「腹式呼吸」について - 声優講座・演技講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

腹式呼吸とは、胸部をあまり動かさずに腹部を使って、たくさんの空気を吸い込み、安定した声を出す事ができる呼吸法です。

胸式呼吸をしてしまうと、肋骨が広がり、肩やノドのあたりに力が入ってしまうため、良い声がでなくなります。

演技や歌を習うと必ず腹式呼吸の訓練があり、基本として全員が身につける事になります。

 

演技や歌を習ったりしていない人の場合は、
女性は「胸式呼吸」で、男性は「腹式呼吸」をしている人が多いと言われています。

スポンサーリンク

腹式呼吸の訓練方法

床に寝転びます。

おなかの上に、雑誌や少し重いものを乗せます。

鼻から息を吸っておなかを膨らませ、口から息を吐く時におなかをへこませます。

感覚を掴むまで、これを何度も繰り返してください。

感覚を掴んだら、立った状態でできるようにしてみましょう。

 

腹式呼吸は、演技や歌う時だけするのではなく、普段の生活でも自然と腹式呼吸になっているようにしましょう。

慣れると意識をせずとも、腹式呼吸ができるようになります。

 

腹式呼吸の効果を実感してみてください。

一番簡単に実感できる方法は、「あーーーーー!」と息が続く限り声を出す事です。

試しに胸式呼吸で「あー!」と言ってみてください。
その後、腹式呼吸にして「あー!」と言ってみてください。

胸式呼吸より腹式呼吸の方が長く、楽に声が続くと思います。

腹式呼吸の訓練をすればするほど、どんどん声が長く続くようになります。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

関連する動画

 

-声優講座【良い声にする練習】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.