「ラフ」について – イラスト講座(絵の描き方)

タイトル画像

ラフとは、どんな絵を描こうかと、画面の上でアイデアを練っていく工程の事です。

頭の中に描いたイメージを元にして、直接本番の絵を描いていく事もできますが、ラフを描く事でアイデアを深めてさらに良くしたり、何パターンもアイデアを描いて、その中から一番良いアイデアに決定する事もできます。

また、頭の中に曖昧なイメージしかなくても、とりあえず何か描いてみる事でアイデアが浮かんだり、まとまってくる事もあります。

いきなり本番の絵で描き始めて、画面に入り切らなかったり、実際に描いてみるとおかしいという状況も防ぐ事ができます。

ラフを描かないという人もいますが、これから絵を描いてみようと思っている人は、ラフを描く習慣を付けておくと良いでしょう。

イラスト講座(絵の描き方)