「人物の表現(人物描写)」について - 小説の書き方講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

人物が登場した際、その人物の容姿が読者にわかるように、文章で表現する必要があります。

 

容姿を直接的に表現する方法

「黒くて長く切りそろえられた髪に、透き通るような白い肌」などのように女の子のパーツを直接表現し、どういう容姿をしているのかを読者に伝えていきます。

注意が必要なのは、多く盛り込みすぎないという事です。

「髪はこうで、肌はこうで、目はこうで、マユはこうで、口はこうで、体形はこうで・・・・・・」と、つらつらと長く書いてしまうと、読者はくどく感じてしまいます。

文章から読者がイメージしやすい部分を的確に選んで、くどくならないように表現しましょう。

スポンサーリンク

容姿を抽象的に表現する方法

重要人物の場合は、作者の思い描くしっかりとしたイメージを読者に伝える必要がありますが、重要ではない人物は読者が勝手にイメージしても問題がないため、抽象的な表現のみにして読者にゆだねます。

店員が一人の場合は「店員」だけで良いですが、複数の店員がいて、区別する必要がある場合は、「メガネの無愛想な店員」「背の高い爽やかな店員」などと抽象的に表現します。

ちなみに、重要でない人物も細かく表現してしまうと、読者が読み疲れてしまいます。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

-小説講座【ストーリーの考え方】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.