アイデアが浮かんだ場合、その場ですぐにメモを取るクセをつけましょう。 後で書こうとすると、どういうアイデアだったのか忘れてしまったり、変化してしまったりしてしまいます。   一番良くないのは、アイデアを全て頭の中に貯めておき、書く時に思い出せばいいやと思っていると、紙やパソコンを用意したとたん何も浮かばなくなって書けないという事になります。   アイデアは日頃から形に残しておき、小説を書く時に見るようにしましょう。 メモ書きを見てその時の感覚を思い出す事で ...

「人間観察」の必要性 人間観察をする事で、多種多様な人物が書けるアイデアが蓄積されます。 人物のアイデアが少ないと、すでに出した人物と似た姿・似た性格の人物が出てきてしまったり、主人公やメインの人物は書けるが、それ以外の人物が思いつかないという事になってしまいます。 また、2人や、3人以上のグループなどの場合は、2人の関係性やグループの雰囲気、役割などを観察する事ができます。 いじられキャラや、頼られている人、話題を出して中心にいる人、積極的に引っ張っていく人、物静かで聞いて ...

小説の書き方を感覚として掴むための練習として、丸々書き写すという方法があります。 1マス開けたり、行や章を分けたり、数字や記号などの書き方など、実際に書いてみる事で実感し、基礎が身につきます。   1冊の本や一人の作家だけでなく、様々な本や作家を書き写してみましょう。 一人の作家の本だけで書き写す練習をしてしまうと、クセがある作家だった場合、その作家のクセがうつってしまう事があるためです。     関連する商品 楽天市場 Amazon ...

自分が書きたい方向性の小説を読む 自分が書きたい方向性の小説は、たくさん読んでおきましょう。 例えば、「冒険モノのライトノベル」を書きたいとします。 ですが、もしその人が「古典文学」しか読んだ事がなかったとすれば、書き上げた作品は「古典文学の形式で書かれた冒険モノ」になってしまいます。 知らなければ書きようがないので、書きたい方向性についてはよく知っておきましょう。 また、たくさん読む事で、どういう本が出版されているのか、どういう話が人気なのか、既に出版されている本と考えてい ...

「読者の気持ちの予測」について 小説を書く上で、「自分の作品に対して、読者がどう感じるのか」を予想する事はとても重要な事です。 自分が狙ったように読者は受け取ってくれるか、間違って伝わらないかを予想せずに書いてしまうと、当然の事ながら「自分の思っていない受け取り方をされてしまった」となり、作品の評価にも影響します。 小説を書く時は、「読者の気持ち」を予測して書きましょう。     「読後感」について 読後感とは、読者が小説を読んだ後に感じる気持ちの事です。 ...

物語の締めくくりは、作品の良し悪しを決める大事なポイントになります。 途中まで良くても、最後がおかしくなってしまうと「おもしろくない作品」という感想を持たれてしまいます。 物語の締めくくりは、細心の注意を払って書きましょう。   物語の締めくくりで気をつける事 未完で終わらせない 「俺たちの戦いはこれからも続く」のように、未完のまま終わらせてしまうと、全く評価ができない上、読者からすれば「今まで読んできた時間がもったいなかった」となり、必ず不評を買ってしまいます。 ...

ご都合主義とは、「作者の都合」で不自然な展開でストーリーが進んでしまう事を言います。 あまりに酷いと、読者は納得できない気持ちになり、シラけて読む事をやめてしまう事もあります。 書いていると自分は入り込んでしまっていて気付かない事がありますので、しばらく作品を置いてから読んで確認したり、身近な人に読んでもらって、ご都合主義になっていないか確認すると良いでしょう。   ご都合主義の例 「特別な理由もないのに、主人公が誰よりも強い」 「強いはずの相手がくだらないミスをし ...

「フラグ」は、様々な作品で使用されていて「テンプレート化した伏線」の事です。 伏線の場合は出てきても気付かなかったり、気にはなるけど最後になるまでどういう意味を持っているのかわからなかったりしますが、フラグの場合は何度も別作品で見ているため、予想ができてしまいます。 ですが、その「予測ができる」という事を使って効果を出すのがフラグです。   「フラグ」に関する言葉 「フラグを立てる」フラグを出す事。 「フラグを回収する」フラグの結果を出す事。 「フラグを折る」フラグ ...

伏線とは、「物語中に潜ませるキーワード」の事です。 人物の言動や物事などを物語の序盤や中盤に見せておき、物語の終盤にそのキーワードの意味がわかるという使い方をします。 伏線により、読者を驚かせたり、予想をさせたり、予想を裏切ったり、読み進める興味を引く事ができます。 伏線がうまく張られている作品は、高評価を得る事が多いです。   「伏線」に関する言葉 「伏線を張る・伏線を敷く」伏線を作る事。 「伏線を回収する」伏線の答えを出す事。     伏線の ...

ライトノベルは、人物同士の会話により物語が展開していくため、会話文はとても大切です。 会話文を使う事で、読者がテンポ良く読み進められたり、人物の魅力が増したり、情景や状況が伝わりやすくなります。   会話文で気をつける事   セリフを長くし過ぎない 1つのセリフが長文になってしまうと、読者がとても読みづらくなってしまうため、適度に区切り、間に人物描写を入れましょう。   間に地の文を入れる 複数の人物が会話している場合、長い間セリフだけでやり取り ...