「【イラスト・漫画】イラスト講座(絵の描き方)」 一覧

イラスト講座(絵の描き方)

光と影の付け方 - イラスト講座(絵の描き方)

トップ > イラスト・漫画 > 光と影を簡略化して考えてみましょう。 光の方向は、左上からだとします。     立方体 左:4色で塗った立方体。 右:色数を増やして境界をボカした立方体。     球 左:3色で塗った球。 右:色数を増やして境界をボカした球。    

イラスト講座(絵の描き方)

色の塗り方を簡略化して考える - イラスト講座(絵の描き方)

トップ > イラスト・漫画 > 最初から、細かく色を塗るのは大変困難です。 まずは、色を簡略化して簡単に塗ってみましょう。     簡略化した塗り方 目の前に青い箱がある想像してください。 光は、左上から当たっている事にします。   基本色 青い箱の基本となる色、基本色は「青色」なので、箱全体を青く塗ります。     陰面 光が当たっていない所は、 ...

イラスト講座(絵の描き方)

光の方向を考える - イラスト講座(絵の描き方)

トップ > イラスト・漫画 > 色を塗る場合、「光の方向を考える事」はとても大切です。 「光が当たる所」は明るくなり、「光の当たらない所」は暗くなります。   当たり前の事だと感じるかもしれませんが、 「光の方向」 「光が当たっている(明るくなっている)場所」 「光が当たらない(暗くなっている)場所」 が、正しく表現できていないとおかしく見える絵になってしまいます。  

イラスト講座(絵の描き方)

「色の特性」について - イラスト講座(絵の描き方)

トップ > イラスト・漫画 > 「無彩色」と「有彩色」   有彩色 「有彩色」とは、赤・黄色・緑・青・紫のように、「色味のある色」の事です。     無彩色 「無彩色」とは、白・灰色・黒のように、「色味のない色」の事です。  

イラスト講座(絵の描き方)

色の三属性 - イラスト講座(絵の描き方)

トップ > イラスト・漫画 > 色の三属性「色相(しきそう)・明度・彩度」は、色を考える上でとても大切です。     「色相」について 「色相」とは、赤・緑・青・黄など、「色味」の事です。   「色相環」について 「色相環」とは、有彩色を色味ごとに整理してわかりやすくしたものです。   「補色」について 「補色」とは、「黄に対して青紫」「赤に対して青緑」など ...

イラスト講座(絵の描き方)

「混色」について - イラスト講座(絵の描き方)

トップ > イラスト・漫画 > 「混色」とは、色を混ぜ合わせて違う色を作る事です。 3つの色の割合を調節する事で、様々な色を作り出す事ができます。 その3つの色は、他の色を混ぜて作り出せない基本となる色で、「原色」と言います。   混色には、「加法混色」と「減法混色」があります。  

no image

「見える事」について - イラスト講座(絵の描き方)

トップ > イラスト・漫画 > 「物が見える」原理 「物が見える」という事を、普段はあまり意識する事がありませんが、 色を理解するための基礎知識として、「物が見える原理」を知っておきましょう。   【目】 物を見るには、物を見るための「目」が必要です。 目の代わりに、「カメラ」という場合もあります。   【物(物質)】 「見る対象」がなければ、「そこに何もない」という状態になっ ...

イラスト講座(絵の描き方)

「クリンナップ」について - イラスト講座(絵の描き方)

トップ > イラスト・漫画 > 「クリンナップ」とは、ラフやアタリの線が残っていたり、下絵を描く時に描きやすさ重視であえて線を荒く描いた状態を、キレイな線で描き直す工程です。 「ペン入れ」とも言います。  

イラスト講座(絵の描き方)

「下絵」について - イラスト講座(絵の描き方)

トップ > イラスト・漫画 > 「ラフ」でアイデアを練って、「アタリ」で絵のバランスを整えたら、次は「下絵」を描いていきましょう。  

イラスト講座(絵の描き方)

「アタリ」について - イラスト講座(絵の描き方)

トップ > イラスト・漫画 > アタリとは、絵を描く時にバランスが崩れないようにするために、大まかに形や印を描く工程です。 人物を描く時に、丸や十字の線を描いているのを見た事がある人もいるかと思います。  

Translate

Copyright© 創作研究所(イラスト・小説・ゲーム 創作&公開) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.