暗い色になっていきます。

学校の美術の授業などで絵の具を使って、青色と黄色を混ぜて緑色を作った覚えのある人は多いと思います。

さらに別の色をどんどん足して混ぜていくと、最終的には濁った暗い灰色になります。

イラスト講座(絵の描き方)