歌の練習方法 - 歌講座・カラオケ講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

身体作り

こちら「講座【身体作り】」をご覧ください。

 

声を良くする方法

こちら「講座【良い声にする練習】」をご覧ください。

 

歌の練習方法

ボーカルフライ(エッジボイス)

ボーカルフライとは、低音域で声帯をブブブと振動させて出す声です。

ボーカルフライは、「エッジボイス」とも呼ばれています。

 

ボーカルフライを出す事で、声帯を閉じるための筋肉が強化されたり、声帯を閉じたまま発声する感覚を覚える事ができます。

声帯を閉じる事によって、息漏れのない発声ができるようになり、力強い声が出せるようになったり、ワンフレーズを長く安定して歌えるようになります。

また、ミドルボイスを使うためにも必要な技術でもあります。

 

「ア~」と言いながら、だんだんと声を低くしていき、これ以上低くできないという所まで低くしていくと、声帯から「ブブブ」という振動音がしてきます。

 

ハミング

ハミングとは、口を閉じて「ん~」だけで音程をとって歌を歌う事です。
「鼻歌」とも言います。

歌う前は軽くハミングをして、ノドの筋肉のウォーミングアップをしましょう。

 

リップロール

口を軽く閉じ、唇を少し突き出した状態で、息を出し、唇をプルプルさせます。

リップロールがうまくできない場合は、唇などに力が入っている可能性があります。

 

リップロールには、正しい音程ができるようになったり、裏声がキレイに出るようになるなど、声帯のコントロールなどに効果があります。

 

タングトリル

タングトリルとは、上の歯の裏に下を当てた状態で息を吹く事で舌を振動させる事です。
「巻き舌」とも言います。

舌のリラックスに効果があります。

 

ロングトーン

ロングトーンとは、同じ高さの音を長く続ける事です。

ロングトーンを練習する事で、息が長く持つようになり、力強く、安定して声が出せるようになります。

 

「ア~」と声を出し、息がなくなって声がでなくなるまで続けます。

弱い声からだんだん強くしたり、強い声からだんだん弱くしたり、低い声から高い声にしたり、高い声から低い声にしたり、ビブラートをかけたりしてみましょう。

 

ビブラート

ビブラートとは、声を伸ばす時に、音の高さを上下に揺らす事です。

普通に伸ばすよりも、ビブラートをかける方が余韻が感じられるようになります。

 

ビブラートは、「ドギーブレス」で練習できます。

ドギーブレスとは犬の呼吸の事で、「ハッハッハ・・・」と犬のような呼吸をする事で横隔膜が動きます。

その状態で、「アー」と声を出すと声が揺れ、ビブラートがかかります。

 

ビブラートがうまく聞こえるコツは、「途中で声が途切れない事」「触れる幅(深さ)が一定」「揺れる速さ(間隔)が一定」です。

また、なんでもかんでもビブラートをかけすぎるとクドくなってしまうので、かけるポイントを考える必要があります。

スポンサーリンク

歌に感情を乗せる

「声量・音程・ビブラートなどの歌唱テクニック」があっても、歌に感情が乗っていないと「淡々としている」という印象になってしまします。

明るい歌は明るく歌い、悲しい歌の場合は悲しく歌います。
明るい歌を、ボソボソ歌ってしまっては楽しさは伝わりません。

歌手の歌い方をじっくりと聞いたり、歌詞の内容をよく理解してから歌ってみましょう。

 

こちらも「講座【演技の練習・知識】」ご覧ください。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

関連する動画

ボーカルフライ(エッジボイス)

 

ハミング

 

リップロール

 

タングトリル

 

ロングトーン

 

ビブラート

 

-声優講座【歌の練習】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.