様々な本を読む・様々な事を学ぶ - 小説の書き方講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

自分が書きたい方向性の小説を読む

自分が書きたい方向性の小説は、たくさん読んでおきましょう。

例えば、「冒険モノのライトノベル」を書きたいとします。
ですが、もしその人が「古典文学」しか読んだ事がなかったとすれば、書き上げた作品は「古典文学の形式で書かれた冒険モノ」になってしまいます。

知らなければ書きようがないので、書きたい方向性についてはよく知っておきましょう。

また、たくさん読む事で、どういう本が出版されているのか、どういう話が人気なのか、既に出版されている本と考えていたアイデアが同じでないかなどを知っておく事ができます。

スポンサーリンク

様々なジャンルの小説を読む

普段は読まないジャンル、好きではないジャンルの小説も読んでみましょう。

新しいアイデアや考え方が身についたり、書けるジャンルの幅が広がったり、「ありきたり」から脱出するきっかけにもなります。

何度書いても同じような恋愛作品になってしまって悩んだ時に、「恋愛×冒険」や「恋愛×推理」など、ジャンルを掛け合わせる事で新しい要素が入り、同じような作品にならないための特徴になります。

 

小説以外のものを読む

絵本・漫画・専門誌・情報誌・雑学本・新聞など、小説以外も読んでみましょう。

小説だけでは得られない知識や情報を得る事ができます。

小説以外のものと小説を掛け合わせる事で、他作品とは違うものを書くためのアイデアにもなります。

 

また、小説の中で絵本を読むシーンが出てきたり、新聞の記事(殺人事件や大きな事故など)の一文が出てくる事もあります。

「絵本なのに絵本っぽくない」「新聞なのに新聞っぽくない」となってしまうと違和感を与えてしまいます。

 

様々なテレビ番組(ドラマ・映画・ニュース・情報番組)を見る

テレビには、本では得られない情報を得られたり、本では気付かなかった部分を気付かされる事があります。

 

小説の勉強になるもの

人と人のやり取り。

動物などの泣き声や動き。

車や自転車、機械などの動き。

何気ない日常の描写。

お笑いが取れる言い回しや動き。

いろんな人の生活。

多種多様な国籍・年齢・性別・職業の人が見られる。

本ではなかなか入ってこない情報が取り上げられる。

 

テレビにはあるが、本では省略されているもの

本の場合は「書かれていない=ないもの」となってしまい、気付かない事も、実写を見る事で様々な情報を得る事ができます。

 

主要人物以外の人が何をやっているのか。
(主人公が買い物してるシーンの店員や他のお客の動きなど。)

周囲の音。
(車の音や人の声、物音など。)

売店などのおいしそうな香り。
(グルメレポーターなどは、香りにも気付いてコメントをします。)

建物内にある家具や小物。
(何気ない家具なども、雰囲気を出すのに役立っています。)

誰かがしゃべっている時の、他の人の表情やしぐさ。
(本だと書かれていない事もありますが、聞く人もさまざまなリアクションをしています。)

 

小説を書くために必要な知識は、専門家のようにとことん詳しくなる

科学モノなら科学について、軍隊モノなら軍隊について、しっかりと調べて専門家のように詳しくなっておきましょう。

詳しくなる事でアイデアが生まれ、他の人が簡単に書けない内容にする事ができます。

また、少しかじっただけの知識で書いてしまうと、間違っていたり、おかしく感じる内容になってしまったりします。

その道の専門家から見ておかしくならないレベルは難しいですが、多くの一般の人が見ても違和感を感じないくらいの知識は最低限必要です。

 


サブマシンガンを手にして、「狙い撃つ!」というセリフを言わせてしまう。など。

 

実際に見に行ってみる。取材をする。

本や映像では限界があるようなものを、実際に見に行ったり、使ったりしてみる事で、リアリティーが生まれたり、アイデアが生まれます。

つり橋を渡った事がない人が、つり橋を渡るシーンを書いた場合、つり橋から地面までの高さや揺れだけを表現したとします。

実際につり橋を渡った人がつり橋を渡るシーンを書いた場合、高さや揺れの他に、ワイヤーのきしむ音や、足元の板が微妙にへこむ感触、他の人が橋に乗ってきたらその振動が手や足に伝わってきます。

アクティビティも実際にやってみたら違って感じたり、一緒に行った人と感想が違っていたり、たくさんの情報を得る事ができます。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

-小説講座【やっておくと良い事】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.