愛楽ゆに の 創作研究所

「イラスト・小説・ミニゲーム」「イラスト講座・小説講座・声優講座」「趣味・情報」などを公開中!

「声優講座【演技の練習・知識】」 一覧

【声優・演技】「芝居のジャンル」について

「芝居のジャンル」について - 声優講座・演技講座

音楽と同じで、芝居にもジャンルがあります。 アニメで考えるとわかりやすいかもしれません。 シリアス系のアニメの場合は、落ち着いたトーンが多く、オーバーアクションをせずに低い調子で淡々と話しをしたりしますが、ギャグアニメの場合はテンションがとても高く、高い声が多かったり、感情がめまぐるしくコロコロと変 ...

【声優・演技】「声を変える必要性」と「声の変え方」

「声を変える必要性」と「声の変え方」 - 声優講座・演技講座

声を変える必要性 舞台役者と違い、声優の場合は「本人の見た目」を越えたキャラを割り当てられる事もあります。 サザエさんやちびまる子ちゃんなど、大ベテランの声優が子供役をしていたり、プリキュアのようにぬいぐるみのような妖精役をする事もあります。 犬や猫など、動物の声も声優がやる事があるので、いろんな声 ...

【声優・演技】「アドリブ」と「即興」

「アドリブ」と「即興」 - 声優講座・演技講座

アドリブ アドリブとは、「ストーリーの中」で台本に書かれていない事をするもので、本筋のストーリーや役を崩さないように、独自性のある演技をする事です。 演劇では、毎回同じだとお客さんに飽きられたり、役者自身マンネリ化してしまうため、わざとアドリブを入れる箇所を作っていたりします。 また、ベテランの役者 ...

【声優・演技】「様々な状況」で演技は変化する

「様々な状況」で演技は変化する - 声優講座・演技講座

演技は、自分の置かれてる状況や相手との関係性、距離など、様々な状況により変化します。 演技になれていない内は、セリフを読む事で精一杯になり、どの人物を演じても同じようになってしまいがちです。 以下の情報を頭に入れて、演技の深みや多様性を身につけましょう。

【声優・演技】「感情解放」と「言葉を使わずに表現」

「感情解放」と「言葉を使わずに表現」 - 声優講座・演技講座

感情解放 感情解放とは、普段の生活では「迷惑になる」「恥ずかしい」などの理由で、「しないように制限している事」をできるようにする事です。   試しに、ものすごく嬉しくなるような事をイメージして喜んでみてください。 感情解放ができていないと、家族や友達から「大丈夫か?」と変な心配をされたくな ...

【声優・演技】「リラックス」について

「リラックス」について - 声優講座・演技講座

リラックス 緊張していると、身体やノドに力が入って硬くなってしまい、のびのびとした演技ができなかったり、通る声がでなくなってしまいます。 また、セリフをド忘れしてしまったり、焦ってしまったりする事もあります。 演技をする時は、自分を自由自在にコントロールできるように、リラックスできるようにしておきま ...

【声優・演技】「想像力」と「役作り」

「想像力」と「役作り」 - 声優講座・演技講座

人間観察 人間観察とは、街などの人がいる場所で、いろんな人の感情やしぐさ、生活などの様々な情報を得るために行います。 性別、年齢、職業、性格、雰囲気、しぐさなど、千差万別な様々な情報をたくさん頭に入れて引き出しに入れておくほど、幅広い演技をする事ができるようになります。   歩き方一つにと ...

【声優・演技】「有声音・無声音(無声化)」について

「有声音・無声音(無声化)」について - 声優講座・演技講座

有声音と無声音 「有声音(ゆうせいおん)」とは、声帯を震わせて発音する音の事です。 「無声音(むせいおん)」とは、声帯を震わせないで発音する音の事です。

【声優・演技】「鼻濁音」について

「鼻濁音」について - 声優講座・演技講座

「鼻濁音」とは、「が・ぎ・ぐ・げ・ご」の濁音をそのまま発声すると音が強くなり過ぎてしまってキレイに聞こえなくなってしまう言葉を、鼻に抜けるように優しく発音する事で「がぎぐげご」の響きをやわらかくしてキレイに聞こえるようにします。 鼻にかかったような声(鼻声)のようになります。 (強く主張させずに、文 ...

【声優・演技】「セリフ・文章」を読むための技術

「セリフ・文章」を読むための技術 - 声優講座・演技講座

抑揚 抑揚とは、「声の大きさ・話す速度・音の高低」などをコントロールする事で、内容をわかりやすくしたり、大事な部分を協調したり、感情を表現したりできます。 抑揚がないと最初から最後まで同じ調子になってしまい、淡々とした読み方になってしまいます。 「抑揚がない読み方」のわかりやすい例は、「学校の国語の ...

Translate