顔のストレッチ・表情筋を鍛える - 声優講座・演技講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

表情筋も筋肉ですので、動かす事で鍛える事ができます。

筋肉があまりついていないと、長く笑顔をキープできなかったり、表情が乏しくなってしまうので、しっかり鍛えておきましょう。

また、声が良くなったり、笑顔がキレイになったり、実年齢より若く見える効果があります。

スポンサーリンク

表情筋の鍛え方

顔全体の鍛え方

顔全体のパーツを、きゅーっと中心に集めるイメージで力を入れた後、今度は逆にぱーっと広げるイメージで動かします。
ゆっくりやります。

 

目元の鍛え方

思いっきり目を見開いてマユも上げて、思いっきり目を閉じます。
ゆっくりやります。

 

片目ずつ、思いっきり目を見開いて、思いっきり目を閉じます。
ゆっくりやります。

 

頬の鍛え方

左の口角を横に引いて、5秒ほどキープした後、戻します。
反対側もやります。
ゆっくりやります。

 

口を「あ」と「お」の形に交互にします。
ゆっくりやります。

 

口元の鍛え方

口をタコのように突き出した後、戻します。
ゆっくりやります。

 

左右の口角を両側に引っ張ります。
ゆっくりやります。

 

左右の口角を両側に引っ張った後、上に引き上げて笑顔の口にします。
ゆっくりやります。

 

口を「う」と「い」の形に交互にします。
ゆっくりやります。

 

口を「ま」「い」「う」の形に動かします。
ゆっくりやります。

 

口を「あ・い・う・え・お」の形に動かします。
1つ1つ、5秒ほどキープします。

 

表情の練習

鏡を見ながら、喜怒哀楽の顔や驚いた顔、変顔、いろんな表情をしてみてください。

顔の筋肉を動かした時に、「今の自分の顔はどうなっているのか」をわかっている必要があります。

狙った表情になるように、何度も練習してみてください。

 

ちゃんとできるようになったと思ったら、狙った表情になっているか、他の人に確認してもらうと良いでしょう。

 

特に「笑顔」は大事ですので、時間をたくさん使って練習しておきましょう。

笑顔は表情の中で一番表情筋を使うと言われていますので、うまくできない場合は、表情筋のトレーニングをしてみてください。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

関連する動画

 

-声優講座【身体作り】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.