「肺活量」について - 声優講座・演技講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

肺活量とは、一度に吸い込める空気の量の事です。

肺活量が多いと、長いセリフを一呼吸で言えたり、ブレス箇所が少ない歌でも苦しくならずに歌えるようになります。

息切れしないためにも、日頃から肺活量を鍛えておきましょう。

スポンサーリンク

肺活量の鍛え方

ペットボトル法

空の500mlのペットボトルを口にくわえ、ペットボトルが潰れるほど口から思いっきり吸い込みます。

息を吸いきったら、口から息をペットボトルに入れて、潰れたペットボトルを元の形に戻します。

これを繰り返す事で肺活量を鍛える事ができます。

最初はペコペコするやわらかめのペットボトルを使い、慣れてきたら硬めのペットボトルを使うと良いでしょう。

 

息止め法

鼻から大きく息を吸い、もうこれ以上息を吸えないというくらいまで吸います。

息を吸いきったら、その状態で数秒息を止めます。

口から息を吐き出します。

 

慣れてきたら、息をゆっくり吸ったり、早く吸ったり、短く止めたり長く止めたり、ゆっくり吐いたり、早く吐いたりしてみましょう。

 

有酸素運動

早めのウォーキングやランニング、縄跳び、自転車、水泳、踏み台昇降運動など、有酸素運動をする事で、肺に入った空気を体が効率よく使えるようになります。

体力アップにもなりますので、有酸素運動はしておきましょう。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

-声優講座【良い声にする練習】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.