「簡単に自分の絵を動かしてみたい!」という人に向けておりますので、難しい部分は抜きにしたシンプルな講座になっております。 詳しい解説は公式のマニュアルにありますので、さらに深く知りたいと思った方はそちらを参考にしてくださいね。 (これは、使い方を忘れてしまわないないように、自分のための覚え書きでもあります。)   「えもふり」とは 「えもふり」とは、「E-mote」の無料版で、イラストなどを簡単にアニメーションさせる事ができるソフトです。 ソフトが指定する「イラスト ...

愛楽優人のイラストの描き方(メイキング)をご紹介します。   今回、メイキングで使用するイラストはこれです。 (クリックすると画像が大きく表示されます)   それでは、はじめて行きましょう。   キャラクターデザイン 僕は本番を描き始める前に、イメージを膨らませるためにキャラクターのデザイン案やどんなキャラなのかをラクガキのようにメモったりします。 これをする事で、「絵を描こうと思っていたのに、真っ白い紙を前にするとなかなか描き始められない」とい ...

光と影を簡略化して考えてみましょう。 光の方向は、左上からだとします。   立方体 左:4色で塗った立方体。 右:色数を増やして境界をボカした立方体。     球 左:3色で塗った球。 右:色数を増やして境界をボカした球。     円錐 左:3色で塗った円錐。 右:色数を増やして境界をボカした円錐。  

最初から、細かく色を塗るのは大変困難です。 まずは、色を簡略化して簡単に塗ってみましょう。   簡略化した塗り方 目の前に青い箱がある想像してください。 光は、左上から当たっている事にします。   基本色 青い箱の基本となる色、基本色は「青色」なので、箱全体を青く塗ります。   陰面 光が当たっていない所は、暗くなります。 光が当たっていない所を、基本色より暗い色(紺色)に塗ります。 ひとつ色を足しただけですが、少し立体がでました。   ...

色を塗る場合、「光の方向を考える事」はとても大切です。 「光が当たる所」は明るくなり、「光の当たらない所」は暗くなります。   当たり前の事だと感じるかもしれませんが、 ● 光の方向。 ● 光が当たっている(明るくなっている)場所。 ● 光が当たらない(暗くなっている)場所。 が、正しく表現できていないとおかしく見える絵になってしまいます。   色を塗る時は、光の方向を意識して塗ってみましょう。  

「無彩色」と「有彩色」   有彩色 「有彩色」とは、赤・黄色・緑・青・紫のように、「色味のある色」の事です。     無彩色 「無彩色」とは、白・灰色・黒のように、「色味のない色」の事です。     「暖色」と「寒色」   暖色(だんしょく) 「暖色」とは、黄色・オレンジ・赤などのように、「温かさを感じる色」の事です。 また、暖色系の高彩度の色は、「興奮感を起こさせる色」です。     寒色(かん ...

  色の三属性「色相(しきそう)・明度・彩度」は、色を考える上でとても大切です。   「色相」について 「色相」とは、赤・緑・青・黄など、「色味」の事です。   「色相環」について 「色相環」とは、有彩色を色味ごとに整理してわかりやすくしたものです。   「補色」について 「補色」とは、「黄に対して青紫」「赤に対して青緑」など色相環の反対側に位置する色の事です。 補色同士は、お互い色の性質が反対になるため、配色を考える時に参考になります ...

「混色」とは、色を混ぜ合わせて違う色を作る事です。 3つの色の割合を調節する事で、様々な色を作り出す事ができます。 その3つの色は、他の色を混ぜて作り出せない基本となる色で、「原色」と言います。   混色には、「加法混色」と「減法混色」があります。   加法混色(かほうこんしょく) 「加法混色」とは、「赤・緑・青の3つの光の色」を使って色を混ぜ合わせ、新しい色を作る事です。 デジタルで絵を描く場合は、「減法混色」だけでなく、「加法混色」の考え方も必要になり ...

「物が見える」原理 「物が見える」という事を、普段はあまり意識する事がありませんが、 色を理解するための基礎知識として、「物が見える原理」を知っておきましょう。   【目】 物を見るには、物を見るための「目」が必要です。 目の代わりに、「カメラ」という場合もあります。   【物(物質)】 「見る対象」がなければ、「そこに何もない」という状態になってしまい、物を見るという事が成立しません。   【光】 「光」がなければ、「辺り一面真っ暗闇」になって ...

「クリンナップ」とは、ラフやアタリの線が残っていたり、下絵を描く時に描きやすさ重視であえて線を荒く描いた状態を、キレイな線で描き直す工程です。 「ペン入れ」とも言います。   クリンナップの善し悪しで、絵の仕上がりが変わってくるので丁寧に描いていきましょう。 線を描く時は、線を描きやすい方向に画面(紙)を動かすと描きやすくなります。 ペンの太さ、全体を均一の太さにするか、いろんな太さの線を使うかで、完成した絵の雰囲気は変わってきますので、自分の絵にあった太さを研究し ...