声区(チェストボイス・ミドルボイス・ヘッドボイス・ホイッスルボイス)について - 歌講座・カラオケ講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

音区について

声区とは

「音の高さの範囲」ごとに、それぞれ違う発声方法で声を出すのですが、声区とは「発声方法によって分けた発声の区分」の事です。

低い音から、チェストボイス・ミドルボイス・ヘッドボイス・スーパーヘッドボイス(ホイッスルボイス)と高くなっていきます。

 

チェストボイスとは

チェストボイスとは、「地声」の事です。

普通にしゃべっている時の声が地声になります。
チェストボイスは、胸(チェスト)で共鳴させて音を響かせます。

ほとんどの人が練習をする事なく使える声ですが、息が漏れてしまって弱々しい声の人や、高い声でしかしゃべれない人の場合は、チェストボイスができない事もあります。

 

ミドルボイスとは

ミドルボイスとは、「裏声」の一番低い音域の事です。

ほとんどの人ができますが、ノドが閉まって苦しそうな声になったり、息が漏れすぎてか細くなってしまう人もいます。

訓練をする事で、力強さのある高音を出せるようになります。

ほとんどの歌は、「低い所をチェストボイス」「高い所をミドルボイス」で歌っています。

 

ヘッドボイスとは

ヘッドボイスとは、「裏声」の高い音域の事です。

男性が女性の歌を歌おうとする場合は、この音域を使う事で楽に歌えるようになります。

マイケルジャクソンの「フォー!」は、ヘッドボイスです。

 

スーパーヘッドボイス(ホイッスルボイス)とは

スーパーヘッドボイスとは、もっとも高い音域になります。
まるでホイッスルのような高さになるため、「ホイッスルボイス」とも呼ばれています。

 

プロでもスーパーヘッドボイスを使える人はあまり多くなく、難易度の高い音区になります。

また、男性でこの声区を出せるようになる人は非常にまれです。

男性の場合は「ラルク・アン・シエルのHYDE」で、女性の場合は「MISIA」などが得意としています。

スポンサーリンク

声に関する用語について

喚声点とは

「地声」が「裏声」に変わる境目の事を言います。

 

ブレイクとは

チェストボイスから裏声に移る際に、急激に声質がかわり「声が裏返ってしまう」という状態の事を言います。

 

ファルセットとは

「裏声=ファルセット」とされる事が多いですが違います。
「ファルセットは、裏声の一種」ですが、「裏声は、ファルセット」ではないためです。

ファルセットは、息漏れを多くした裏声で、優しい印象の高い声になります。

 

裏声には、ミドルボイス・ヘッドボイスなどがあり、力強くささるような高い声もあります。

 

ミックスボイスとは

「低域から高域(チェストボイス・ミドルボイス・ヘッドボイス)」を切り替えた地点がわからないように、滑らかに移行する技術です。

「ドレミファ~」とだんだんと高さを上げていく際、地声ではこれ以上ムリな音程になると裏声を使うと思いますが、この時に地声から裏声に変わって声質が変化するため、ハッキリと裏声を使ったとわかると思います。

ミックスボイスの場合は、地声と裏声がハッキリと変わらないため、キレイに地声から裏声に移る事ができるようになります。

ミックスボイスの特徴として、高音域になっても「地声」のような力強さと安定感があります。

 

ミックスボイスは、「ミドルボイス」と混同して使われている事がありますが、「ミドルボイスは音区の名前」で、「ミックスボイスは地声と裏声の境をハッキリさせない技術」の事です。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

関連する動画

チェストボイス

 

ミドルボイス

 

ヘッドボイス

 

ホイッスルボイス

 

ミックスボイス

 

-声優講座【歌の練習】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.