音痴の治し方 - 歌講座・カラオケ講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

「音痴」について

音痴には、「無自覚音程音痴」「音域型音痴」「リズム型音痴」の3つのタイプがあります。

 

「無自覚音程音痴」について

「耳から聞いている音」と「自分が発してる音」の音程の違いがわからないために起こります。

周りからは音痴といわれても、本人に全く自覚症状がないタイプはこの音痴タイプです。

 

「無自覚音程音痴」の治し方

ボイスレコーダーで歌を録音して客観的に聴く。

歌っていると「耳から聞こえる声」の他に、「頭の中を伝って聞こえる声」があるため、なかなか自分の発してる音がわからないという事があります。

ボイスレコーダーを使って、「耳から聞こえる声(他の人が聞いている声)」だけを聞けるようにしてみましょう。

 

もし、音がズレているのかわからない場合は、「録音した音」を「CDのプロの歌手の歌」と同時に流してみると良いでしょう。

音がズレている場所は、音がうねるように聞こえます。
音が合っている場所は、重なっているためうねりはなくなります。

スポンサーリンク

「音域型の音痴」について

正しい音はわかっているけど、「その音域が出せない」という場合は、この音痴タイプです。

正しい音がわかっているため、後はその音域が出せれば解決します。

 

「音域型の音痴」の治し方

ボイストレーニングで、音域を広げる訓練をする。

 

もし、どんなに訓練しても音程が合わない場合は、その歌の音域が高すぎる(低すぎる)可能性があります。

ボーカロイドのために作られた歌や、加工されてる声の歌、一般の人ではなかなか出せない音域を使った歌など、最初から無茶な歌や、現段階の実力で歌うにはムリがある歌もあります。

一緒にカラオケに行く人が歌えるかどうかや、一般的に考えて高すぎるかどうかを聞いて見ると良いでしょう。

好きな歌やジャンルは何度も聴いているため、「一般的な高さ」がわからなくなってしまう事もあります。

「絶対にその歌を歌えるようにしたいんだ!」という場合はがんばるしかありませんが、「音痴で困っている」場合は、一般の人でも歌える歌を探してみると良いでしょう。

 

「リズム型の音痴」について

正しい音がわかり、その音も出せているけど、「音を出すタイミングがズレている」場合は、このタイプです。

「ドレミ」と音を取る所で、ワンテンポ遅れて「レミ」の部分に「ドレ」の音が入っている状態になるため、音痴に聞こえます。

 

「リズム型の音痴」の治し方

覚えたい歌を聞きながら、マイクを持たない方の手を上下に振って、体にリズムを覚えさせる。

体でリズムを覚えたら、歌を歌う場合も、上下に手を振って歌ってみましょう。

カラオケで音程が見える採点システムで、目で見て音程のタイミングを確認するのも良いでしょう。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

関連する動画

 

-声優講座【歌の練習】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.