スケッチで練習 – イラスト講座(絵の描き方)

スポンサーリンク

 

「スピードスケッチ」で練習

5分などの短時間で、実際に目の前にあるものや写真を見て、「素早く描く練習」をしてみましょう。

細部にこだわらず、おおまかに形を取る事を優先して描いてみてください。
最初から細かい部分を描こうとすると、時間が足りなくなってしまいます。

この練習をする事で、短時間で正確に形が取れるようになり、細部を先に描いてしまうクセを直す事ができます。

作品のための絵を描く時も、数分で形が取れるようになっていると、絵を描くスピードを上げる事ができます。

イラスト講座(絵の描き方)

 

 

「無制限スケッチ」で練習

短時間のスピードスケッチに慣れたら、制限時間をなくして、無理のない普通のスピードで形を取る練習をしてみましょう。

スピードスケッチと違って制限時間はありませんので、絵のバランスが狂っている事に気が付いたら、その都度修正していってください。

 

大まかな形を取っていって、「バランスの狂いはもうない」と思えるまでは、細部を描かないようにしてください。

細部を描いた後でバランスの狂いを見つけてしまった場合、細部を描いていた時間や苦労が無駄になってしまったり、描き混んだ状態から修正しようとするととても大変になってしまいます。

イラスト講座(絵の描き方)

 

 

「無制限スケッチ」で細部を描く練習

しっかりとバランスが取れて、もう大きく修正する事はないと思ったら、細部を描いていきます。

細部を描く時も大まかな所から描いていくようにして、徐々に細かくしていきます。

イラスト講座(絵の描き方)

 

 

どれくらい描けるようにしたら良いか

スケッチの練習でどれくらい描けるようにするかは、描けるようになりたい絵によります。

リアルなイラストを描けるようになりたいと思っている場合は、写真のようだと驚かれるくらい突き詰めて練習しても良いですし、ミニキャラなどのデフォルメされたイラストを描けるようになりたいと思ってる場合は、簡単に形を取れるくらいでも良いです。

スケッチは上手く描けるに越した事はないですが、「自分に必要な練習をどれくらいすれば良いのか」を考える事も大切です。

 

鉛筆で描いた猫(作:愛楽優人)

イラスト講座(絵の描き方)