「五十音の歌 北原白秋(アメンボ)」について - 声優講座・演技講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

声優養成所や演劇部では定番の「五十音の歌」です。

発声・滑舌の練習になります。

 

スポンサーリンク

 

「五十音の歌」北原白秋(アメンボ)

「五十音の歌」 北原白秋(アメンボ)

アメンボ赤いな アイウエオ
(あめんぼあかいなあいうえお)

浮藻に小エビもおよいでる
(うきもにこえびもおよいでる)

柿の木 栗の木 カキクケコ
(かきのきくりのきかきくけこ)

キツツキ こつこつ 枯れけやき
(きつつきこつこつかれけやき)

大角豆に酢をかけ サシスセソ
(ささげにすをかけさしすせそ)

その魚 浅瀬で刺しました
(そのうおあさせでさしました)

立ちましょ らっぱで タチツテト
(たちましょらっぱでたちつてと)

トテトテタッタと 飛び立った
(とてとてたったととびたった)

ナメクジ のろのろ ナニヌネノ
(なめくじのろのろなにぬねの)

納戸にぬめって なにねばる
(なんどにぬめってなにねばる)

鳩ぽっぽ ほろほろ ハヒフヘホ
(はとぽっぽほろほろはひふへほ)

日向のお部屋にゃ 笛を吹く
(ひなたのおへやにゃふえをふく)

蝸牛 螺旋巻 マミムメモ
(まいまいねじまきまみむめも)

梅の実落ちても 見もしまい
(うめのみおちてもみもしまい)

焼栗 ゆで栗 ヤイユエヨ
(やきぐりゆでぐりやいゆえよ)

山田に灯のつく 宵の家
(やまだにひのつくよいのいえ)

雷鳥は寒かろ ラリルレロ
(らいちょうさむかろらりるれろ)

蓮花が咲いたら 瑠璃の鳥
(れんげがさいたらるりのとり)

わい、わい、わっしょい ワイウエヲ
(わいわいわっしょいわゐうえを)

植木屋 井戸換へ お祭だ
(うえきやいどがえおまつりだ)

 

関連する動画

 

-声優講座【良い声にする練習】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.